「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本沈没

 いやぁ、さすがは2006映画秘宝識者&読者トホホ2冠達成作品です。つまらない恋愛映画への改悪を覚悟してたのですが、予想を遙かに超えた大物でしたね。特撮は惚れ惚れなのですが恋愛ものにもパニックものにもヒューマンドラマにもなってないです。大衆向け娯楽作品でありながら意図がサッパリ理解できない謎演出の数々に唖然。誰が『さよならジュピター』をリメイクしろと・・・。

 恐らく映画会社の偉い人が望んだのは船を国に置き換えた『タイタニック』だったのでしょう。しかし、残念ながら現時点での樋口真嗣監督は特撮と漫画的ハッタリだけの人と言わざるをえません。キャスティングから察するに監督の意思じゃないであろうラブ・ストーリー展開は荷が重すぎでした。
 ただ、問題はそれよりも「全体に逃げ腰」、これに尽きます。恋愛描写が及び腰なのは監督の資質の問題として、草剛が冒頭を除き全く被災しないのも、柴咲コウがハイパーレスキュー隊員に設定されながらそのスキルを生かす描写が殆んどないのも大人の事情。阿鼻叫喚の破壊描写を避け、被災者の悲壮を克明に描かず、死者を数字で済ますのは各方面への配慮なのでしょう。でも血生臭く理不尽な部分をオブラートで包んじゃったらディザスター映画として成り立ちませんよ。
 加えてシミュレーション要素があまりにも非現実的。日本沈没という大法螺がメインにある以上、他の部分はリアリティ重視でいかないとダメなのに政府対応も各国の動向も滅茶苦茶です。著しく想像力が乏しいし政治風刺にもなってません。挙句の果てに架空の爆弾とかもってきて世界観をぶち壊すセンスには絶句。

 脚本的には中途半端に色々持ち込んで収拾がつかないという日本の若手監督にありがちなパターンを踏襲。主役カップルの恋愛に、豊川悦司のプロジェクトX、大地真央以下官邸の皆さんの政治劇に、福田麻由子ご一行の被災者描写。ものの見事に主題が不明です。別に原作に拘りはないのでオリジナル要素どんと来いなのですが、そこは上手く絡み合わせてくれないと。福田麻由子のパートとか丸ごとカットしても成り立ちますからね。
 しかし、作り手が混迷しきっている演出の数々に比べればストーリーや台詞や演技がヘボな事など大した事じゃありません。この手の映画は科学者が言い切った理論は正しいとみなすのがルールなのでそこは許すけど、北海道が割れた後にのほほんと函館民が過ごしてたり、草君が潜る深海の途上に何故か街が沈んでたり、ディティールが無闇にアバウト。神出鬼没の草ワープとか、不自然な流れのママゴト恋愛描写とか、見捨てる一方で打開策に協力的な各国とか、変な演出は枚挙に暇がありません。
 特に納得できないのはクライマックスの演出。CMでも使われてた「奇跡は起きますッ! 起こしてみせますッ!!」 は樋口監督が絵コンテ切ってる『トップをねらえ!』の名台詞ですよ。あの燃え展開を知りながらなんであんなに女々しくなるのか。「私が死んでも代わりは・・・」の髭に加え「たかが石ころ1つ・・・」の禿の御大までカメオ出演させてるんだから、広げた風呂敷を力技で収束させる術を教わるべきです。ロマンが足りないのですよ、ロマンがっ!

