「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デス・プルーフINグラインドハウス

 三番館2本立て興行のパロディ映画の後編はクエンティン・タランティーノ監督のB級カーアクション&バイオレンス。『プラネット・テラー』を観てからこの映画を観ると、本当は後半なのに先に公開した関係者がなーんもわかっとらん事が明々白々であります。病院のシーンに向こうのキャラが登場するお遊びの他、張り詰めっ放しの1本目で疲れた客に追い討ちで“シャベリタランティーノ”丸出しのガールズ・トークを延々と続け、テンションを目一杯落としておいて一気にトップギアという狙いも台無し。これ、単独で気力充実状態で観てしまうとダベリが退屈極まりないだけなので要注意です。一杯引っかけての観賞がベター。勿論、女性観客の事など微塵も考慮してませんのでそのつもりで。

 コイツは70年代の低予算アメリカ映画がいかに素晴らしかったかを明示する完成度の高いB級映画であります。まったく、イカれてます。本筋とはなんら関係の無い与太話を繰り広げるミニスカやホットパンツのビッチ達の腿や尻を、ひたすら執拗にローアングルで追い回すのみで本編の5割を占めるという変態ぶりが凄まじいです。酒場で流れるソウルの選曲は渋いですが今時の若い娘と完全にミスマッチで苦笑。フィルム傷などのエフェクトに妙に明るい照明と毒々しい色調で見事に古臭いフェイク70'sに仕立て上げつつチャカチャカ娘どもが普通に携帯電話使いやがるのも笑えました。間延びからご都合主義の急展開もまさに当時のアクション映画のテイスト。完全に「知っている世代」で更に「偏った人」向けの作品です。面白いのは『プラネット・テラー』だけど好みなのはこっちの方ですね。あの頃、テレビ東京の土曜の昼の映画を腐るほど観てたティーンとしては、こういうのが観たかったと心底思います。バカ映画バンザイ!
 ただ、終盤だけは一般の人にもお薦めできる愉快・痛快の歴史的カーチェイスなので必見。何でこんなにテンションが上がるのか不思議なほどの高揚感。的確なカット割と命がけのスタントが醸し出す恍惚の疾走感。クルマの壊れ方も素晴らしかったです。そして完璧なチェイスを演出しながらも、同じところを何度も走っている様にしか見えないB級魂に脱帽。ラストの「何コレ?」感も最高にバカっぽくて素敵。流れる曲も最高。

 キャストにはいかにもB級っぽい雰囲気を漂わせた女優陣が揃ってますが、後半4人組の顔ぶれは『RENT/レント』のダンサー&レズビアンの二人に『ダイ・ハード4.0』のブルース・ウィリスの娘と実はかなり豪華。唯一見覚えの無いゾーイ・ベルは『キル・ビル』でユマ・サーマンのスタントを演じていたそうで、Tシャツ一枚でやるなんて論外の「姐ちゃん凄ぇな!」と言うしかない身のこなしを披露。腕っ節にも拍手喝采。ロザリオ・ドーソンのムチムチかかと落しも見事でした。
 そして、最高なのはよくぞこの仕事を請けたカート・ラッセル。仕事の無くなったスタント野郎の悲しみ、若い娘に相手にされなくなった中年男の怒り、そして異常者の笑顔から無様で情けない泣き顔までヴァラエティたっぷり。劇中のラップ・ダンスのくだりで「アレがキュートでセクシー?」みたいな事いわれてるオジサンですが、ラストは本当にキュート。いやはや、この人に今更キュートという言葉を使おうとは思いもよらなかったですよ。

デス・プルーフ プレミアム・エディションデス・プルーフ プレミアム・エディション
(2008/02/22)
ヴァネッサ・フェルリトローズ・マッゴーワン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

プラネット・テラー in グラインドハウス

 B級映画オタクコンビが贈るオムニバス・ゲテモノ映画『グラインドハウス』の前半戦に相当するロバート・ロドリゲス監督担当のアクション・ホラー。80年代イタリアン・ゾンビの流れを汲んでおり、つまり、内臓ドバドバ・スプラッターであります。ただし、怖い映画ではなくブラックな笑いを追求した作品であり、グロ耐性がある人にとっては単純明快で呆れるほどバカバカしい極上のエンターテイメントなのでした。

