「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホステル

 ナンパ目的でヨーロッパを旅するスケベ三人組は「凄い積極的な美女ばかりで、外国人、特にアメリカ人はモテモテ」というスロバキアの片田舎の“ただで抱き放題の女達の街”を目指します。目的のホステルに着いた一行は相部屋のロシア系ギャルと早速お風呂で裸のお付き合い。「凄いぞ、ラピュタは本当にあったんだ!」ってな旨い話にはやっぱり裏があり、スラッシャー映画の定番としてやがて迎える真っ逆さま地獄逝きの運命。
 マピールさん、基本的にスプラッターは苦手です。『SAW』は現在はともかく最初は心理サスペンスだったから観ただけで。本作も本当は予告だけでげっそり。しかし、映画秘宝等での高評価に後押しされ頑張って観賞です。なるほど、残虐なだけの映画では終わない面白さがありますな。やっぱ、ダメージでかいけど。2作目はどうしよう。

 前半部は素人童貞風アメリカ人コンビ&アイスランド産・夜の帝王の下半身ビンビン珍道中。ドラッグとオッパイが一杯の夢の東欧幻想が描かれるわけですが、その先に訪れる残酷な展開を思うとエロスを堪能するゆとりなんかありませんでした。もっとも、ホラーにシフトするまではダラダラと長く、オアズケくらった犬状態で見えない敵に怯えていただけなのですが。観光トーンでアムステルダムの娼館やスロバキアの美しい町並みが映し出され「本当にホラー映画なのか?」と思わされますが、東欧のミステリアスな雰囲気や伏線が後々きちんと利いてきます。エッチシーンの殆んどがされるがままのマグロ男ばかりなのも後半の暗喩ですね。
 後半は人体破壊ショー。人がたくさん死にます。血まみれです。でも、ストーリーはかなり怖いのに描写が行き過ぎで笑うしかないというB級ホラーの伝統に救われました。そもそも直接描写は驚くほど少なめ。想像力が高い人には堪えるだろうけど、マピールさんはそっちの能力殆んどないから結構大丈夫でした。この作品、サディスティックな描写よりも、色々とトリッキーな演出を凝らして焦らしたりすかしたりと予想外しの妙を愉しむ変化球映画だと思います。

 この作品のヤバイところは、「よせっ!やめろっ!!」っていうポジションから「行けっ!殺れっ!!」にスムーズに入れ替わっちゃう感情移入度の高さでして、終盤のご都合主義の連発をあっさりと赦せてしまうほど。完全に脚本の勝利。
 もう一丁ヤバイのはスロバキア人が揃って悪役になってること。子供たちが特に恐ろしいです。いくらフィクションを謳ったってスロバキア方面への旅行者は確実に減ると思いますよ。特にろくに外国語も喋れない日本人ギャルは絶対近寄らない。

ホステル コレクターズ・エディション 無修正版ホステル コレクターズ・エディション 無修正版
(2007/03/16)
ジェイ・ヘルナンデス、デレク・リチャードソン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トップをねらえ!&トップをねらえ2!合体劇場版!!

 20年近く前のオリジナルはOVAの金字塔ではありますが、最近作られた続編は特にブレイクした気配も無いわけで、「なんで劇場版?」というのが正直な気持ち。公開されてた事に気付かないほど上演館が少なかったようですし、それぞれ30分6話とコンパクトなシリーズなので90分程度にまとめる必然性も薄いですし。まあ、『トップをねらえ2!』は未見だし1作目もまとめ方に興味があったので観ておこうかなと。

 まず『トップ』の方。最初に驚いたのが主題歌がオリジナルのまんまだった事です。普通、曲ぐらいは変えてキャンペーンするところを敢えて酒井法子そのまま、ほのぼのテイストのオープニングもそのまま。これは手抜きともとれるけど余計なことはしない姿勢と前向きに解釈しときます。
 で、再編集の方は1~4話で40分、5話25分、6話はたぶんノーカットで30分という配分。評価の高い4話後半以降を殆んど網羅する納得の構成です。学生時代のカシワラさんは全く出番がないので後で「誰?」って状態になるしユングのファンにとってもかなり辛い編集なんですが、シリアスなハードSF部分を抜き出す狙いなので妥当じゃないかと。残念なのは「こぼれた水はまた汲めばいい!」が無かったぐらい。高い演出力が光る終盤の怒涛の展開は健在でOVA未見のヤングにもインパクトは充分でしょう。ただ、ウラシマ効果をはじめ高度なSF知識を要求されわかりにくいのも事実で、あくまでもOVA版がお薦めですが。
 新作カットは無いけれど作画は現在でも鑑賞に耐え得るクオリティだと思います。どうするのかと思ってたちょっと特殊な6話ですが、スタンダードから急にシネスコサイズに切り替わるオリジナルを踏襲。勿論モノクロのままです。音声は新録らしくコーチの節回しにやたら抑揚がついてる。ノリコ絶叫は問題なし。ガンバスターの合体変形にもガシガシ効果音がついてる気がするけどこの辺は記憶があやふや。

