「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんかく

 同棲中の恋人の部屋にその妹が夏休みを利用して転がり込んできて云々という、アラサー・カップルと中3娘が織り成す奇妙な三角関係を描いたラブストーリー。普通ならスルー確実な作品なんですが、「映画秘宝」方面で妙に評判が良いことが気になってチェック。なるほど、全然想像と違う、いかにも「秘宝」好みのブラックで怖ーい三者三様ダメ人間の悲喜劇でありました。まさに脚本と演出の勝利な作品。

 前半はオーソドックスに思春期の無防備な少女がカップルを無自覚にかき回す展開で、それにかこつけてアイドルの成長途上の胸元とか太腿とかをフレッシュかつエロく撮る事を目的にしてる感じでした。妹役を演じた小野恵令奈はAKB48の娘だそうで、友情出演の大島優子すら登場シーンに無反応な当方としては当然の如く名前も顔も知らなかったわけですが、舌足らずな喋りと謎の行動で悪意無く男を惑わせる気紛れな子供を見事に演じてたと思います。まあ、たぶん当て書きなんでしょうが。

 しかし、そんな彼女は意外にも途中退場。終盤にちょこっと再登場するものの物語を引っ張るのは同棲の二人となり、ここから本作の痛い人間模様が更にヒートアップし話は俄然面白くなっていきます。とにかく田畑智子がヤバすぎで、並のJホラーなんかよりずっと怖いです。こういう依存型の女ってリアルにいそうなわけですが、ウザくなりがちな役をギリギリ可愛いラインに踏みとどめてしまう演出力&演技力に感嘆。そして、15の小悪魔に惚れたばかりに悲惨なることになる三十路男・高岡蒼甫のはまりっぷりも半端ないです。先輩風を吹かせるも実は人望無くビッグマウスでナルシストで愚かな元ヤンキーという痛い存在で、しかしどこか憎めなくて母性をくすぐる感じが実に良いのです。
 曖昧なラストの三人の気まずい表情も素晴らしかったです。

さんかく 特別版(2枚組) [DVD]さんかく 特別版(2枚組) [DVD]
(2010/11/03)
高岡 蒼甫、小野 恵令奈 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ヒーローショー

 2006年に起きた東大阪リンチ殺人事件をモチーフにした青春バイオレンス。「キネマ旬報」と「映画秘宝」の年間ベストテン双方で8位入着してる話題作です。両誌のベクトルがかなり異なる事を考えるととっても凄そうと思ったのですが、これはちょっと期待し過ぎでした。いや、鬱系でアンチ・ハッピーエンドなオイラ好みの映画には違いないのですが。

 とにかく、中盤までは不毛な暴力を怒濤の如く描いていて最高に盛り上がるのですが、埋めてしまった後は二人の主人公のプチ・ロード・ムービーがダラダラと続き結構かったるいのでした。恐喝兄弟や重機オヤジから更なる暴力の連鎖という思惑を肩すかしされた事もあり、後半は無駄に長く感じたし展開も弱くオチもぬるいと思いました。「昔のひとーがー♪  いうことみたいだーとー♪」な説教をかましつつも夢破れゆく今どきの若僧へのエールを込めてる点は好印象なのですが、やっぱり物語は『ミスティックリバー』風に陰惨で絶望的であるべきだったと。

 井筒和幸監督というのは『ガキ帝国』の紳助・竜介とか『岸和田少年愚連隊』のナインティナインとかお世辞にも演技が上手いとは言えないお笑いコンビを起用して成功を収める驚異の演出力の持ち主で、今回もジャルジャルの二人をはじめ無名の吉本芸人や若手俳優をごっそり揃えてるんですが学芸会みたいには決してなりません。特にジャルジャル・福徳秀介のダメ人間ぶりは完璧レベル。ごく自然に悪気もなく次々と嘘をつくのがまた良いのです。相方・後藤淳平も暴力を振るう側の怯えを丁寧に表現してました。他では事件の発端となり事態を悪化させていくチャラ男くんが印象的。けど、寝取った女をナース姿にしてスパンキングってまだ若いのに随分とマニアックですな。これだからポルノ出身監督は・・・。

ヒーローショー [DVD]ヒーローショー [DVD]
(2010/11/26)
後藤淳平(ジャルジャル)、福徳秀介(ジャルジャル) 他

商品詳細を見る

オーケストラ!