 本作は場末の映画館が中古の映画を2本立て、3本立てで上映していた時代のシミュレートで、本来は後ろにタランティーノ監督の『デス・プルーフ』が付いて一本の映画です。一本の映画なのに製作サイドが二本分の金を要求したとか、3時間超の作品を興行サイドが嫌ったとか色々理由があるようですが、日本では基本的にディレクターズカット版を分割上映って事になってしまい、「だったらDVDでいいや。」と思ったのが運の尽き。映画館、それも出来るだけチープな所で観るべき作品ですな、こりゃ。入替制というシステムがあまりなかった時代に堅いシートに腰掛けループで映画を見続けた若き日の記憶が甦りました。

 内容は、謎のウィルスでゾンビ化した連中が街の人々を食いちぎり、片脚マシンガンヒロインやら素性のわからないスーパーな男やらが逃げまどう群衆を率いて犠牲を出しつつも反撃という超ありきたり展開。勿論、諸悪の根源はいつも通りに米軍です。だけども、出オチ同然のぶっ飛んだキャラクター達の無駄に濃い性格付けのおかげで全く飽きません。女保安官の格好とかポケバイアクションとかキンタマ蒐集野郎の立ち位置とかいちいち意味不明すぎで爆笑。これ程までに徹底した出鱈目を狙って作れるセンスに脱帽なのです。
 ただ、エフェクトですごく古い映画に見えるけどテイストに古臭さを感じない点が不満。B級要素を散りばめてるけど映像は不必要に金がかかってるっぽく、実体はA級作品ってのが透けて見え過ぎです。ラストもB級っぽくないですし。1巻紛失ネタも面白いのですが、古くてマイナーなコミックを例に出して恐縮なのですがこれは島本和彦の『ワンダービット』などで試みられてた端折り手法であり、竹熊健太郎×藤原カムイの『おいね』に見られる様な80年代の混沌を表すにはもうひとつ弾け切れてない印象なのでした。

 役者的には、冒頭いきなりのポールダンスからクライマックスの片足乱射&ブリッジ避けまで真にエロ格好いいローズ・マッゴーワンに尽きるのですが、『ゾンゲリア』をモチーフにしたと思われるマーリー・シェルトンのナース・ルックもそそります。恐らくはクソ安いギャラで出演してくれてるブルース・ウィリスよりも出たがりタランティーノの方が目立っている点もしびれました。本当にやりたい放題で爽快。

プラネット・テラー プレミアム・エディションプラネット・テラー プレミアム・エディション
(2008/03/21)
ジェフ・フェイヒー、ステイシー・ファーガソン 他

商品詳細を見る

ホステル2

 クエンティン・タランティーノ&イーライ・ロスによるスロバキア発・旅人受難猟奇スリラーの第2段。意外にも前回の続きから始まりますがそれはプロローグだけの未観賞組に世界観を伝える配慮でして、つまり単独で成り立つ作品なのですが、前作との対比でより面白くなるようにパターン&逆パターンを強く意識して構成されてますので観ておくに越した事はありません。

 『SAW』シリーズとは逆に直接の残酷描写が減っており、スラッシャー方面のファンの方々的にはがっかりの模様。また、今回の犠牲者はむさい野郎どもからローマに留学中のアメリカ人女子大生3人組にチェンジし自ずとエロの期待値も上昇しますが、脱ぐのは不細工ばかりとコッチも肩透かしであります。しかし、一発ネタ的な作品の続編という難題を加害者視点の追加で巧みに捌いており、インパクトの弱さを飽きの来ない展開と悪趣味な笑いで補う造りになってます。舞台は一緒でもジャンル的には別の映画ですな。

 決してつまらなくは無いんですけど、被害者と加害者の両方を描いて中途半端になった為、明らかに力は落ちています。やってる事は相変わらずグロいんですが間接描写ってだけじゃなく、なかなか死なせてもらえない生き地獄的な拷問が影を潜め、謎の組織の手の内を明かした事により見えない恐怖じゃなくなった弊害もありあり。頑張って工夫してるとはいっても前作という剛速球があってこそ活きる変化球。緩急とコースでなんとか90分もたせたけど終盤は緊張感が途切れがちというか思わず笑ってしまうのでした。見せ場の逆転劇も上手いんですがカタルシスには程遠いのが残念。あれじゃ前作から築き上げてきた組織の不気味さが瓦解しちゃいますよ。