 そして『トップ2』。いきなり幕間5分カウントダウンに度肝を抜かれ「DVDに必要なのか、これ?」と思いつつ本編へ。
 序盤は率直に言って引きました。作品のテイストが随分違ってて今風のスタイリッシュでよく動くアニメについてくのがキツイことキツイこと。アンドロイドと超能力者なんて前作に全く無かった要素がメイン張ってて、それもSFには違いないけど「燃え」と「泣かせ」の熱血ロボットアニメの続編がなんでそうなるの?・・・と、思ってたら後半の前作と関連させるアイデアがなかなかで、最後は「ああ、そう終わるのか。こいつはやられた。」という感じでしみじみ。映画が単品じゃダメな理由が解りました。ファンサービスとかじゃなく、完全に相乗効果狙いの作品なんですね。
 「努力と根性」といいつつ実態は「気合と思い込み」だったり、科学考証しつつ何でもありありだったり、スケールがでかいようでいて個人の思春期物語だったり、彼方此方に前作のオマージュとアンチテーゼが散りばめられていて楽しいです。OVA版から端折られた部分に他の超能力者たちのドラマがそれなりにあった気配ですがそんなのどーでもいい。必要充分な編集です。惜しむらくは満を持して登場したダイバスターの見せ場が非常に少ないことですか。副題になってるのに。

トップをねらえ2! &トップをねらえ! 合体劇場版BOX (初回限定生産)トップをねらえ2! &トップをねらえ! 合体劇場版BOX (初回限定生産)
(2007/01/26)
福井裕佳梨、坂本真綾 他

商品詳細を見る

スネーク・フライト

 マピールさん、動物パニックもの、特に昆虫と爬虫類がワラワラ出る奴は大の苦手なのでここまで観賞を避けてましたがこれは完全に失敗。いやー、最高に面白かった!もう、究極のB級ローラーコースター・ムービー。「太平洋上、空港まで後2時間、旅客機は毒蛇だらけ」という笑えない状況でありながら始終笑いっぱなしのバカ映画。程好い阿呆らしさが実に痛快でした。

 とにかく、小学生が考案したような有り得なさ加減のプロット、生き残り組・やられ役・泣かせ要員が殆んど想像付くわかりやすい登場人物紹介、ピンチの連続のテンションを適度に緩めるオバカなシーンの按配、お約束と予想外の配分の絶妙なさじ加減、と「面白いB級映画はこうやって作るんだ」というお手本みたいな作品です。惨劇の幕開けはエロいバカップルからという定石を外さないあたり実にわかってらっしゃる。大事件だったことをスコーンと忘れさせるラストの脳天気さも素晴らしいです。
 当然、ツッコミ所も豊富ですが単純な疑問はそれなりに劇中で説明されてるのが丁寧。「こんな特殊な暗殺やったら簡単に足が付くんじゃね?」という事まで答えてくれてて笑いました。それでいて「なんで蛇?」という根本的な疑問には一切答えないあたりがグッド。

 全然気付いてなかったんですが、監督は『デッドコースター』『セルラー』のデヴィッド・リチャード・エリスなんですね。言われてみれば納得。この人は丁々発止のやりとりをテンポよく描くのが本当に巧い。個々のイベントはほぼ直球のみなのにコースと緩急でグイグイと押さえ込む豪腕投手ぶりが見事です。
 そして主演は最強のジェダイ・マスターとして御馴染みサミュエル・L・ジャクソン。明らかにこの映画には場違いな大物ですが本人は実に楽しそうに演じております。紫のライトセーバーをスタンガンに持ち替えて蛇たちを薙ぎ払うみんなのヒーローですが、よく考えると大量の犠牲はチャーター機を使わなかったコイツのせいです。着実に犠牲者を増やしつつ責任は一切感じてない描写がクール。クライマックスのブチ切れ台詞「このマザーファッキンな飛行機からマザーファッキンな蛇どもを追い出してやる!!」が最高です。このFBI捜査官のバカ映画、シリーズ化希望。

スネーク・フライトスネーク・フライト
(2007/04/20)
サミュエル・L.ジャクソン、ジュリアナ・マーグリーズ 他

商品詳細を見る

16ブロック

 この映画ははっきり言って地味です。『リーサルウェポン』のリチャード・ドナー監督と『ダイハード』のブルース・ウィリスのコンビなのに。アクションよりも男達の人生を楽しむ渋い渋いドラマ。ロマンスは一切なし。ガキや女性客なんて全く期待してない親爺向け作品です。

