「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン・ゾーン

 イラク占領下、大量破壊兵器の真実に迫っていく一人の米兵の姿を描くアクション・サスペンス。ポール・グリーングラス監督は『ユナイテッド93』に引き続き窮屈な題材に取り組んでて頭が下がります。陸軍の現場指揮官が主人公という陰謀モノとしては不自然すぎる設定が引っかかるものの、誰もが知ってる「真実」でスリラーをやるのは厳しいし、幅広い層にアピールするにはドンパチが欲しいというのも理解出来ます。ストーリーの畳み方が普通すぎるものの虚実織り交ぜて米国の欺瞞を追求する姿勢は良し。軍事アクションとしてもなかなかです。ただ、『ボーン』シリーズにしてもこれにしてもアクションが目まぐるしくカメラが揺れすぎるのが困ります。

 国防長官が「どこにあるか知っている。ティクリットかバグダッド、東西南北のどこかだ」と宣って「いや、知らねーだろ、それ」と世界がツッコミ入れてた頃に、大量破壊兵器の武装解除を目指しあやふやな情報の元に命懸けで奔走する地上部隊。現在ではわかりきってる戦争の大義の真実を敢えてネタにして訴えかけるのは、中盤の主人公の科白「こんなアメリカを誰が信用するんだ」って事で、国家の無能や隠蔽体質や虚偽情報に載せられたメディアやらが多くの犠牲を産むことは原発事故の一件で我々も目の当たりにしてしまったわけで色々考えさせられるのでした。ただ、重厚な社会派テーマを扱ってるにしては中途半端にエンタメ寄りなのも事実。よく似た方向性の『ハート・ロッカー』に比べると軽い印象は否めません。主人公が勝手に持ち場を離れてトラブルを起こすあたりは共通してるんですが。
 臨場感より観辛さが気になるカメラワークは置いといて、半壊した建屋が点在する混沌のバグダッド市街の雰囲気は秀逸。地上から見上げる空爆シーンとか制圧戦のアタックの様子や援護のフォーメーションなども本物っぽく、走る兵士と上空からナビゲートするヘリの連携演出も見応えあり。全体にアクションにはスピード感があってテンポも良く迫力は満点です。

 しかし、テーマの重さや演出の良さに比べキャラ造形が雑な辺りが本作の弱点。マット・デイモンは流石の安定感なのですが、アメリカやイラクの要人に直接コンタクトする一兵士というのは設定に無理があり過ぎます。その他、重要人物とは想像つかない脚の悪いイラク人、終盤は存在感が薄いCIAに思ったほど話に絡んでこないジャーナリスト、小物感漂いすぎの政府高官と特殊部隊隊長と、どれも薄っぺらいこと薄っぺらいこと。どうしたって宙ぶらりんに終わるしかないこの手の社会派ドラマにしてはアメリカ主導で新政権を作ろうとする事の是非まで踏み込んで纏めてはいますが、ストーリー自体はサプライズもなくオチも弱いので説得力はいまひとつなのでした。

グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]
(2010/10/06)
グレッグ・キニア、マット・デイモン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

きみがぼくを見つけた日

 本人の意志と無関係に突発的にタイムスリップする難儀な体質を持つ男に少女の頃から恋してた女の純愛ラブストーリーです。現在の彼とは初対面なのに未来の彼に何度も会っててすっかりお熱なヒロインとか、実は未来の彼氏の方も将来の伴侶と知っていて幼女の頃から彼女を惑わしていたり、邦題からは想像もつかないトンデモSF要素に加え設定の数々は異色ラブコメみたいですが、実際にはシリアスでダークなお話で面白かったです。
 過去は変わらず未来も分岐しないという時間モノとしては身も蓋もない世界観が採用され、過去も未来も行き来でき別の時代の自分とも接触可能なルールとなっております。ただし移動方法はターミネーター式を採用してる為、ご到着は全裸であります。

 脚本の出来自体は決して誉められたモノじゃないです。ラブロマンスにしちゃヒロインが恋に落ちるに足る決定的なエピソードがないし、オチにも捻りがないし、旦那とその父の問題は半端に放置され意味ありげだった博士も活躍しないなど色々と無駄も多いです。現在・過去・未来に加え回想まで入り交じる上に、現在に別の時代の亭主が来てるパターンもあるので混乱しやすいという問題もあります。でも、「鶏が先か卵が先か」の因果性をわざと何度も有耶無耶にして二人の出逢いにおいて循環する原因と結果の問題を豪快にぶん投げたり、「すこし不思議」の方のSFをわかってる人が書いてる感じが好印象でした。

