「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007ベスト映画総括

註)これは2008年03月19日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

 2007年のベストテンの整理。一応、和洋それぞれ5件のベストテンから集計。1位10点2位9点・・・10位1点の50点満点で計算しました。尚、「Yahoo!勝手に日本映画賞」はアニメ部門が分離していたため1位の『河童のクゥと夏休み』には特別に5点を計上。「MovieWalkerシネマ大賞」は和洋混合ランキングから洋画だけ抜き出して配点しました。

【日本映画ベストテン】
  1位 47点『それでもボクはやってない』
  2位 34点『天然コケッコー』
  3位 20点『キサラギ』
  3位 20点『しゃべれども しゃべれども』
  5位 18点『河童のクゥと夏休み』
  6位 17点『サッド ヴァケイション』
  7位 15点『魂萌え!』
  8位 13点『アヒルと鴨のコインロッカー』
  9位 12点『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
  9位 12点『サイドカーに犬』

 (集計対象)
  「ヨコハマ映画祭」
  「キネマ旬報」
  「映画芸術」
  「日本インターネット映画大賞」
  「Yahoo!勝手に日本映画賞」

 『それでもボクはやってない』脅威の47点。「Yahoo!」で圏外も他では上位に連ねた『天然コケッコー』が続き、3位には評論家筋では選外ながら2件のインターネットによるランキングで1位をもぎ取り食い込んだ『キサラギ』と逆に一般人には見向きもされなかった『しゃべれどもしゃべれども』が並びました。
 7作が一致し順位もわりと似てるということで、一応、「キネ旬」のベストが一番信頼度が高いという事になるでしょうか。『キサラギ』は容赦なく圏外ですが。

【外国映画ベストテン】
  1位 29点『ボーン・アルティメイタム』
  2位 23点『善き人のためのソナタ』
  3位 22点『パンズ・ラビリンス』
  4位 21点『ドリームガールズ』
  5位 17点『クィーン』
  5位 17点『ブラッド・ダイヤモンド』
  7位 16点『ヘアスプレー』
  8位 15点『長江哀歌』
  9位 14点『今宵、フィッツジェラルド劇場で』
 10位 12点『バベル』

 (集計対象)
  「キネマ旬報」
  「SCREEN」
  「映画秘宝」
  「MovieWalkerシネマ大賞」
  「日本インターネット映画大賞」

 こちらは強力な作品が不在の中「キネ旬」圏外も他の4件で29点をかき集めた『ボーン・アルティメイタム』に軍配。2位は3件の入選で荒稼ぎの『善き人のためのソナタ』が4件でランクインしていた『パンズ・ラビリンス』『ドリームガールズ』をかろうじて抑えました。しかし、この上位4作で1位を獲ってるのは「ネット大賞」の『パンズ』だけという見事なばらつきぶり。ちゅか、「秘宝」と「シネマ大賞」の1位が他のランキングでかすりもしない作品ってどうなのか。そもそも唯我独尊過ぎる「秘宝」からは2件しかセレクトされてないのだけれども。
 そんな中、意外にも「SCREEN」が10位『ディパーテッド』以外の9作品で一致させる目利きぶりを見せてます。順位は全然違いますが。ちなみに外したのはネットで強く支持された『ブラッド・ダイヤモンド』でした。
スポンサーサイト

2007映画秘宝 ベスト&トホホ10

註)これは2008年03月12日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

 さて、2007年ベスト&ワーストのアーカイヴ作業の締め括りはマピールさんが最も重視している映画秘宝のベスト&トホホ10であります。
 先ず、注目は秘宝トホホを制した『トランスフォーマー』。驚くべき事に4つ全てのランキングに顔を出してます。さらに『300<スリーハンドレッド>』『スパイダーマン3』も3部門で登場と、今年は賛否両論作品が目立ちました。
 一方、秘宝ベストは『グラインドハウス』が「デス・プルーフ」「プラネット・テラー」「USAバージョン」で票割れしたため、出鱈目マヤ文明映画『アポカリプト』が制覇。その他、秘宝らしく残虐描写作品が上位を占めました。
 邦画は『童貞。をプロデュース』がベストの16位、アニメ『河童のクゥと夏休み』が20位と続きますが、ほぼ眼中に入ってない様相です。読者のトホホにどっさり邦画が並んでるわりに秘宝トホホは『恋空』以下3本しかランクインしておらず、いじる価値すら認められてない風情がいと哀れ。

【秘宝ベストテン】
  1位 『アポカリプト』
  2位 『パンズ・ラビリンス』
  3位 『デス・プルーフ in グラインドハウス』
  4位 『300<スリーハンドレッド>』
  5位 『ブラックブック』
  6位 『ボーン・アルティメイタム』
  7位 『グラインドハウス(USAバージョン)』
  8位 『HOT FUZZ』(日本未公開)
  9位 『トランスフォーマー』
 10位 『ロッキー・ザ・ファイナル』