 無口でアウトサイダーの冴えない白人刑事とお喋りでお調子者のウザい黒人犯罪者に生まれる友情という典型的なバディ・ムービーで、目的は証人の移送、敵は汚職警官と、これまたありがちな設定。ただ、移動距離は16ブロック=約1.6kmと異様に短いです。この歩いても30分強のNYチャイナ・タウンでスリリングに描かれる逃亡劇。リアルタイムでタイムリミットまでの2時間をやるのかと思わせておいて110分で映画が終わる省エネ設計が心憎い。何処に逃げても何故かあっさりと発見されるし、バス・ジャック以降の強引展開とか追跡アクションはご都合主義全開なんですが追手側がマヌケ過ぎないので全く許容範囲です。スケールの小さな舞台に主演以外は小粒の役者でありながら、魅力的な人物描写と途切れない緊張感でなかなかの快作に仕上がってます。『タイムライン』と同じ監督の仕事とは思えません。

 DVDにはアナザー・エンドが収録されてまして、そっちも悪くない出来なんですが、「人間は変われる」というテーマとのマッチングと、オチから間髪入れずに流れるバリー・ホワイトとの合わせ技で劇場版のエンディングに軍配を上げたいです。あの太くて低い歌声がくたびれた中年男の琴線に触れたのか、なんだか無闇に感動してしまいました。終わり良ければ全て良し、そんな映画です。

16ブロック16ブロック
(2007/02/02)
ブルース・ウィリス、モス・デフ 他

商品詳細を見る

UDON

 本広克行監督のうどんへの愛が闇雲に炸裂した豪華全部乗せ讃岐うどん映画。うどんをテーマに映画を作るという意気込みは買いますが、とにかく取捨選択が下手すぎて無駄に長大なのがいただけません。トッピングしすぎでうどんが台無し。何を目指しているのかよくわかりませんでした。
 でも、退屈かと言うとそうでもないです。不細工なエピソードの羅列は褒められたもんじゃないですが、各々の素材はそれなりに面白いです。前半はディープな讃岐うどん紀行で麺通団が一山当てる顛末をいかにもテレビ的な演出で再現したコメディドラマですが、後半は何故か『タンポポ』的展開からうどん版『フィールド・オブ・ドリームス』に落ち着くというベタな人情モノ。正直、この後半の盛り返しが無かったらかなりキツイ空回りコメディでした。頑固親父・木場勝己の獅子奮迅の熱演に感謝、感謝。

 主人公が苦労なくそれなりの成功を手にするため成長が伝わらないとか、殆んどの登場人物の行動原理が単純すぎるとか、アメリカ・シーンも山中シーンも不要な冒頭部とか、蛇足的エンドロールとか、DVD特典で充分なキャプテンUDONの劇中劇とか、苦言を吐き出したら枚挙に暇がないです。あと、細かい事では『サマータイムマシン・ブルース』の3バカがサブキャラとして何度も出てくるのにカメオ出演程度の無意味な役割で、元ネタを知らない人に混乱を生んでるだけなのが気になりました。しかし、そんな事はどーでもよくて「讃岐うどんが食べたくなる」という点をクリアしている時点でこの物語は正しいのでしょう。映画としては成り立っていなくても。

 前半部分の原作は『恐るべきさぬきうどん』なのですが、現実には映画のように短期間でブームが来たわけではなく、コラム連載開始が89年、じわじわと県外にも認知されていく切欠となる単行本1巻の発行が93年です。マピールさんは村上春樹の『辺境・近況』を読んだ98年頃にそのディープな存在を知り、当時は隣県・徳島に住んでたので巡礼にトライしましたが、まだ映画のようなフィーバーには至ってなかったと記憶してます。
 いつ頃からうどんブームが全国規模になったかは知りませんが、ブームの終焉は首都圏にセルフうどんの出店ラッシュが始まる02年頃だと考えていいでしょう。疑似体験で満足しちゃった人が多かったんでしょうね。ただ、ファストフードとして定着した讃岐風うどんとは麺や味だけじゃなく色々違うんですよ。香川のセルフうどんは客商売という概念から揺るがすカルチャーショックですから。本当に根本的に異なるものですよ、香川におけるうどんの位置づけは。この映画じゃ残念ながらその氷山の一角しか伝わってこない。やはり、こればっかりは現地で体感しないとダメですよ。

UDON スタンダード・エディションUDON スタンダード・エディション
(2007/03/07)
ユースケ・サンタマリア、小西真奈美 他

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。