「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年私的映画ベスト

 今年も毎週更新で52本の感想をアップ。対象は08年11月~10年09月発売のDVDで内訳は洋画33本・邦画19本と昨年並みでした。しかし、劇場からは足が遠のき気味で年間7本というのは過去20年の最低水準の由々しき事態。『第9地区』のような如何にもマピールさん好みのゲテモノSFをDVDスルーしてる辺りに異常さが現れてます。原因は物凄く仕事が忙しくなったからなんで、不景気なご時世にあまり文句も言えないのですが。

 さて、表題の2010年私的映画ベストの選考ですが、年間13本、しかも半分はアリバイ作りみたいにここ2ヶ月にDVDで観た奴という状況なので選ぶのもおこがましいんですが毎年やってるから一応。ベスト3じゃ多いので1位だけ。

2010ベスト映画:『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

 うん、『第9地区』は凄く好きだし『アバター』の技術は画期的だと思うけど『ハングオーバー』の怒濤の伏線回収の快感には敵いません。アメリカで大ヒットのコメディって大体肌に合わないんですがコレは爆笑できました。酔って記憶を失うタイプとしては恐い映画でもありましたが。
 ちなみに感想書いた52作で一番のお勧めは『愛のむきだし』です。次点が『レスラー』。

(劇場観賞作品)
アバター
シャッター アイランド
ザ・コーヴ
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
トイ・ストーリー3
インセプション
マチェーテ

(DVD観賞作品)
インビクタス/負けざる者たち
ハート・ロッカー
NINE
マイレージ、マイライフ
第9地区
アリス・イン・ワンダーランド

 そんなこんなで去年までは感想を遠慮した作品も含めると年間80本強は観賞してたんですが今年は60本程度が限界。つまり、普段なら外すようなどーでもいい映画も無理矢理コメントしてる状態で、正直このペースを維持するのは辛くなってきました。ペースを落とせばズルズルいくのは目に見えてるので店終いは近いかなと感じております。駄文書いてる暇にDVDの1本も観れるわけですし。
 そんな後ろ向きな姿勢で恐縮ですが、来年もよろしくお願いします。それでは皆さん良いお年を。
スポンサーサイト

2009年私的映画ベスト

 今年は毎週日曜更新で52本の感想をアップしました。しかし、2009年公開作は5本しか書けておらず、依然として消化ペースがままなりません。対象が08年1月~09年11月発売のDVDということで前年の借金が響いてる感じです。内訳は洋画32本・邦画20本で邦画が微増。サイコキラーとゲテモノ映画がズンドコ洋画に並んだ為に箸休めの日本映画が必要だったのであります。ぶっちぎりで酷い映画は『少林少女』ぐらいであまり珍作がなかったというか、『20世紀少年』三部作を華麗にスルーして大沢たかおと綾瀬はるかにも殆どちょっかいを出してないだけですか・・・。

 閑話休題。表題の2009年私的映画ベストの選考ですが、今年も観賞は下記18作に留まる体たらく。『スタトレ』と『THIS IS IT』は劇場で2回観たけど。真剣に悩んだ末に勇気が無くて仮面ライダーとウルトラマンの映画を回避しマクロス映画を見忘れたにも拘わらず、なんだか中学生魂全開のラインナップとなっており愕然であります。宇宙や山やプロレスもあの頃から大好きだったし。さて、そんな中でベスト3はこうなりました。

 第一位:マイケル・ジャクソン THIS IS IT (IMAX版)
 第二位:スター・トレック
 第三位:グラン・トリノ

 万人が認める傑作『グラン・トリノ』が三位に沈むとか自分でも吃驚。作品の完成度がだいぶ劣るマイケル映画を最上位にしたのはIMAXシアター版の臨場感が通常版とは別物だったからです。リハーサル会場を体感できるのです。そんな映画は他にありません。
 そして、社会派映画の傑作は数あれど娯楽作としてシンプルに出来がよい作品が最近は稀という事で敢えて『スタトレ』を上に置きました。ちなみに次点は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』。あれはTVシリーズを知っててこその衝撃の映画なので若干評価を下げました。

(劇場観賞作品)
チェンジリング
ヤッターマン
ウォッチメン
スラムドッグ$ミリオネア
グラン・トリノ
スター・トレック
ターミネーター4
レスラー
トランスフォーマー/リベンジ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
劔岳 点の記
サマーウォーズ
宇宙へ。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
2012
イングロリアス・バスターズ

(DVD観賞作品)
レッドクリフ PartⅡ ―未来への最終決戦―
マンマ・ミーア!