 ブレジネフ体制の旧ソ連で弾圧により楽団を追われた天才指揮者が、30年間の沈黙を破りかつてのメンバーを集めて偽楽団を結成しパリへと向かうコメディ。てっきりロシア映画だと思ってたらフランス映画でした。両国の民族ネタや国家ネタをさして理解出来ないというハンデはありましたが、ベタなギャグも十二分にあるし笑いの品も良く、色々と中途半端で煮込み不足の構成なのに見せ方の巧さで拍手喝采に持ち込んでしまう力業に感心。特にヒロインの出生の秘密から後日譚迄詰め込んだ12分間に及ぶチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲演奏で感動的にフィナーレというのが素晴らしかったです。

 前半はメンバー集めのドタバタがに費やされてるわけですが、そこで多彩な登場人物それぞれを魅力的に描いた割りにサブ・ストーリーが群像劇として綺麗に収束しないのはガッカリ。偽造パスポートや楽器調達問題や団員失踪などの障害もあっさりクリアしすぎるし、嘘がバレるスリルも殆ど無いなど全体に脚本は甘いです。でも実在するパリ・シャトレ劇場やボリショイ交響楽団に間抜けな役回りを振ってみたり、チェルシーのオーナーである石油王やロシア国家をコケにするような政治の話もあったり尖った部分も多いです。
 特筆すべきはソリスト役を務めたメラニー・ロランの美貌。『イングロリアス・バスターズ』での映画館オーナー役に引き続き今回も受難のユダヤ系フランス人を熱演。流麗な弓さばきに自然と目が行く首筋や胸のホクロ、バイオリンと一体になって感情を吐き出し究極のハーモニーへと誘っていく姿には震えが来ました。後半のフランス編しか出演してないにも拘わらず物凄く輝いております。

 ところで、普遍的なロシア人気質というのがよくわからず、況んやフランス人視点となれば更に厳しいのですが、どうやら、「出たくねぇ」事件の歌手『t.A.T.u』を思い出せばいいようですね。即ち、大雑把で時間にルーズでプライドが高く約束を守らないし謝らないエトセトラ。しかし、宇宙飛行士・野口聡一さんの本などで効率・マニュアル重視のアメリカ流とは別の経験則アプローチでビッグ・プロジェクトを成し遂げる姿も伝え聞いており、いざという時に結束し型破りな力を発揮するのは映画の中の話だけじゃ無いのかもしれません。少なくともロケット打ち上げは天候も気にしなければカウントダウンもせずいきなり発進な国だけど、それで高い成功率を誇ってるわけですし。

オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/11/04)
アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン 他

商品詳細を見る

グリーン・ゾーン

 イラク占領下、大量破壊兵器の真実に迫っていく一人の米兵の姿を描くアクション・サスペンス。ポール・グリーングラス監督は『ユナイテッド93』に引き続き窮屈な題材に取り組んでて頭が下がります。陸軍の現場指揮官が主人公という陰謀モノとしては不自然すぎる設定が引っかかるものの、誰もが知ってる「真実」でスリラーをやるのは厳しいし、幅広い層にアピールするにはドンパチが欲しいというのも理解出来ます。ストーリーの畳み方が普通すぎるものの虚実織り交ぜて米国の欺瞞を追求する姿勢は良し。軍事アクションとしてもなかなかです。ただ、『ボーン』シリーズにしてもこれにしてもアクションが目まぐるしくカメラが揺れすぎるのが困ります。