 パート2ではありがちな手法とはいえ、秘密クラブの仕組やルールに奇妙に説得力があったりと、内実ばらしは面白かったです。惜しむらくは、いかにもアメリカなマッチョ&ギークの金持ち顧客ペアのコントラストが弱い。主役をこの二人に絞ってきちんと背景を描いていれば哀愁漂うブラックな物語になったと思うんですが。まあ、マピールさんお気に入りの危な過ぎるストリート・チルドレンは今回も大活躍なので満足です。

ホステル2 [無修正版]ホステル2 [無修正版]
(2008/02/22)
ビジュー・フィリップス、ヘザー・マタラッツォ 他

商品詳細を見る

SAW4 ソウ4

 全ての物語が綿密に繋がってすっかり年1回更新の連続猟奇ドラマになってる本シリーズ。回を重ねるにつれ着実に凡作化しているものの作中の連続殺人鬼ジグソウ同様にしぶとくてなかなか見限れない水準を保ち続けてます。ただ、過去3作で主要人物の殆んどがお亡くなりになった為、誰も覚えてないような脇役にスポットが当たってるような状態でして、もはや一見さんお断りは無論の事で記憶のあやふやな普通の観客にも敷居は高く、設定を事細かに把握してるマニア向けの作品となってます。しかし、マニア的には謎解きに対する驚きが薄まって物足りないでしょう。特に犯人探しの視点で観てると簡単すぎて拍子抜け必至。冒頭のメッセージの意味が劇的に変わる大オチだけは見事ですがね。

 シリーズを2作目から担当してきたダーレン・リン・バウズマン監督は心理サスペンス派の非難を他所にスラッシャー描写をエスカレートさせる方向に突き進んでおり、詳細に見せる必要の全く無い解剖シーンや凝った殺人ギミックをたっぷりと用意。でも、インパクト重視の状況設定ばかりでパズルの正答に頭を捻るような面白みは失われています。
 本作はジグソウ・ビキニング的な、おじさんが何故こんな手の込んだ事をやってるのかを延々と説明する趣向でして、「自分で自分を救わなければならない」という主張がなかなかのヒューマンドラマで語られます。まあ、不幸な過去や立派な哲学を並べてもやってる事はアレなんですが。
 んで、前作での謎のいくつかには解答が示されましたが、未回収な伏線もわんさか増えあまりスッキリとはいきません。実は1本丸々使った壮大な予告編ですからね、今回は。

 色々とダメな点があるんですが、バウズマン監督作で一貫して問題なのはプレイヤー達の頭が悪くてどうにイライラすることですね。特に今回は「迂闊な奴」という設定なので対処法がどんなに間抜けでもエクスキューズが成り立ってしまいます。また、謎が謎を呼び次回に繋げる技術には優れてるんですが、複雑で緻密なゲームを仕込んだ結果、展開が偶然に頼りすぎる傾向にあるのも困りもの。今回も途中で失敗したらシナリオが台無しになるようなゲームに挑ませちゃってます。知的な論理パズルとシンプルなシチュエーションでファンの心を鷲掴みにした1作目と真逆なんですよねぇ。
 あと、今回は観客の混乱狙いの編集が露骨すぎて萎え。スモークやフラッシュでよく見えない中で披露される手品なんて何の価値もないです。全て見ていたつもりがいつの間にか騙されているってのがシリーズの醍醐味だったのに。

 とはいえ、後乗せサクサクで辻褄合わせに奔走するスタッフには頭が下がりますね。「医者がチームにいる」という疑念に対し根強く噂される1作目のあの人以外の可能性を提示したり芸が細かい。豚が干支(日本だと猪)由来だったなんてのも絶対後付でしょう。
 DVDチェックの結果、ジグソウの死から解剖までの期間が長過ぎるなど妙な点も発見されましたし、なんやかや言っても最後まで付き合う所存。次回こそはプレイヤーに覚悟を要求するタイプの絶望感溢れる謎解きを願いつつ。

ソウ4 DTSエディションソウ4 DTSエディション
(2008/03/19)
スコット・パターソン、ベッツィ・ラッセル 他

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。