【秘宝トホホテン】
  1位 『トランスフォーマー』
  2位 『恋空』
  3位 『どろろ』
  3位 『ベクシル 2077 日本鎖国』
  5位 『スパイダーマン3』
  6位 『300<スリーハンドレッド>』
  6位 『ディパーテッド』
  8位 『アイ・アム・レジェンド』
  9位 『ゴーストライダー』
  9位 『サイボーグでも大丈夫』
  9位 『ダイ・ハード4.0』
  9位 『バベル』

【読者ベストテン】
  1位 『ボーン・アルティメイタム』
  2位 『デス・プルーフ in グラインドハウス』
  3位 『パンズ・ラビリンス』
  4位 『300<スリーハンドレッド>』
  5位 『ブラックブック』
  6位 『プラネット・テラー in グラインドハウス』
  7位 『スパイダーマン3』
  7位 『トランスフォーマー』
  9位 『アポカリプト』
 10位 『ダイ・ハード4.0』

【読者トホホテン】
  1位 『大日本人』
  2位 『ミッドナイト イーグル』
  3位 『俺は、君のためにこそ死ににいく』
  4位 『どろろ』
  4位 『蟲師』
  6位 『スパイダーマン3』
  7位 『トランスフォーマー』
  8位 『恋空』
  9位 『ゲゲゲの鬼太郎』
 10位 『西遊記』

2007勝手に日本映画賞ベストテン

註)これは2008年03月07日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

「勝手に日本映画賞」「Yahoo!映画」のMyムービーという機能を利用した、ユーザー作成ランキングに基づくベストテンのようです。アニメや俳優もランキングしているのが興味深いです。しかし、アニメの弾数が少な過ぎて10作選ぶとなるとかなり厳しい感じなのが泣けます。

【作品賞】
  1位 『キサラギ』
  2位 『それでもボクはやってない』
  3位 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
  4位 『アヒルと鴨のコインロッカー』
  5位 『舞妓 Haaaan!!!』
  6位 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  7位 『HERO』
  8位 『どろろ』
  9位 『さくらん』
 10位 『ゲゲゲの鬼太郎』

【アニメ賞】
  1位 『河童のクゥと夏休み』
  2位 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
  3位 『ピアノの森』
  4位 『秒速5センチメートル』
  5位 『名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)』
  6位 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』
  7位 『ベクシル 2077 日本鎖国』
  8位 『エクスマキナ』
  9位 『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章』
 10位 『ONE PIECE エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』

【主演男優賞】
  1位 松山ケンイチ 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』『神童』
  2位 オダギリジョー 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『転々』
  3位 小栗旬 『クローズ ZERO』『キサラギ』
  4位 加瀬亮 『それでもボクはやってない』『オリヲン座からの招待状』
  5位 豊川悦司 『犯人に告ぐ』『愛の流刑地』
  5位 妻夫木聡 『どろろ』『憑神(つきがみ)』
  7位 大沢たかお 『Life 天国で君に逢えたら』『ミッドナイト イーグル』
  8位 織田裕二 『椿三十郎』
  9位 木村拓哉 『HERO』
 10位 ウエンツ瑛士 『ゲゲゲの鬼太郎』『キャプテントキオ』

【主演女優賞】
  1位 竹内結子 『サイドカーに犬』『クローズド・ノート』
  2位 中谷美紀 『自虐の詩』
  3位 宮崎あおい 『サッド ヴァケイション』
  4位 宮沢りえ 『オリヲン座からの招待状』
  5位 松嶋菜々子 『眉山 -びざん-』
  6位 松たか子 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『HERO』
  7位 長澤まさみ 『そのときは彼によろしく』
  8位 篠原涼子 『アンフェア the movie』
  9位 沢尻エリカ 『クローズド・ノート』
 10位 黒木瞳 『怪談』

【ティーンズ賞】
  1位 堀北真希 『アルゼンチンババア』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
  2位 成海璃子 『きみにしか聞こえない』『神童』
  3位 須賀健太 『舞妓 Haaaan!!!』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
  3位 新垣結衣 『恋空』『恋するマドリ』
  5位 神木隆之介 『遠くの空に消えた』『Little DJ 小さな恋の物語』
  6位 戸田恵梨香 『ユメ十夜』『Presents うに煎餅』
  7位 大後寿々花 『遠くの空に消えた』
  7位 多部未華子 『俺は、君のためにこそ死ににいく』『西遊記』
  9位 柳楽優弥 『包帯クラブ』
 10位 黒木メイサ 『クローズ ZERO』『ベクシル 2077 日本鎖国』(声)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。