「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんかく

 同棲中の恋人の部屋にその妹が夏休みを利用して転がり込んできて云々という、アラサー・カップルと中3娘が織り成す奇妙な三角関係を描いたラブストーリー。普通ならスルー確実な作品なんですが、「映画秘宝」方面で妙に評判が良いことが気になってチェック。なるほど、全然想像と違う、いかにも「秘宝」好みのブラックで怖ーい三者三様ダメ人間の悲喜劇でありました。まさに脚本と演出の勝利な作品。

 前半はオーソドックスに思春期の無防備な少女がカップルを無自覚にかき回す展開で、それにかこつけてアイドルの成長途上の胸元とか太腿とかをフレッシュかつエロく撮る事を目的にしてる感じでした。妹役を演じた小野恵令奈はAKB48の娘だそうで、友情出演の大島優子すら登場シーンに無反応な当方としては当然の如く名前も顔も知らなかったわけですが、舌足らずな喋りと謎の行動で悪意無く男を惑わせる気紛れな子供を見事に演じてたと思います。まあ、たぶん当て書きなんでしょうが。

 しかし、そんな彼女は意外にも途中退場。終盤にちょこっと再登場するものの物語を引っ張るのは同棲の二人となり、ここから本作の痛い人間模様が更にヒートアップし話は俄然面白くなっていきます。とにかく田畑智子がヤバすぎで、並のJホラーなんかよりずっと怖いです。こういう依存型の女ってリアルにいそうなわけですが、ウザくなりがちな役をギリギリ可愛いラインに踏みとどめてしまう演出力&演技力に感嘆。そして、15の小悪魔に惚れたばかりに悲惨なることになる三十路男・高岡蒼甫のはまりっぷりも半端ないです。先輩風を吹かせるも実は人望無くビッグマウスでナルシストで愚かな元ヤンキーという痛い存在で、しかしどこか憎めなくて母性をくすぐる感じが実に良いのです。
 曖昧なラストの三人の気まずい表情も素晴らしかったです。

さんかく 特別版(2枚組) [DVD]さんかく 特別版(2枚組) [DVD]
(2010/11/03)
高岡 蒼甫、小野 恵令奈 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

 哀川翔の主演100作目を記念して製作された2004年公開の前作『ゼブラーマン』は公開規模が小さかった割りに興収を稼いだとはいえ作品的評価は低くぶっちゃけ失敗作というう認識。しかし、六年を経て上映規模を拡大してのまさかの続編が登場です。テレビ番組での盛んな告知に仲里依紗扮する「ゼブラクイーン」のCD発売などに宣伝費をがっつりぶちこんで華麗に興収10億円未達の大コケという、『ヤッターマン』の大ヒットに惑わされたTBSのご乱心作品。近年、仮面ライダーとスーパー戦隊の映画をがしがしヒットさせてる東映さんの映画だからといってヒーロー物のそれを期待しちゃダメだし、三池崇史監督×宮藤官九郎脚本というビッグネームが並んでも面白いとは限らないのであります。

 個人的にクドカン脚本は苦手だし今回も予告で強調していた殺人OKの「ゼブラタイム」設定が殆ど活かせてなかったりの不満は多々あるわけですが、戦犯は彼ではなく三池監督というか監督に『ヤッターマン』みたいなのをオーダーしたTBS平野隆プロデューサーと想像してます。セクシー衣装やギャグの方向性&滑りっぷりはアレと殆ど同一ですからね。つまり、「シモネタ」と「オヤジギャグ」。でもオールド・ファンからファミリー層まで見込める『ヤッターマン』と同じ土俵というわけにはいかないし、ジャニーズの代わりに芸歴25周年48歳の哀川翔じゃ女性客獲得も厳しいだろうに何処に勝算があるというのか。

 そんな中で一人『ダークナイト』のジョーカーを目指したっぽい仲里依紗。この馬鹿馬鹿しい世界観で哀川翔やガダルカナル・タカが脱力棒読みギャグを連発する中、キュートな側面を完全に消し去って大真面目に悪の華を演じ八面六臂の大活躍。レディー・ガガのパロディ風ミュージック・ビデオをはじめ登場シーンはボンテージ衣装ばかりで、殺しや裏切りなどのダーティな行為にエイリアンとの触手プレイなどアイドル女優の地位をかなぐり捨てる熱演です。なまじ日本人離れしたムチムチボディ故に目元を黒塗りしてしまうと女子プロレスのヒールにしか見えないのが難ですが。

