「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチンババア

 堀北真希目当てで観賞・・・なのですが、主役は鈴木京香と役所広司だと思い込んでました。「助演なのに出まくりだなぁ。」と思ってたら主人公は堀北真希の方なんですな。いや、失礼しました。
 原作は村上春樹に次ぐ国際的ベストセラー作家よしもとばなな。この人の小説は一編も読んだ事が無いのですが、この映画が原作の魅力を殆んど引き出せていない事はなんとなく想像が付きます。作風として知られる少女漫画的でファンタジックな空気感は上手く再現されずリアルに寄り過ぎていますし、脚本の出来も酷いです。コメディー・タッチで癒し系な大人のメルヘンを狙ってますが全ての要素が微妙。はっきりいって豪華キャストを集めただけの作品です。だから原作ファンも一般の映画ファンもしょんぼりでしょうが、堀北真希は可愛らしく撮れているのでマピールさんは満足です。

 昨今の日本映画を象徴するような駄目っぷりが光る本作ですが、最大の疑問点はアルゼンチンババアの演出。妻に先立たれ壊れてしまった父親が町中から白い目で見られるキチガイババアの家に住み着いて・・・という話でありながら、肝心のババアの中身が普通のおばさんなのです。リアルとファンタジーの狭間の突飛な存在であるべきババアが行動も言動も常識の枠から殆んどはみ出さないでどーするのか。一応、「臭い」という台詞はあるもののゴミ屋敷じゃなく猫屋敷だし、見た目には不潔には見えず中盤以降は臭い演出も皆無。アルゼンチン帰りの異文化人ってだけで、白髪頭とはいえ普段の鈴木京香と変わらないルックスでは、役所広司の死んだ妻・手塚理美や妹・森下愛子の方がよっぽどババアなので話が成立しません。
 更に根本的な問題として、全てのキャラクターの心情描写が拙過ぎるというのがあります。主人公と無責任に失踪した父あるいは父を奪ったババアとの決着にしろ、壊れるほど妻を愛した男の顛末にしろ納得のいく展開とは言い難く、その他の対立と和解も安易にイベントが消化されるだけで心境の変化がまるで伝わりません。マッサージ師の件に代表されるような掘り下げるなり切り捨てるなりしたい中途半端なエピソードがやたら目に付き、娘主観の物語なのに主人公抜きで話が進む事も多いので、最低限押さえるべき主人公の感情の流れすら曖昧になってます。これじゃ共感できないし感動に結びつきません。

 そんなこんなで厳しい出来の作品ですが、役者が良いので若干のストレスを常に受けながらも最後まで力押しでもってかれちゃう感じです。役所広司も鈴木京香もまともな世界から少し飛び出したヘンテコなキャラを監督の意図通りに見事に演じております。この二人は色々な役柄を柔軟にこなすんですが妙な演出にも素直に従っちゃうのが欠点で、日本を代表する映画スターのわりに駄作率が高いのがなんとも。今回も良い演技なんですけど・・・。
 で、堀北真希。彼女のシーンだけ殆んどアイドル映画なカット割りで笑ってしまうんですが、時にコミカルに時に痛々しく周囲に振り回されっぱなしの少女を好演。設定上、笑顔は終盤までオアズケですが、睨んだり困ったり驚いたりと様々な表情が楽しめてファン納得の映像満載です。なんというか、背筋のシャンとしたところがマピールさんはお気に入り。
 あと美術と音楽も結構好み。牧場の草原に建つアルゼンチンビルの色使いや異国情緒な内装とか小物類とか刺繍とかが良い雰囲気を醸し出しております。そこに流れるバンドネオンのアルゼンチン・タンゴも程好くマッチしてます。ただ、そこに住みついてる猫達が思いっきり「日本」していて溶け込めてないのが惜しい。それに比べイルカの造形が酷いです。なんであんなに安っぽいのか。