 シチュエーションも面白いです。突然時空の彼方へ姿を消しいつ戻るか判らない夫を待つストレスで疲弊するヒロインも哀しいし、本来の時間軸では失踪癖持ちに見えトリップ先では不法侵入・窃盗の常習犯でおまけに露出魔と社会的にはダメダメな人生を送らざるを得ない夫には艱難辛苦が続々と襲いかかります。能力でロトを当てて暮らしに不自由はさせて無いとはいえ、苦労かけまくり寂しい思いをさせまくりの挙げ句に特異体質が嫁の躰に障る事象も発現するなど、純愛に障害が付きものとはいえあまりの鬼畜展開に絶句。マッチョな大男のエリック・バナが不憫な夫には見えないから救われてますが。
 そして、なんたってレイチェル・マクアダムスがキュート。超一途で非常にユニークでロマンチックなヒロイン像を見事に演じ、幸せな恋愛&夫婦生活から中盤以降の暗く切ない展開まで盛り上げまくっております。惜しむらくは物語の主導権を握れてないです。エンド・クレジットでエリック・バナの上に名前があるのを見て初めて彼女の方が主役だと判ったぐらい。

きみがぼくを見つけた日 [DVD]きみがぼくを見つけた日 [DVD]
(2010/03/10)
レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ 他

商品詳細を見る

ゴールデンスランバー

 約10年の活動で既にこれが映画化7作目となる超ベストセラー作家・伊坂幸太郎。その現時点での集大成と評されているのが本作で、DVD観賞を前に先ず読んだ原作小説は噂通りに面白かったです。同時に「これを映画にするのは厳しいなぁ。」とも。
結論から言えば、なんとか原作の持ち味を壊さないで映像化に成功してるしエンターテインメントとしては十分に楽しめます。シリアスなサスペンス・ミステリーとしてでなくファンタジックで薄甘い青春劇として。けれど、想像通りに作品構造ゆえの弱点は克服できておらず、細かい部分は原作を読んで補完して下さい状態なのも否めません。

 文庫版の巻末解説に書いてあるんですが、著者は「物語の風呂敷は広げるけど敢えて畳まず、それでも畳んでるように見せかける」というのを狙ってるし、「敬遠していたハリウッド映画的な物語の定型に沿ったものをやってみた」ともいってます。つまり、一歩間違えば荒唐無稽でご都合主義な物語に変貌するものを文筆テクニックを駆使して成立させているのです。140分という長尺であろうと映像でそんなデリケートな扱いをする余地はないわけで、何を取捨選択するかがポイントになります。そして、『アヒルと鴨のコインロッカー』の時にも思ったのですが、中村義洋という監督はこの取捨選択が抜群に巧いのです。
 軽妙でユーモラスなセリフを吐く浮世離れしたキャラクター達は残し、リアリズムより伊坂ワールドの維持を優先。展開上どうでもいいような細部描写を削るのは当然として、自らハリウッド映画的というだけあって結構盛られてる派手なアクションや緊迫のサスペンスもバッサリとカット。ヒロインのパートや学生時代の回想も極力減らしスピード感を増しています。ただ、伏線回収が売りの作品とはいえ、たいして時間を割けなかったネタまで律儀に拾うのはいかがなものか。
 反面、いじらなくても良い所を変えて失敗するのもこの監督の習性なのでしょうか。クライマックスにおける幾つかの微妙な変更はどう考えても不必要だし、よりによってあんな古いカローラ持ち出さなくてもいい筈だし、学生時代とは違ってしまった主人公たちと末期ビートルズをかけ「ゴールデンスランバー」をiPodで繋ぐアイデアは良かったけど最後の使い古されたオチで台無しだし。

 キャスティングは脇が無駄に豪華で驚かされるんですが、とりわけ原作イメージに嵌っていたのが濱田岳でした。セキュリティポッドの設定が消えたせいで、ただの便利なお助けマンになっちゃったのは残念ですが、キュートで危うい怪人物を演じてくれました。無言の大男に扮した永島敏行もすっかり貫禄がついて濱田岳と好対照。その的確な熱演が物凄い異物感を発揮し世界観の破壊者として顰蹙を買うばかりなのが可哀想です。原作ではスパイスの役割を担ってる重要なキャラだったのに。
 一方、個人的には貫地谷しほりのアイドルと相武紗季のラジコン女の役が逆に思えました。

ゴールデンスランバー [DVD]ゴールデンスランバー [DVD]
(2010/08/06)
堺雅人、竹内結子 他

商品詳細を見る

空気人形

 持ってはいけない「心」を持ってしまったダッチワイフが街へ繰り出し、どこか空っぽな人たちと織り成すシュールなファンタジー。原作はわずか20頁の漫画だそうで、殆ど是枝裕和監督のオリジナル脚本レベルに膨らんでいるものと推測されますが、現代社会の抱える病理を生々しく捉えた途方もなく寂しくて奥が深い物語が美しく紡がれております。あまり好みの作品ではないんですが傑作なのは否定できません。