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- スタンダード・エディション [DVD]ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- スタンダード・エディション [DVD]
(2010/11/12)
哀川翔、仲里依紗 他

商品詳細を見る

ザ・ウォーカー

 一冊の本を携えて文明が崩壊した北米大陸を西に向かって歩き続ける男と、ならず者達を従えてその本を執拗に探し力ずくで奪い取ろうとする町の支配者が、弱肉強食の無法の荒野で激突するデンゼル・ワシントン主演の近未来サスペンス・アクション。
 「この世に一冊だけ残った世界を支配できる本」とか作品紹介されれば、その正体が世界一のベストセラーというのは鉄板だろうということで、バトルはぬるく説教臭い話なんじゃないかと思いつつも好物の終末モノということで観賞。意外や意外、殆ど期待してなかったこともあり地味に面白かったです。まさか、随所で殺しまくりのマカロニ・ウェスタンとは・・・。

 とにかく、話が進むに連れて明らかになるバカっぽい世界観が素敵でした。最終戦争から僅か30年余りで生産能力や識字率がほぼゼロに落ち込むという『マッドマックス』や『北斗の拳』でもやらなかった無茶な想定に、主人公の常人離れした殺傷能力とトンデモ設定による不死身ぶり、ツッコミどころ満載の衝撃のオチなど数々のダメ要素をこれでもかと積み重ねております。特に全編に渡って貫かれる欧米特有の観念が普通の日本人にはピンとこないわけですが、それが逆に作用して毛唐のアホさ加減が皮肉の利いた社会派エンタメとして成立しているという不思議。まあ、被災時に暴動も起こさず整然と暮らす信仰の浅い民族というのは、この映画の世界観を全否定しかねない存在ですからね。

 意外とアクションが少な目なのが残念ですが、山刀の殺陣にしろガンファイトにしろ凝っていて面白かったです。老夫婦の家での銃撃戦なんてカメラワークがただ事じゃありません。ただ、中ボス級の弾けた悪役が質と量の両面で物足りないのがかなり痛いです。
 また、スタイリッシュな雰囲気作りとか裏設定の細かい演出とかは巧いんですが、主要キャラの作り込みの弱さがそれを帳消しに。殆どデンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの力量頼みで緊張感を持たせてるのでその他大勢のギャップが凄いのであります。けれど、久しぶりに見たジェニファー・ビールスは老けても変わらずジェニファー・ビールスでした。これが一番の収穫。

ザ・ウォーカー [DVD]ザ・ウォーカー [DVD]
(2010/11/02)
デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン 他

商品詳細を見る

シャーロック・ホームズ

 従来の紳士的なイメージを覆す武闘派でだらしないホームズとバイプレイヤーの位置に留まらないイケメンのワトソンで贈るアクション・バディ・ムービー。ホームズが一方的にワトソン君大好きな点は違いますが、レイチェル・マクアダムス扮する盗賊ヒロインを加えた構図はルパン・次元・不二子にかなり被っております。けれど、オカルト色が強くトリック解明のカタルシスが殆ど無い脚本で全編に渡りかなり眠かったです。ロバート・ダウニー・Jr&ジュード・ロウのコミカルな掛け合いはそこそこ面白いのですが・・・。

 原因は幾つか考えられますが、一番の問題は冒険活劇をやろうというのに全然ドキドキ感やワクワク感が無い事でしょう。欠点を補い合ってなんぼの相棒モノなのにホームズもワトソンも無敵超人過ぎ。加えてホームズの頭脳明晰を強調するあまり欺し合いや大逆転といった要素が使えず盛り上がらず。別にミステリーやサスペンスをやる必要は無いんですが、事件そのものも興味をそそるに不十分で最後の種明かしも「ふ~ん」で済まされるレベルというのはあんまりです。
 そして、売りのアクションが中途半端。やってる事は鮮やかかも知れませんが、カット割りすぎで結局何が起きてるのかよく判りません。スローモーションにしてもフラッシュバックにしても多用し過ぎでテンポが悪くいちいち神経に障ります。時代がかったロンドンの雰囲気はカッコいいしメインキャラの作り込みも良いんだから、普通に演出してくれれば大外れはなかった筈なんですが・・・。

