「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命を分けたザイル

 アンデスのシウラ・グランデ峰の西壁初登攀に挑み、実際に起きた山岳事故を再現したドキュメンタリー・ドラマです。アタックした2人の英国人(と1人の留守番)の回想形式・・・つまり2人が生還する事があらかじめ判ってしまうスタイルを敢えて採っていますので、手に汗握る展開を期待する人には向きません。彼らは淡々と登り、やがてアクシデントを蒙り、そしてヘビーな体験の末に帰還します。それは世界的な偉業であり奇跡の生還なんですが、ハリウッド的な演出は一切無しで物凄く地味な映画です。肝心の生還方法なんて気力・体力・時の運が大半を占めるマッチョなもので、知恵や機転や男の友情といったファクターはあまり絡みません。

 感受性の強い人なら泣けるんでしょうが、マピールさんは心が歪んでるので あまり感動はしませんでした。彼らの行為は身も蓋も無い言い方をすれば『限りなく無謀なチャレンジを試みて、やっぱりミスって酷い目にあったけど命取りにならずラッキー』というものだと思います。だってベースキャンプに待機してたのは素人だし其処からはクライミングの様子を見守る事さえ出来ない。ベテランもいなけりゃ現地ガイドもいない。勿論救助も呼べない。いくら必要最低限の装備でアタックするアルパイン・スタイルといってもサポート体制が悪すぎです。下山ルートの選定にもミスってるし、本当に計画ギリギリの燃料しか持ってなくて水もロクに補給できなくなります。挙句に骨折という致命的アクシデントとパーティー分断、普通は2人揃って死にます。これで助かるなんて実話じゃなければ許容できませんよ。

 しかし、この作品はパーフェクトな山岳映画として高く評価できます。クライミング技術は本物で時代考証もしっかりしてますし、垂直の壁にへばり付く雪ひだや無数に口を開くクレバス群など美しくも過酷な山々の画も素晴らしいです。「どこにカメラ置いて撮ったんだよ!」っていう凄い映像も豊富です。寒くて空気の薄い六千メートル級の高地に重い機材を運び込んだスタッフに惜しみない拍手を贈ります。登場人物がむさい男3人だけ、主役の2人すら大部分のシーンで離れ離れという難しい設定でありながら上手く纏めたアイディアにも感心しました。
 そして、これは全く意外な事だったんですが、この映画はシニカル・コメディとして楽しめるのです。次々起こる困難な出来事に付く本人コメントが、いちいち如何にも英国人らしいブラックな本音トークなのでした。笑って軽口を叩くんじゃなくて、クソ真面目に「いっそ滑り落ちてくれてれば楽なのにと思った。」とか語るんですよ。留守番の人も「どっちか一人助かるなら奴の方がいいなと思った。」とか容赦のない事を言うし。他にも極限状況に頭の中でリフレインしたのが嫌いな曲だったりと、妙なおかしさがありました。『カルネアデスの板』そのものの体験をしながら、彼らは依然として友人で現在も登山を続けてる。それが判ってるからこそ笑えるんですが。さすがモンティ・パイソンの国。

運命を分けたザイル 運命を分けたザイル
ジョー・シンプソン (2005/08/26)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

カンフーハッスル

 面白いんだけどなんか中途半端ですねぇ。「少林サッカー」よりもバカバカしさはスケールダウン。アレに比べれば『ありえねーっ!』ってほどではありません。むしろ正統派のカンフー映画のパターンをそのまま踏襲してます。ベースはブルース・リー的ハード・バイオレンスでシリアスになりすぎると慌ててナンセンスなギャグが入る感じ。正直、エグくて笑いにくいですが。だからコメディ派よりもアクション派向けですかね。前半は小道具の使い方が素晴らしい古き良き本格カンフーを楽しめ、後半はCGだらけですが桁外れに現実離れした「ドラゴンボール」バトルを大真面目に実写化してます。

 常識を覆しバトルの大半が脇役同士のカンフー映画ってのが斬新です。気がつくと大活躍してるのは敵も味方もオッサン・オバハンというところが一番『ありえねーっ!』なのでした。確かに「聖闘士星矢」とかも主役が一番活躍しないですけど・・・。
 驚くほど影の薄い主人公。見せ場のないデブの相棒。えらく出番の少ないヒロイン。漫画みたいな映画なのにこの部分が全然漫画的じゃないです。あと、やたらと人が死ぬワリに生き返ってこないのも残念。ジャンプの漫画なら平然と復活してバトルに加わるのに。