 人形から人間への成長プロセスを演じる実力が要求され、設定上汚れ役必然かつヌード&濡れ場必至で、勿論若くて無垢で透明感なきゃ務まらない大役に白羽の矢が立ったのは韓国女優ペ・ドゥナ。正直、アラサーの外国人起用には疑問符だったのですが、幼く見えるルックスに抜群の表現力、加えて驚愕のナイスバデーと訥々とした片言の日本語が見事に嵌るクリティカルなキャスティングでありました。演出力に定評のある監督との相乗効果がいかんなく発揮されております。「CGじゃないの、コレ?この娘、本当にビニールで出来てるんじゃない?」と思うほど手足の動きとかが衝撃的でした。空気が抜けたり膨らんだりする時の喪心と恍惚の表情も凄いし、ダッチワイフとして使われてる時の無表情も迫真。なんというか肉体を感じさせない演技でした。節操ないほどにヌードシーン三昧なのにエロイというよりキレイ。特に自分でエアポンプを操作する横座りの裸身で見せたバランスの良い姿態が印象的でした。それにしても、ここまで脱ぎっぷりのいい女優だったとは。

 そんなわけでペ・ドゥナはばっちりなんですが、周りの都市生活者たちに共感を得られるようなリアリズムが欠けてる印象で、キャラ多すぎが災いしとっ散らかってもいて不満。空虚がテーマらしいので浮遊感が大事だったんだろうけど、群像劇としては微妙です。空気人形の恋のお相手としてちゃんと見せ場があるARATA以外では、人形の所有者である板尾創路が変態チックにならないように孤独な人形愛を上手く表現していて「もっとこの男のドラマが観たい」という出来だったものの、父と娘・アラフォー女・自首マニア・警官などと人形の繋がりは曖昧に描かれ、特に過食症のOLが掘り下げ不足なのは物足りなく感じました。
 シニカルでブラックでルールがきちっとしてるモノを好む性分なんで、本作で構築されるイノセントでメランコリックな箱庭が単純に癇に障るってのもありますが、好んで他者を拒絶して生きる人々に「空虚感を埋める」という命題がナンセンスに思えてどうにも入り込めなかったです。

空気人形 [DVD]空気人形 [DVD]
(2010/03/26)
ぺ・ドゥナ、ARATA 他

商品詳細を見る

キラー・ヴァージンロード

 自身の演劇ユニット「地球ゴージャス」で作・演出を手がける俳優の岸谷五朗が監督・脚本を担当した作品。最初から勢い任せで突っ走り最後は激しく息切れという、初監督作品にありがちな出来ですが役者さんが頑張って想像したほどには悪くないものに仕上がってました。いかにも舞台出身の人らしい不条理コメディで、映画の定石から言えば不作法としか言い様がないショートコントの羅列でありますが、小手先の技巧に奔らずわかりやすく観られる点は好印象でした。盛り込み過ぎ・誇張し過ぎで全体のまとまりは悪いし、「タバスコの二人」などの引っ張り過ぎなネタの数々もありますが、上野樹里×木村佳乃のコンビネーションは案外面白かったです。

 とにかく、冒頭のわざとらしいミュージカルを観て即座に現実的思考をシャットダウン出来るかが勝負の分かれ目。このハイテンションにドン引きしてしまったり、ストーリーの繋がりを気にしたりすると萎えること請け合いです。ナンセンス展開上等で一発ネタとして受け入れるが吉なのです。シーンの必要性を考えちゃ駄目。深く考えて見る映画じゃないのですから。
 見所は独りで突き抜けてる「死ねない自殺女」木村佳乃。演技派コメディエンヌ・上野樹里を完全に喰う強烈なキャラクターで魅了します。本格的に登場した途端にドラマが安定し本筋から外れると共にあからさまに失速する辺り、映画としては失敗なんですが彼女の凄さを如実に示しております。
  そして、高島礼子・小出恵介・小倉久寛・北村一輝などの豪華俳優陣が、カットしても話が問題なく繋がる無理なシーンでの出演。一発の小さい笑いを残し豪快に使い捨てられる姿が新鮮でした。出番が多い人ほどギャグが滑るのはいただけませんが。最後にサブキャラ達の話が綺麗に収束していけば良かったんですが、連関性に乏しかったのが残念。

 ダメダメなのは上野樹里がウエディング・ドレスに着替えてから。つまりクライマックス。ここまでずっと無茶苦茶なノリで突っ走り、上野樹里の見事な号泣で落差のあるギャグを期待させられ、しかし大真面目に泣かせで押し切られる屈辱。そもそも「どん尻ビリ子」の設定自体が作品の中核を担ってないから、落とし所として機能してません。追い打ちにEXILEの人の蛇足エピソードが整合性を崩すのも酷いです。主人公が幸せになることが他人の幸せに繋がるという話であのオチは無いし、木村佳乃抜きで締められる筈もないのに。

キラー・ヴァージンロード 通常版 [DVD]キラー・ヴァージンロード 通常版 [DVD]
(2010/03/26)
上野樹里木村佳乃

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。