 文句ばかり言ってしまいましたが、原作の知識があれば大分違う印象を持つんじゃないかとも思います。最大の抽斗がロリエコジジイの犬アニメという当方では少々厳しかったと言うだけで。「多分原作ネタ」というシーンは其処彼処にあるのでシャーロキアンならニヤリとするのでしょうし、モヤッとした主張の敵役や全然驚けない古臭いトリックも作品の世界観に忠実と言われればそうかもしれないのです。

シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/07/21)
ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る

しあわせの隠れ場所

 体格と運動能力には恵まれながら知能は低く生活環境はホームレス同然の普通なら大学進学など夢物語の黒人少年が奇特なセレブ白人家族に引き取られ、その温かい支えと本人の努力でアメフトのオフェンスタックルとして頭角を現しNCAA1部校に進学、後にNFLドラフト1巡目で指名される迄になるという本当にあった話の映画化。ただし、主役はサンドラ・ブロックが演じる白人の養母の方です。必要以上に美化されたお涙頂戴の偽善的な話なのかと思いきや、意外に淡々とドラマが進行し身分差や人種を越えた家族の絆の深さを映し出した「ちょっといい話」となっておりました。
 驚いたのはモデルとなった選手がボルティモア・レイヴンズに入団したのが2009年でありプロとしては未だルーキーってこと。半生を語るには早過ぎる気がします。また、映画化されるぐらいだからスーパースターなのかと思いきや、スーパーボウルやローズボウルには無縁のようだし伝説的なプレーとかも特に無いんですよね。映画冒頭の偉業は彼ではなく80年代に活躍した名選手のものだし。

 慈悲深く勝ち気でエネルギッシュな母親が不遇な少年に手を差し伸べその殻を強引に割っていくというド定番のアメリカ的美談が形成されてるわけですが、所謂不良少年の更生ドラマとはならない辺りが実話ならではの面白い所です。アメリカン・ドリームを実現したマイケル・オアー選手はその生い立ちを考えれば奇跡的といえるほどに品行方正で、実の親やスラムの仲間が彼のサクセスに立ちふさがることもなく、基礎学力不足だったりアメフトのルールやテクニックが旨く理解出来なかったり主に障害となるのはおつむの問題だったりでスポ根ドラマとしては脚本家泣かせです。無口ってのも困る設定の筈。クイントン・アーロンは困り顔でかなり印象深く演じていたけど地味なもんは地味ですから。
 そんなわけで養母の方にウェイトを置くのは必然で、美化や誇張はあるにしても気高く優しく美しくて懐が深い理想的アメリカの母にサンドラ・ブロックというのは見事に嵌ったと思います。脇役の補強も万全で特に小生意気な義弟の坊主が頑張ってくれてます。弟くん程儲け役じゃないけど整った顔立ちが印象的だった義妹に扮したのがフィル・コリンズの愛娘ってのもサプライズでした。エンドロールに出てくる実際の義妹もミス・キャンパス級の美女ですが。

 さて、このドラマ。アメフトの知識は全く無くても問題なしですが、アメリカの地域性や進学事情は知っておいた方が理解しやすいです。
 先ず、舞台となるメンフィスですがテネシー州最大の都市で、南北戦争前は奴隷市として栄えキング牧師が暗殺された地としても有名です。つまり人口の半数以上を占めるアフリカ系の多くは貧しく白人の殆どは共和党支持者でキリスト教原理主義で因習も残る典型的南部の土地といえます。そしてノックスビルにあるテネシー大より隣州だけど近所にあるミシシッピ大を贔屓にしてる模様です。
 んで、アメフトのエリートコースはプロ予備軍であるNCAAカレッジに認められスポーツ奨学生になることで、これは競技での実力のみならず通常の大学入学基準の学力も要求されます。まあ、脳みそ筋肉でもプロへの道は閉ざされないんですが、我が国の箱根駅伝みたいな特別なステイタスが其処にあるってことでしょうね。

しあわせの隠れ場所 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)しあわせの隠れ場所 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/07/21)
サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ 他

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。