カンフーハッスル コレクターズ・エディション カンフーハッスル コレクターズ・エディション
チャウ・シンチー (2005/07/16)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

あゝ! 一軒家プロレス

 AV会社ソフト・オン・デマンドが作った原案・テリー伊藤、企画・高橋がなりの自主制作映画です。ソニンの映画にしか見えないパッケージですが、ほとんど出ずっぱりで主役を務めているのは昨年急逝したプロレスラー橋本真也さんです。哀悼の意を込めて観賞しましたが、やはりダメ映画はダメ映画なのでした。

 頭の悪いシナリオや説明不足の手抜きな演出はこの際許容しましょう。中途半端に色々な要素を詰め込んで未消化に終わるのも見慣れた光景です。バカ映画をやるならもっと徹底的にベタでバカバカしくあるべきだとは思いますが、ストーリーは有って無い様な物なのでそれも我慢できます。でも肝心のアクションがプロレスしてないのは許しがたいです。キャストとタイトルを考えれば客層は自明でしょうに撮るべき映像が撮れてないです。プロレスってのはお互いの見せ場で客を盛り上げるものなのに、クライマックスを心得てないアクションの繋ぎの下手さ加減は犯罪的です。

 演技の方はまともな役者が佐野史郎だけという事を考えれば健闘してます。橋本の台詞はほとんど何言ってるのか分らないんですが、プロレスラーの役なのでリアルな演技といえなくもないです。悪役の空手家ニコラス・ペタスもサングラスを外すと善人顔なのが難ですが素人にしては上出来。そして、なによりソニンの無駄に真剣な格闘シーンが素晴らしいです。フィーチャーされてる割りに彼女のアクションはちょっとしかないんで物足りなさは否めませんが。

あゝ! 一軒家プロレス あゝ! 一軒家プロレス
ソニン (2005/06/24)
ソフト・オン・デマンド

この商品の詳細を見る

ハイドアンドシーク

 『「シックス・センス」を超える衝撃と大どんでん返しの連続が観る者を襲う!!』というコピーが貼り付いてるワケですが、御多分の例に漏れず勘違い・誇張・ハッタリの類です。マピールさんの感覚だと、『よくあるオチの落胆と一発ネタのどんでん返しが観る者を唖然とさせる!!』です。『背筋が凍るラスト15分』ってのもありますが、それがどのシーンを差すのかが素で解りません。前半1時間の方が面白いです。あとDVDでは看板をこっそり下ろしてるけど、劇場公開時には『超感動スリラー誕生!』ってフレーズを使ってました。もちろん感動する場面は一つもありません。
 配給会社は根本的に間違ってます。この映画はどんでん返しの存在を隠し通すのは当然で、更にオカルトと勘違いさせておかなきゃマズイ種類の映画です。サスペンスだとジャンルがバレた時点でチェックメイトなんですよ。それを前面に押し出してどうするのか。

 尤も、宣伝に足を引っ張られた事を酌量しても、脚本が穴だらけで破綻してる事実は埋めようがありません。その所為で必死にミスリードしようとしてるけど全然容疑者が増えないです。しかもミスリードのためだけのシーンばかりなので話が薄っぺらい。上手い脚本だとこういう所で父娘の内面描写したり別の意味を込めたりしてあるわけですが。
 エンディングが本編2ヴァージョンと特典で3ヴァージョンあったりしますが、特に興味深いアイデアはないです。特典の3本はアウトテイク以外の何者でもないし、個人的にはアナザー・エンドの方がダークで好みですが正規の2本ともこの種の映画の締めとしてはパンチが弱い。

 ってなワケで、本当に在り来りでツマラナイ映画なんですが、困った事にデ・ニーロ&ダコタ嬢の演技派タッグの芝居のクオリティはかなり高いです。
 しかし、デ・ニーロさんは相変わらず仕事を選ばないですね。特に近年、こんな役アンタがやらんでもっていう仕事が増してる気がします。今回は還暦を越えてなお9歳児のパパ役。さすがデ・ニーロ、“主役殺し”のダコタちゃんに喰われることなく見事に競演してまして、それこそがこのキャスティングの唯一の理由だと思われます。
 そして今回も「ダコタ・・・恐ろしい子!」な存在感の天才子役は、可愛かったり怖かったり変幻自在で圧倒されます。それにしても絶叫クイーンな殺伐とした仕事ばかり。マピールさんは「ペーパームーン」みたいのをこの娘に演らせて欲しいと常々願ってるんですが・・・。

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ
ロバート・デ・ニーロ (2006/01/07)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。