「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッハ!!!!!!!!

 荒削りな体当たりアクションからエンドロールのNG集まで徹底的に若き日のジャッキー・チェン映画をリスペクトしたタイ産ムエタイ・アクション。噂に違わぬ凄い映画で、予告編に嘘偽りなしでした。予算の無い映画バカが命の値段が安い国で後先考えずに全力で撮るとこうなるというサンプルです。CG使わないとかワイヤー使わない事よりも打撃が容赦無く後頭部や頭頂部に入る事に驚かされます。死人が出るから素直にCG使ってください。

 主演のトニー・ジャーは演技度外視で身体能力のみでキャスティングされたらしく、華が無い・コメディーセンスが無い・喋らない役者で、「主役にスタント使いません」が売りですけどスタントが主役やってると言った方が実態に近いです。台詞なんか冒頭のムエタイ演舞シーンで全編の1/4ぐらいを喋り終えちゃってる気がします。ところが、それを補って余りあるエキゾチックなムエタイ技と柔軟な体躯から繰り出されるアクロバティックな体技の数々!「人って飛べるんだぁ。」と呆れた衝撃の滞空時間!!しつこいアクション・リプレイ!!!見た事のないアクションの新鮮さに圧倒されます。この人ならノーワイヤーでキャプテン翼が可能です。

 ストーリーはいたってシンプルで「仏像の首を取り戻せ!」というハヌマーンの国らしいミッション。バンコク繁華街での追跡劇や三輪タクシーのカーチェイスなどタイの文化を魅力的に紹介しつつ異種格闘技を繰り広げ最後は勧善懲悪モノに落ち着いていきます。喋らない主人公に代わりストーリーを進めるのはお笑い担当のサブキャラで、「仏さまの導きで改心する息子」という仏教話にもっていくあたりが実にタイらしいです。一方、これもタイの社会問題であろうヒロイン担当の麻薬関連イベントがストーリーの本筋に絡まないのは残念でした。とりあえず、「タイでもこれ位のセクシーショットはOK」という事を世界に知らしめるためだけに出て来たっぽいヒロインの姉役の人に乾杯。そして、オープニングで意味ありげだったので一生懸命記憶に留めたムエタイの師匠も酒飲んでるおじさんも恋人っぽい女の子も全然村から出てこないのはがっかりでした。師匠の「ムエタイの使用を禁止」とか何の意味があったんですか?

マッハ ! プレミアム・エディション マッハ ! プレミアム・エディション
ナタウット・キティクン、プラッチャーヤ・ピンゲーオ 他 (2004/11/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

トルク

 ロサンゼルスの街中を時速320キロで爆走しつつ銃を撃つ!殴る!蹴る!驚天動地のバイクアクション!!!大暴れするIQ低そうなアメリカの若者達!!!!!このぶっ飛んだ内容とありきたりのストーリーにブチ切れるか大喜びできるかで評価が180度分かれる素晴らしいバカ映画です。

 シーンの九割を喧嘩とバイクチェイスで占め、映像センスだけを頼りに1時間半をすっ飛ばす無茶な構成が圧巻。大真面目に作られてるアクション映画なのに笑いが止まらなくて困りました。時速250キロで併走する四輪2台の間をウィリー走行ですり抜けるオープニングからクライマックスのジェットバイク「Y2K」を力学無視ですっ飛ばす早送りCGアニメまで全編に渡って狂ったシーンが目白押し。その他、前半の見せ場として水着の姉ちゃんがバイク洗ってる謎のラリー会場のシーン(これは是非、来年の「multiplex」に取り入れて欲しい)、後半の見所としてヒロインがバイクでキャット・ファイトする最高に頭おかしいシーンを挙げておきます。あとラストバトルはめまぐるしい割りに呆気ない幕切れなので注意。

 ストーリーについては触れるだけ野暮。行く先々でトラブルを起こす主人公達のせいで序盤は喧嘩ばかりで話が一向に進まないし、中盤以降は白人暴走族の頭悪い作戦にはめられて短絡バカの黒人暴走族に追われる主人公御一行のバイクチェイスがテンポ良く、そして隙間を埋めるドラマ部分がだらだらと続きます。アクションシーンをつなぐ為にストーリーは存在すると割り切ってる感じ。というか明らかに監督が何も考えてない(褒め言葉)。この映画の世界では高速でバイクをクラッシュさせてもライダーは無傷というルールがあるらしくやりたい放題。クレイジーなシーンの数々を「やればできるもんだ」で片付けるノーテンキっぷり。リアリティとか必然性なんて言葉は忘れて、馬鹿馬鹿しくもお約束の展開でいかにもなアメリカ映画を満喫するが吉です。結構オマージュが入ってるから娯楽映画通はそっちでも楽しめます。

 この無駄にパワフルな新人監督の映画を今後も観たいですが、次回作があるか心配です。なにしろアメリカでは歴史的大不評、日本でも試写が04年2月ながら公開は10月と遅れに遅れたうえに速攻打ち切り。DVDを05年2月にスピードリリースして必死の回収努力を伺わせたものの10月には廉価盤落ちとセールスは大失敗に終わった模様。予算が付くとは思えんわなぁ。

トルク トルク
マーティン・ヘンダーソン (2005/09/30)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

Ray

 昨年亡くなった「ソウルの父」レイ・チャールズの伝記映画。サングラスに満面の笑みでゆらゆらと仰け反りながらピアノを弾く「いとしのエリー」をカヴァーした黒人シンガーさんですね。マピールさんはソウル・ミュージックはあまり詳しくないんですが、劇中で流れる彼の楽曲の多くは既知でした。今ではスタンダードになってる曲ばかりって事ですね。
 この作品は主演のJ.フォックスが一人で支えているといっても過言じゃありません。レイにそっくりの渾身の演技に研究された盲人としての仕草、見事なピアノ演奏と歌いっぷりは脱帽もの。オスカーは納得です。

 レイのキャリアはまだ黒人差別が顕著な1948年に始まり、盲目のピアニストでありながら有り余る才能で瞬く間にスターダムにのし上がります。普通だと黒人差別や盲人というハンディキャップを苦難の末に乗り越える感動の物語になりそうな所ですが、その部分はあっさり目に流してしまい、偉大なミュージシャンのサクセス・ストーリーが普通に描かれます。だからこういった健全な要素での感動物語を期待してる人にはNGです。
 なにしろレイはロクデナシです。ショービズの世界にありがちですが、彼は筋金入りのジャンキーで女にだらしなく稼ぐことが最優先。ハンデなんかとっくに克服していて、杖無しでも一人で街を歩けるし、ギャラを誤魔化そうとしても騙されない。セクシーでモテモテでちゃんとイイ女を嗅ぎわけとっかえひっかえ。・・・嫌な奴ですね。おまけに黒人差別にも無頓着で「南部だから仕方ない」で済ましてる。それどころかゴスペルをポップ化して黒人社会からも爪弾きにあってるし。
 この映画はそんなレイの人間的弱さによる波乱の人生と溢れる音楽の才能を描いたものですが、ストーリーはありきたりで盛り上がりに欠けます(9割は実話だそうだから仕方ないけど)。それよりもブラック・ミュージックを楽しむ方がいいでしょう。即興で「What'd I Say」が生み出されるシーンなど演奏シーンがとにかく楽しいです。ただ、1960年代半ばまでの活動で映画が終わってしまい、その後のキャリアが端折られてしまうのは残念でした。グラミーを獲った曲が何曲もあるんだから演奏だけでもデザート替わりに流して欲しかったです。

Ray / レイ Ray / レイ
ジェイミー・フォックス (2005/11/25)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

ミリオンダラー・ベイビー

 ハングリーな女子ボクサーと名カットマンの老トレーナーの物語。「ロッキー」のようなスポ根映画ではなく、ボクシングの世界を題材にそこに生きる人々の悲愴な人生模様を綴るヒューマン・ドラマです。アカデミー賞って多分に政治力が影響する賞だと思ってるんであまり信用してないんですが、この作品は掛け値無しに凄かったです。演技もカメラも音楽(これもイーストウッド、このヒト多才過ぎ)も素晴らしい。