 国防長官が「どこにあるか知っている。ティクリットかバグダッド、東西南北のどこかだ」と宣って「いや、知らねーだろ、それ」と世界がツッコミ入れてた頃に、大量破壊兵器の武装解除を目指しあやふやな情報の元に命懸けで奔走する地上部隊。現在ではわかりきってる戦争の大義の真実を敢えてネタにして訴えかけるのは、中盤の主人公の科白「こんなアメリカを誰が信用するんだ」って事で、国家の無能や隠蔽体質や虚偽情報に載せられたメディアやらが多くの犠牲を産むことは原発事故の一件で我々も目の当たりにしてしまったわけで色々考えさせられるのでした。ただ、重厚な社会派テーマを扱ってるにしては中途半端にエンタメ寄りなのも事実。よく似た方向性の『ハート・ロッカー』に比べると軽い印象は否めません。主人公が勝手に持ち場を離れてトラブルを起こすあたりは共通してるんですが。
 臨場感より観辛さが気になるカメラワークは置いといて、半壊した建屋が点在する混沌のバグダッド市街の雰囲気は秀逸。地上から見上げる空爆シーンとか制圧戦のアタックの様子や援護のフォーメーションなども本物っぽく、走る兵士と上空からナビゲートするヘリの連携演出も見応えあり。全体にアクションにはスピード感があってテンポも良く迫力は満点です。

 しかし、テーマの重さや演出の良さに比べキャラ造形が雑な辺りが本作の弱点。マット・デイモンは流石の安定感なのですが、アメリカやイラクの要人に直接コンタクトする一兵士というのは設定に無理があり過ぎます。その他、重要人物とは想像つかない脚の悪いイラク人、終盤は存在感が薄いCIAに思ったほど話に絡んでこないジャーナリスト、小物感漂いすぎの政府高官と特殊部隊隊長と、どれも薄っぺらいこと薄っぺらいこと。どうしたって宙ぶらりんに終わるしかないこの手の社会派ドラマにしてはアメリカ主導で新政権を作ろうとする事の是非まで踏み込んで纏めてはいますが、ストーリー自体はサプライズもなくオチも弱いので説得力はいまひとつなのでした。

グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]
(2010/10/06)
グレッグ・キニア、マット・デイモン 他

商品詳細を見る

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

 哀川翔の主演100作目を記念して製作された2004年公開の前作『ゼブラーマン』は公開規模が小さかった割りに興収を稼いだとはいえ作品的評価は低くぶっちゃけ失敗作というう認識。しかし、六年を経て上映規模を拡大してのまさかの続編が登場です。テレビ番組での盛んな告知に仲里依紗扮する「ゼブラクイーン」のCD発売などに宣伝費をがっつりぶちこんで華麗に興収10億円未達の大コケという、『ヤッターマン』の大ヒットに惑わされたTBSのご乱心作品。近年、仮面ライダーとスーパー戦隊の映画をがしがしヒットさせてる東映さんの映画だからといってヒーロー物のそれを期待しちゃダメだし、三池崇史監督×宮藤官九郎脚本というビッグネームが並んでも面白いとは限らないのであります。

 個人的にクドカン脚本は苦手だし今回も予告で強調していた殺人OKの「ゼブラタイム」設定が殆ど活かせてなかったりの不満は多々あるわけですが、戦犯は彼ではなく三池監督というか監督に『ヤッターマン』みたいなのをオーダーしたTBS平野隆プロデューサーと想像してます。セクシー衣装やギャグの方向性&滑りっぷりはアレと殆ど同一ですからね。つまり、「シモネタ」と「オヤジギャグ」。でもオールド・ファンからファミリー層まで見込める『ヤッターマン』と同じ土俵というわけにはいかないし、ジャニーズの代わりに芸歴25周年48歳の哀川翔じゃ女性客獲得も厳しいだろうに何処に勝算があるというのか。

 そんな中で一人『ダークナイト』のジョーカーを目指したっぽい仲里依紗。この馬鹿馬鹿しい世界観で哀川翔やガダルカナル・タカが脱力棒読みギャグを連発する中、キュートな側面を完全に消し去って大真面目に悪の華を演じ八面六臂の大活躍。レディー・ガガのパロディ風ミュージック・ビデオをはじめ登場シーンはボンテージ衣装ばかりで、殺しや裏切りなどのダーティな行為にエイリアンとの触手プレイなどアイドル女優の地位をかなぐり捨てる熱演です。なまじ日本人離れしたムチムチボディ故に目元を黒塗りしてしまうと女子プロレスのヒールにしか見えないのが難ですが。

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- スタンダード・エディション [DVD]ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- スタンダード・エディション [DVD]
(2010/11/12)
哀川翔、仲里依紗 他

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。