 そろそろ週一の感想文作成が負担になりつつありますが、来年もよろしくお願いします。それでは皆さん良いお年を。

2008年私的映画ベスト

註)これは2009年01月01日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

 謹賀新年。

 昨年は毎週日曜更新が定着し、計52本の感想をアップしたわけですが、08年公開映画は僅か3作で殆んどが07年公開映画。新作を見れてない傾向が悪化しております。これだけコツコツ処理していっても未だ観賞予定の07年映画が何本もあるわけで、さりげなく豊作の年だったんだなとは思うのですが。52本の内訳は洋画35本・邦画17本で比率は昨年と変わらず。対象は07年4月~08年9月発売のDVDでした。

 そして表題の08年ベストの選考ですが、観賞は下記16作と昨年から半減。感想既述の3作が全て劇場観賞作と重複した上に、観たい映画が重なりすぎて見逃した月と全く食指が動かないラインナップの月が多かったのが原因です。地雷っぽいのを避けた事もあり質は高いものばかりでしたが。ベスト3では多すぎるので1位だけ。

 2008ベスト映画:『ミスト』モノクロ版

 秋口まで「追悼ヒース・レジャーの思いも込めて今年は『ダークナイト』で鉄板」と思っていたのですがDVDでの再観賞で『ミスト』が逆転。劇場観賞時のラストの衝撃とモノクロ版の新たな恐怖の合わせ技の勝利であります。
 それにしてもサイコキラーとゲテモノの映画が好き過ぎる。特に07年12月の『ソウ4』『アイ・アム・レジェンド』から08年5月の『ミスト』まで半年間7連発で観た時は流石に憂鬱に。ハリウッド大作の駒が充実していればそんな事にはならない筈ですからねぇ。
 ワーストを敢えて選ぶならクセのありすぎる『スピード・レーサー』ですが、こっちは今後DVD観賞が進めば普通の作品に納まりそうですな。

(劇場観賞作品)
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
ノーカントリー
クローバーフィールド/HAKAISHA
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
ミスト
ザ・マジックアワー
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
JUNO/ジュノ
スピード・レーサー
ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!
スターシップ・トゥルーパーズ3
ダークナイト
僕らのミライへ逆回転
イーグル・アイ
ブラインドネス
WALL・E/ウォーリー

2007年私的映画ベスト

註)これは2007年12月31日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

 今年の感想は洋画31作(含アジア3作)、邦画17作の計51作とほぼ週刊で更新できました。対象は06年6月~07年9月発売のDVD。粒揃い過ぎの06年公開作品をなんとか消化し終えたから去年よりちょっと距離が縮まってますが、依然として新作・準新作に追いつけてません。結局、8割がた06年公開作品を鑑賞してたわけですが、昨年暮れに選んだ2006私的ベストを覆すほどの作品は無し。ワーストは『日本沈没』がダントツでした。

 閑話休題、07年ベストの方ですが下記27作を観賞。レイトショーに行き易い環境になったため本数が増えたものの、「これ、地雷だよなぁ。」と思いつつチャレンジして予想通り玉砕というパターンがかなりを占めています。特に下半期。だからベストを選ぶのはとっても楽でした。

 第一位:ブラックブック
 第二位:ドリームガールズ
 第三位:パフューム

 今年は洋画が独占で( ゚∀゚)彡 おっぱい! おっぱい!な結果に。しかし劇場で観たのが『ドリームガールズ』だけってのが泣けます。
 実は次点の『それでもボクはやってない』までの4作品の評価に殆んど差はないのですが、三位と四位は二度見る必要が薄いローラーコースター・ムービーな点をマイナスにしました。で、完成度よりも意外性を重視して『パフューム』を上位に。脚本・映像・音楽・演技が高水準でバランスし繰り返し観たい両作品の一位争いは、原作ミュージカルの出来の良さを割り引いて『ブラックブック』に軍配。
 ちなみにワーストは素人が作ったB級好きにすらツッコミの余地を与えない実験作。特撮者として敢えて観に行っただけですが全国ロードショーでジャイアン・リサイタルを疑似体験できるとはさすがに思いませんでした。
 観てない映画を含めての2007年の印象は、ハリウッド大作の不作と邦画の安易な漫画原作・リメイクもの乱立。男の映画館文化は確実に駆逐されつつあります。来年は流れが変わることを祈って。それでは皆さん良いお年を。