 劇場に観に行った時は「イーストウッドだから普通のサクセス・ストーリーの筈がない。」と思っていたにもかかわらず、想像以上のヘヴィ・パンチに見事KOされました。エンドロールが終わっても立ち上がれなかった。マピールさんは心が歪んでるので後味の悪い映画ってのが大好きなんだけど、流石にこの結末にはどうも釈然としないものが残りました。そんな訳で凄く好きな映画なんだけどなかなか見直す気になれなくて、DVDリリース直後に買ったのにずっと積んだままでした。前向きな気分じゃないときの観賞はお薦めできません。それにしても、この物議を醸したであろう内容でよくアカデミー作品賞を貰えたものです。

 ちょっと残念だったのは試合に関しては物凄く淡白に描かれてる事。ボクシング映画じゃないから盛り上げる必要はないと言われればそれまでですが。ヒロインが打たせずに打つボクサーファイタータイプで大半が秒殺のKO勝利なので、トレーナーの力で才能が開花したようには見えないんですよね。これがハードパンチャーだけど防御が下手なインファイターって設定なら、最初はトレーナーのカットマン能力に助けられながら、やがてディフェンス技術が磨かれて強くなっていくという二人三脚が見れるのにとか思ってしまうのは、やっぱり「ジョー」や「一歩」に毒されすぎてるのかな?

ミリオンダラー・ベイビー ミリオンダラー・ベイビー
クリント・イーストウッド (2005/10/28)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る

宇宙戦争

 ネット界隈ではオチにケチをつけてる人が多くて、そんなことは自明と思っていたマピールさんは「き、君達には教養レベルのSF知識が決定的に欠けてるんだーっ!」と唇をわなわなと震わせるのです。だって原作は100年以上前に書かれた超有名作品だし、オチがそのままだってことは冒頭のナレーション見りゃ判ることなんですよ?序盤にはご丁寧にも「棘が刺さっても身体が自然に押し出す」という結末の暗示もあるわけで。もうね、「お前ら忠臣蔵のオチにも文句つけるのか?」とか「人類だってアスベストとかBSEとかの問題に気付かなかったのに宇宙人馬鹿すぎとか言うなっ!」とか「現地の人間は平気でも日本人は腹を下すとかあるだろっ!」と管を巻くワケですよ。あとタイトルにも文句があるみたいだけど、H.G.ウェルズの「WAR OF THE WORLDS」の邦題は半世紀以上前から「宇宙戦争」で定着してるんだからこれも仕方ないのっ!

 ストーリーはオチも含め驚くほど原作に忠実で斬新なアイデアも無く一家がひたすら逃げるだけなので、スピルバーグはパニック映像を撮りたいだけでお話はどーでもいいってのがありあり。誰もが知ってる話を撮影技術だけでどこまで勝負できるか実験したのかも知れないけど。
 明らかに9.11テロを意識した演出でアメリカのキッズを恐怖のどん底に突き落とす凶悪な映像。害虫を駆除するかのように人を捕らえ灰にしていくマシーン。強烈な光と大音響。本当にこの映像は凄かったです。観てるこっちも一家と一緒に逃げてる気分で、映画というよりテーマパークのアトラクションに近かったです。もっとも、TVじゃあの臨場感は全く再現できないんで、映画館に足を運ばなかった人は残念でしたと言うしかないんですが。
 ただ、「激突!」をやって欲しかった僕としては後半の展開は不満。廃屋のエピソードは(原作にもあるとはいえ)長過ぎて退屈だし怖さが無い。特に宇宙人の姿を見せちゃったのが大きな減点(なんだよ、あのベギラマ一発でまとめて倒せそうなのは)。続くビグ・ザム破壊シーンも余計、特に1体目。あの方法で倒せるなら海兵隊が対抗できるもの。人類が何の抵抗もできず敵の正体もわからないまま絶望していく姿を描かないと、最後のオチが活きて来ないんですよ。

 結論として、DVDで観る意味は殆んど見出せなかったです。家族愛とかで感動したい人には向かないし、人類と宇宙人のドンパチを観たい人は欲求不満だし、パニック映画としては極力凄惨な描写を避けてるし(基本はキッズ向けなんでR指定喰らっちゃ元も子もないからね)。トータルバランスは「ジョーズ」や「ジュラシック・パーク」の方がいいです。大劇場で観たド迫力の映像はこれらを軽く超えてたのに・・・。

宇宙戦争 宇宙戦争
トム・クルーズ (2005/11/09)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。