アルゼンチンババアアルゼンチンババア
(2007/10/03)
役所広司; 堀北真希; 鈴木京香堀北真希

商品詳細を見る
スポンサーサイト

アイ・アム・レジェンド

 古典SF『地球最後の男』のリメイク。SFファンなら原作は必読書だし映画化も今回が3度目って事でネタバレでもなんでもないんで書きますが、公開時に近未来サバイバル超大作風のTVスポットを盛んに流してたこの作品、実は亜流のゾンビ映画です。宇宙人だろうがロボットだろうがぶん殴って世界を救ってきた男ウィル・スミスの今回のお相手はミュータントなのですが、アクションよりもホラー色が断然強い作品です。それを徹底的に隠す宣伝戦略が当たり洋画では久々の大ヒット。まあ、姑息な手段であろうと中身が優れていれば問題ないのですが、SFホラーとしても失敗作なのが洒落になりません。何かの間違いで人類存亡の危機という話なのに、何かの間違いで映画自体がとんでもない事になっているのでした。

 失敗作といっても決してつまらない訳ではないのです。ホラーといっても設定的に犠牲者不足なのでスプラッターにはなりませんし、思わせぶりな謎と特殊状況の緊迫感で全く退屈しません。背景となる荒廃マンハッタンの細部描写も凝っていて現実との比較が楽しく、ブロードウェイでインパラを狩り、セントラル・パークでトウモロコシを獲り、SR-71の翼上からゴルフと、終末感を薄くしたのが功を奏し空想力を喚起する画になってます。燃料や水を確保しライフラインを維持する様子などサバイバル要素をもう少し強めて欲しかったとは思うものの、独り占めのニューヨークで愛犬を相棒にそれなりに暮らす姿や孤独な日常・外敵の恐怖などは巧みに描かれてたと思います。CMで強調された「たった一人だけ生き残った男と犬の感動物語」部分は合格点です。
 一方で、回想として挟まれるディザスター・パートは群集映像とかは凄いもののディテールが甘く残念。選別・避難誘導・封鎖とどれも出鱈目だし、媒介になる犬を平然と飼い続け更に持出しOKとかありえません。研究の最先端にいる主人公を最前線に残すなんて事を国家が許可するわけもないですし。

 それでも最初の1時間は素晴らしいのですよ、最初の1時間は。そこから最後までの40分で「スタッフ総取替?」と思うほどに伏線無視で穴だらけの散漫脚本に急旋回するのです。積み上げた評価を台無しにしてお釣りがくる展開は、テーマらしいテーマも無く当たり前すぎる陳腐な結末に強引に着地。誰が観たって不自然な幕切れです。元凶が完成直前にリテイクされたエンディングなのは間違いありません。
 買って無いんですが市販DVD特典の真・エンディングはたぶんコチラで見れる物と思います。これだと放置された数々の伏線はちゃんと回収され、序盤で子連れライオンを見逃すシーンも意味を増しますね。主人公が「グラウンド・ゼロ」を連呼するのも合点がいきます。テーマは「9.11とアメリカの正義」って事ですよね。そのテーマで撮っておいてあの公開版エンドだと主張が逆転してると思うのですが、臆面もなく差し替えてるのが呆れます。
 それに撮り直しの7分程度だけじゃ説明がつかない唐突な急展開はそもそものシナリオも完成度が低かったと判断せざるを得ません。夜中にヤケクソで大バトルってのが邪魔で、マネキンに話しかけるシーンで新展開に入る方が自然だと思うんですが。そこから疑心暗鬼による致命的ミスを発生させてラストに誘導するのは簡単な筈です。何れにせよ真・エンドだと「伝説」の意味が薄れるのが難なのです。公開エンドの「伝説」も曲解ですが。いやいや原題がオチそのものってのは厄介ですな。いっそ終戦を知らない日本兵的扱いのマッド・サイエン君が暴走の末に自滅して悪い意味で伝説の男とか・・・。
 あと、本来なら映像でカットバックすべき人類滅亡の様子を台詞で済ましてるのも手抜きにしか見えないです。尺に余裕があるんだからDVD特典のコミック版のようなエピソードを挿入し、「生存者の多くは自殺」とか「ミュータントの攻撃性は熱による錯乱」とか示して厚みを出すべきでした。設定が存在するって事は、たぶん、予算が尽きたんでしょうがね。