(劇場観賞作品)
 それでもボクはやってない
 ルワンダの涙
 ドリームガールズ
 パラダイス・ナウ
 ロッキー・ザ・ファイナル
 バベル
 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
 ボラット
 大日本人
 ゾディアック
 アヒルと鴨のコインロッカー
 レミーのおいしいレストラン
 トランスフォーマー
 オープン・ウォーター2
 パーフェクト・ストレンジャー
 パンズ・ラビリンス
 バタフライ・エフェクト2
 ブレードランナー ファイナル・カット
 ソウ4
 アイ・アム・レジェンド

(DVD観賞作品)
 幸せのちから
 どろろ
 守護神
 墨攻
 ブラックブック
 パフューム
 300

2006年私的映画ベスト

註)これは2006年12月31日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

 大掃除と洗車を捌ききれないままずるずると今日は大晦日。関東圏から一度も出ることなく1年を終えようとしております。

 今年は映画(DVD)の感想を週1件(年間52件)程度のペースでアップする方針で活動し、総計50件とまあまあ達成できました。対象になったのは2005年3月発売以降の新作DVDですね。主に05年の日本公開作品で気になった映画を全部片付けるべく活動したわけなんですが、新作の誘惑に抗えずまだ結構抜けがある結果に。

 いつになく邦画を観たつもりだったんですが、05年の映画賞に殆んど顔を出した『ALWAYS 三丁目の夕日』『パッチギ!』『リンダ リンダ リンダ』を全て未見、大ヒット作の『電車男』『NANA』も自然にスルーしてるという結果に自分でもビックリです。ヒドイと噂の作品に食指を動かす傾向がありあり。
 洋画では『スター・ウォーズep3 シスの復讐』が我が家の未見DVDの山に埋もれたままに・・・。「6作全部観直して」とか思ったのがいけませんでした。まあ、劇場で観てるんで感想書けないこたぁ無いんですがね。どこかで「アナキン・スカイウォーカーの人生は貴乃花親方と被る」という感想を読んで納得してしまったので改めて語ることも無いのでした。
 韓流映画が1本も無いのは、主力の恋愛映画に興味が無いこととレンタル屋で韓流コーナーは別棚なのでまとめて見落とすことが原因。来年は『グエムル』があるからたぶん大丈夫。
 来年はDVD発売から半年以内には感想を書く様にペースを上げたいですね。06年の暮れに05年の映画を語ってるのは虚しいですから。

 というわけで(やっと本題)、06年ベストといっても下記19作しか観て無いのでした。しかも厳密にはコングの公開は昨年暮れだし。一応映画サイトの定番なんでベスト3を選ぶと

  第一位:キング・コング
  第二位:時をかける少女
  第三位:グエムル 漢江の怪物

 ・・・オタクっぽい。この後ろにずらりと社会派作品が並ぶというのにベスト3にすると実にオタクっぽいです。こんな事ならベスト5にすれば良かった。
 と、ため息をつきながら暮れ行く2006年。それでは皆さん良いお年を。また来年。

(劇場観賞作品)
  キング・コング
  THE 有頂天ホテル
  ホテル・ルワンダ
  クラッシュ
  パイレーツ・オブ・カリビアン デッド・マン・チェスト
  時をかける少女
  太陽
  グエムル 漢江の怪物
  父親達の星条旗
  トゥモロー・ワールド
  ソウ3
  硫黄島からの手紙
(DVD観賞作品)
  ブロークバック・マウンテン
  機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛
  ミュンヘン
  プロデューサーズ
  シムソンズ
  インサイド・マン
  ステイ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。