日本沈没 スタンダード・エディション 日本沈没 スタンダード・エディション
草ナギ剛、柴咲コウ 他 (2007/01/19)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

ピンクパンサー

 滅茶苦茶な捜査でトラブルを巻き起こすクルーゾー警部が活躍する『ピンク・パンサー』シリーズのリメイク。ラジー賞ワーストリメイク作品ノミネートという事で地雷を覚悟してたのですが、なかなかどうして愉しめました。ピーター・セラーズのファンは拒否反応が強いんですかね。ちゃんとリスペクトされた演技だと思うんですが。
 リメイクといってもストーリーは完全新作で、描かれるのはクルーゾー警部昇進後最初の事件。今回は不意打ちを狙う変な召使いケイトーは出てこないし、あの有名なピンクの豹の出番もオープニング・アニメのみですが、ドリフの泥棒コントでお馴染みヘンリー・マンシーニ作のテーマ曲は健在で雰囲気はキープ。良く言えばエスプリの効いたフランス風で、悪く言えば古臭くベタなコントですが、ピンクパンサーに求められるファミリー・コメディとしての水準は外してません。

 とにかく驚かされるのがキャストが無駄に豪華という事。因縁の上司ドレフュス警視を“オスカー俳優”ケヴィン・クライン、相棒の刑事に“人気フレンチ俳優”ジャン・レノを起用。、事件の容疑者には“グラミー賞歌手”ビヨンセ・ノウルズ。“英国の誇るカッコイイ禿”ジェイソン・ステイサムと“第六代ボンドと噂された”クライヴ・オーウェンの主演級二人まで登場。そして主演のスティーブ・マーティンは米喜劇界の超大物。まあ、この人はよく知らないんですけど。

 序盤のスロー展開でちょっと不安になるのですが、ジャン・レノが加わりバディ・ムービーになると俄然テンポがよくなります。何を考えてるのかわからないピーター・セラーズのクルーゾー像とちょっと違い、スティーブ・マーティンはそれなりに頭を使うモダンで憎めない馬鹿を演じており、それがジャン・レノの生真面目な雰囲気と相乗効果を発揮しております。終盤のしょんぼりクルーゾーとの友情とか全身タイツのダンスも素敵。
 抱腹絶倒とはいかないんですが始終ニヤニヤして観てられます。同じパターンのネタを繰り返して段々と笑わせるタイプですね。ビヨンセはしっかり歌も披露し、彼女も含め女優陣は大胆な胸元で楽しませつつ、あくまで品の良い艶っぽさで攻めます。

 問題は言語ネタが多い事。どうやらクルーゾーは常に怪しいフランス英語を喋ってる様なんですがネイティヴじゃないからよくわかりません。んで、かなりしつこく「H」が発音できないフランス人ネタをやります。吹替だとこの訛りが上手く表現できてなくて必要以上に馬鹿っぽいし、逆に字幕だと本気で発音できないってのは伝わるけど訳に面白みがないのでもっと超訳して欲しかったですね。コメディなので基本的には吹替版推奨なのですが。
 あと、オリジナルよりドタバタが強化された事でコンセプト的にレスリー・ニールセンの『裸の銃を持つ男』シリーズにモロ被りになったことがマイナス。あれと比べるとパワー不足は否めないし奇抜さでもギャグの量でも完敗です。既に続編製作が決まっているようですがその辺が課題でしょうね。

ピンクパンサー コレクターズ・エディション ピンクパンサー コレクターズ・エディション
スティーブ・マーティン、ケヴィン・クライン 他 (2006/09/27)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

硫黄島からの手紙

 イーストウッド監督、硫黄島二部作の日本編。『父親たちの星条旗』でも言ったとおり単独で成立しているものの後編的意味合いも強い作品です。『父親・・・』は変化球でしたがコッチはストレートな戦争映画になっている・・・ように見えて実はヒューマン・ドラマです。米軍の予想を覆し持久抵抗を続けた日本軍の知略も、地下陣地建設での過酷な労働と硫黄ガスや地熱との闘いも、激しく消耗し飢えと渇きに苦しむ兵士たちもここでは強調されません。英雄的行為の描写を明確に排除しており、合理的な帝国陸軍将官の足を引っ張るバカ海軍士官というちょっと新鮮な構図で様々な日本兵を克明に描いていきます。『プライベート・ライアン』みたいな壮絶な戦闘シーンを期待してる人は用なし。でも、戦争の問題を冷静に訴えつつ英霊達に感謝の念を抱かせる映画であります。