 かくして昨今のハリウッドSF大作の水準通りにビジュアルばかりでセンスが悪い駄作が完成。実に勿体無いです。なんにしてもシェパードの頑張りに感謝。犬がいてくれなかったらもっと酷い事になっていたに違いないですから。

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組)アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組)
(2008/04/24)
ウィル・スミスアリーシー・ブラガ

商品詳細を見る

バベル

 菊地凛子のアカデミー助演女優賞ノミネートや役所広司、ブラッド・ピットの出演、カンヌ映画祭監督賞、日本公開時のポケモンショック症状など、必要以上の話題性により「バベル」の意味すら知らないような客層が押しかけ口々に意味不明とつぶやく悲しい結果の本作。分かり合えない事で生じる悲運の連鎖の作品なのに映画自体が解って貰えないと言う皮肉な事に。娯楽性は全く無いし不愉快描写多数でトーンは陰鬱、観客に考えさせるタイプの投げっぱなし作品であるからにして悪評が目立つのは仕方ないです。マピールさんも凡人ですんで軽率と誤解を描いただけに見え、たぶん存在する壮大なテーマは胸に響いてこなかったのです。でもこの映画、面白くないのに150分も飽きさせない不思議な力があるんですよねぇ。

 登場人物の行動に理解できない部分が多いのがこの映画の難点でして、特に日本人としては極端にデフォルメされた日本パートに戸惑います。そんなに難しい事は言ってなくて、「自殺した母から愛されてたのか?」ってのを根底に父への反発・障害者差別・思春期などがない交ぜの誰かを強く求める多感な聾の少女の話なんですが、不機嫌で破滅的なセクシャリティに設定された事と菊地凛子がどうにも女子高生に見えない事が相まって淫欲発情娘が無駄に強調され、言葉を持たない少女と言葉は通じるのに分かり合えないブラピ夫婦との対比がわかりにくくなった感じです。役所広司も銃の国外持出&無断譲渡とかできるは刑事に消息つかませないはで「あんた何者?」って設定だし。
 当然、他の文化圏も同様のデフォルメが予想され、それがリアリティを失わさせ、「モロッコ警察ってあんなにガサツなの?」「不法就労なのに気軽に国境越え?」などなど色々余計な事が気になって気になって。決して出来が悪いわけではないけども、それぞれの愚行が極端すぎて失笑します。そして、4つの物語の連環が弱く、時間軸を微妙にずらしている割にはそれがあまり生きておらず、舞台がチェンジするタイミングも唐突と、テクニックに走りすぎな脚本・演出がマイナスに作用しており深く入り込めませんでした。
 エピソードの中ではメキシコ編が行きは良い良い帰りは怖いの国境の空気が印象的で好み。日本編はビックリ箱的な面白さだけどエロティックというより動物的なのでちょっと引きました。モロッコの2編は背景にあるモロッコとアメリカの国際関係がいまひとつピンと来なかったのと死に瀕してる割に緊迫感が物足りなく感じました。あと、全体にユーモアが足りない気がします。

 2006年アカデミー賞で助演女優賞候補に本作から二人が並んだ他、作品賞・監督賞など7候補を送り出しながら、受賞は作曲賞のみと奮わなかったのは前年作品賞『クラッシュ』と手法が似通ったせいもあるかも。オスカーは組合賞だからハリウッド俳優の起用数が少ないと不利ってのもあります。批評家賞たるