「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009ヨコハマ映画祭 日本映画ベストテン

註)これは2009年12月15日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

第31回ヨコハマ映画祭 日本映画ベスト10

 賞レース本命に躍り出た西川美和監督『ディア・ドクター』に追いすがるのは根岸吉太郎監督の太宰治作品。2006年の『ゆれる』VS『雪に願うこと』の再現です。あの時は『フラガール』との三つ巴でしたが、今回もここでは水を開けられた大手配給の『沈まぬ太陽』が巻き返す展開が予想されます。

【ベストテン】
1位 『ディア・ドクター』
2位 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
3位 『愛のむきだし』
4位 『のんちゃんのり弁』
5位 『空気人形』
6位 『風が強く吹いている』
7位 『沈まぬ太陽』
8位 『サマーウォーズ』
9位 『斂岳 点の記』
10位 『大阪ハムレット』
スポンサーサイト

2009ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞

註)これは2009年12月15日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・第31回ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞

 日本映画ファンがボランティアで主催するヨコハマ映画祭も『ディア・ドクター』に軍配。報知映画賞で瑛太と八千草薫 、日刊スポーツ映画大賞で笑福亭鶴瓶と余貴美子、そしてここでは松重豊と、見事にバラバラに個人賞を獲ってるのが面白いです。
 あと、目新しいのは『のんちゃんのり弁』。これって90年代に渡辺典子がお昼の帯ドラマでやってたヤツですよね。まさか今頃になって映画化されてたとは・・・。

【主要部門賞】
 作 品 賞 『ディア・ドクター』
 監 督 賞 緒方明   『のんちゃんのり弁』
 脚 本 賞 西川美和  『ディア・ドクター』
 主演男優賞 堺雅人   『クヒオ大佐』『南極料理人』
 主演女優賞 小西真奈美 『のんちゃんのり弁』
 助演男優賞 岡田義徳  『のんちゃんのり弁』『重力ピエロ』『おと・な・り』
       松重豊   『ディア・ドクター』
 助演女優賞 安藤サクラ 『愛のむきだし』『クヒオ大佐』『罪とか罰とか』

2009日刊スポーツ映画大賞

註)これは2009年12月07日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・「ディア・ドクター」が4冠 日刊スポーツ映画大賞(asahi.com)

 日刊スポーツ映画大賞は『ディア・ドクター』が圧倒的優位に。しかし、報知映画賞とのダブル受賞は西川美和監督と松たか子だけという結果であります。やはり今年は混戦か。個人的には外国作品賞の『母なる証明』ってのが全然知らないタイトルで困ります。

【主要部門賞】
 作 品 賞 『ディア・ドクター』
 監 督 賞 西川美和  『ディア・ドクター』
 主演男優賞 笑福亭鶴瓶 『ディア・ドクター』
 主演女優賞 松たか子  『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』
 助演男優賞 三浦友和  『沈まぬ太陽』
 助演女優賞 余貴美子  『ディア・ドクター』
 外国作品賞 『母なる証明』

「ネット番付2009」映画部門

註)これは2009年12月05日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

「ネット番付2009」映画部門

5,000万人が選ぶ!「ネット番付2009」映画部門

 「5,000万人が選ぶ!」という触れ込みで、Yahoo! JAPANの検索キーワードを基にYahoo!映画でのアクセス数、ユーザーレビュー投稿数、話題性などで選ばれたベストだそうです。
 ベストテンに極めて商業的なタイトルが並ぶ一方で、部門賞はベストテン圏外の作品ばかりというのが謎。意外と洋画も頑張ってる事に驚きました。北川景子がこんなに人気がある事にも。

【ベストテン】
1位 『ROOKIES -卒業-』
2位 『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 』
3位 『余命1ヶ月の花嫁 』
4位 『レッドクリフ Part II―未来への最終決戦―』
5位 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
6位 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
7位 『サマーウォーズ』
8位 『ターミネーター4』
9位 『天使と悪魔』
10位 『ウォーリー』

【部門賞】
監 督 賞  クリント・イーストウッド 『グラン・トリノ』
主演男優賞 小栗旬  『TAJOMARU』『クローズZERO II』
主演女優賞 北川景子 『ハンサム★スーツ』

2009ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞

註)これは2009年12月04日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞は「マイレージ、マイライフ」に(allcinema)

 アカデミー賞賞レースの口火を切るナショナル・ボード・オブ・レビュー(米国映画批評会議賞)作品賞は『ジュノ』のジェイソン・ライトマン監督の新作『マイレージ、マイライフ』が獲得。航空会社のマイルだけを楽しみに生きる男のコメディだそうです。現時点での対抗馬はクリント・イーストウッド監督の『インビクタス/負けざる者たち』。こっちは南アのネルソン・マンデラ大統領と白人ラガーマンによる自国W杯奮闘記だったかな。何気にトップ11作品に『スター・トレック』が紛れ込んでるのが嬉しいです。


【主要部門賞】
 作 品 賞 『マイレージ、マイライフ』(3月公開)
 監 督 賞 クリント・イーストウッド 『インビクタス/負けざる者たち』(2月公開)
 脚 本 賞 ジョエル&イーサン・コーエン 『A SERIOUS MAN』(原題)
 主演男優賞 ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
         モーガン・フリーマン 『インビクタス/負けざる者たち』
 主演女優賞 キャリー・マリガン  『AN EDUCATION』(原題)
 助演男優賞 ウディ・ハレルソン  『THE MESSENGER』(原題)
 助演女優賞 アナ・ケンドリック  『マイレージ、マイライフ』

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。