 時系列を簡単にレクチャーしておくと、栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に入ったのが1944年6月で米軍上陸開始は翌年2月19日ですんで訓練と地下要塞化の時間はそれなりにあったようです。また、中村獅童をウロチョロさせるなど意図的に短期決戦に見せてますが、摺鉢山陥落が23日、旅団長一派の突撃が3月8日、西中佐(伊原剛志)の玉砕は17日、最後の反攻は25日頃となります。
 『父親・・・』とは違い、色々なエピソードを架空の人物達に割り当てたり不明なはずの栗林中将の最期を創作したりと、あまりディティールに拘ってない模様。汚れ役の将校の実名も避けています。例えば実質主役の架空の兵卒・西郷(二宮和也)が首を刎ねられそうになるシーンですが、『父親・・・』の原作『硫黄島の星条旗』に撤退した陸軍中尉を司令海軍大佐が斬首しようとした話があります。また、交戦可能な段階での集団自決は不自然に思えますが、同書には自爆死体を大量に発見した証言があり「小隊を全滅させる数がいながら国旗掲揚を阻止しなかったのは謎」としています。

 考えさせるラストを得意とするイーストウッド監督にしては説明過多で、命が軽く狂気に満ちた日本人の蛮行や不気味な天皇陛下万歳をイスラム狂信者の自爆テロと重ね合わせつつ、家族を想う気持ちは変わらないという所までハッキリ示してるのがちょっと不満。そこまで言わなきゃわかってくれないって事なんだろうけど。だから特別に優れた映画とは感じませんが日本映画界が束になってもかなわない水準ではあります。日本映画だと極端な「不戦の誓い」に帰結するか「自己犠牲」のロマンに酔ってバランスを欠くところを綺麗に纏めたのは、家族を守るために銃をとり生還こそ是とするアメリカ人らしいと思いました。それにしても、「いつの日か諸君らの勲功を讃え・・・」って台詞をかつての敵国の映画で言われちゃうのは辛いですねぇ。

 最後にキャストですが、二宮和也は見た目が若過ぎるのが気になったけど、実年齢(23歳)を考えれば無茶とはいえないんですかね。あれ、20代後半ぐらいの役みたいだし。いつも不満顔で帝国軍人っぽくないのは演出だろうから否定しません。しかし、その嫁に36歳の裕木奈江ってどうなのか。そして役柄的には二宮より若輩っぽい元憲兵に32歳の加瀬亮。彼も若作りな役者ですが流石に無理がある気がしました。でも渡辺謙以外は全員オーディションだそうだから、アメリカンの目にはマッチして映ってるんでしょうか。あと、殆んどが在米日本人キャストだそうですけど、ハリウッドで日本人俳優不足というのが本当なら、あの人たち、みんな英語が苦手だとか?

硫黄島からの手紙 期間限定版 硫黄島からの手紙 期間限定版
渡辺謙 (2007/04/20)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

父親たちの星条旗

 それぞれ単独の観賞に耐えるクオリティがあるイーストウッド監督の硫黄島二部作は日米双方の視点から描いた対の映画と宣伝されてますが、実は本作がジャブの連打で次作がフィニッシュ・ブローと考えられます。この二部作は露骨にイラク戦争批判でありメイン・ターゲットはあくまでも大義に熱狂した米国民(と、それを支持した国々)です。本作は「我々がやっているのはこういう事だ!」という強いメッセージであり、この後の『硫黄島からの手紙』で「そして、敵はこんな奴ら!」と畳み掛けてくるわけで、観賞の順番を逆にしちゃうとその辺がぼやけてしまうので注意。
 マピールさんは原作を読んでいたので気になりませんでしたが、色々な要因で混乱を生んでるようです。あと、戦争モノだと思ってたら大半がアメリカ本土が舞台で肩透かしされたって人も多い。だから、ちょっと解説。

 先ず理解して欲しいのは、この映画では硫黄島戦勝利に沸く中で行われた戦時国債販促キャンペーンツアーの模様を主に扱ってるって事。そこで資金集めの客寄せパンダにされたのが有名な星条旗掲揚写真の当事者、ジョン(ドク)、アイラ、レイニーの3人です。戦場シーンでは若き兵士達が続々出てきて区別がつきにくいのですが、この3人さえトレースできてれば問題ありません。断片的に戦闘の様子が描かれるだけで殆んどドラマはありませんから人物把握できなくても支障はないのです。前線は大変だって事だけわかればOK。
 そして、原作者が父親達の足跡を追う取材形式でありながら、国債ツアーの回想に登場する人物達が更に硫黄島戦をめまぐるしく回想するややこしい構成なので、史実を理解してないと時間軸が飛び交い難儀します。時系列を整理しておくと、硫黄島戦は終戦間近の1945年2月中旬からで、上陸5日目に星条旗を掲揚するも戦闘は両軍に大被害を出しつつ3月末まで続いています。3人が本国に呼び戻されるのは4月中旬で、国債ツアーは5月初旬から始まって終戦まで続きます。で、このツアーの裏で彼らの所属部隊は沖縄に転戦、熾烈な上陸作戦を継続中です。
 加えて混乱に拍車をかけるのが、国家が作り出し使い捨てる「英雄」たち三者三様の生涯が脚本家が欲張ったわけではないのに端からは詰め込みすぎに映る事です。特に戦争体験で酒に溺れるようになったネイティヴ・アメリカンなんて劇的過ぎですが、これは紛れもない事実です。描きたいのは前線と後方の意識差とプロパガンダの問題だと思うのですが、変えたり削ったり出来ないのが悩ましいです。

 そんなこんなで、実はこの映画では硫黄島で米軍がどんな作戦を採ってどんな苦難を乗り越えて勝利に導いたかは全く描かれません。スクリーンに映るのはまるで負け戦のような光景です。原作には存在する戦死した米兵達の英雄的行為は殆んどカットされ日本兵の残虐行為の直接描写もありません。件の星条旗を掲げた6人(+間違えられた1人)も特に活躍しないし、死ぬ者は見せ場も無くあっさり往きます。しかも、味方の誤射でやられる者までいる始末。まあ、全部事実なんですが。容赦ない描写でいかにもスピルバーグ的な殺戮現場に漂うイーストウッド流の無常観に息を呑みます。
 一方、3人の生き残りが借り出される国債パートは、まだ戦争継続中でありながら悪趣味なお祭り騒ぎが目白押し。実は戦果のない3人の「英雄」たちは精神的に孤立していきます。全米に戦勝気分を振り撒いた運命の写真は実は旗を取り替えた作業風景に過ぎませんし、国旗掲揚後も血みどろの死闘は続き多くの犠牲を強いられてます。彼らは「硫黄島の本当のヒーローは帰って来なかった男達」だと主張しますが、報道は事実を誤解あるいは歪曲し、国民はそれに熱狂し、国家はそれを広告塔として軍資金を捻り出して行く。このギャップが見事です。

 それにしても、国債ツアーのゴージャスなイベントの数々と硫黄島に展開される大量の米艦船群を見てしまうと、日本の国力との絶望的な差がよくわかります。東京大空襲も原爆投下も硫黄島制圧で可能になったわけで、あの星条旗写真が存在しなくても事実上ここで「詰み」だったとは思いますが、こっちが鉄も油も底をつき餓死者が続出する中で前線も銃後も一体で総力戦をしてたっていうのに、向こうは余力たっぷりなのに国債が売れないと戦争が継続できないとか言ってるんだから呆れますよ。アメリカで戦争をしてるのは今も昔も一部の人たちだけでその他は常に無責任なギャラリーなんですよね。そして今では日本人もそれと同じ立ち位置でサダム・フセインの像が倒れるのを眺めて勝利と勘違いして浮かれたり、時期尚早な復興支援を行なったり。色々とズーンと来ましたね。『硫黄島からの手紙』よりコッチのが堪えました。

父親たちの星条旗 期間限定版 父親たちの星条旗 期間限定版
ライアン・フィリップ (2007/05/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。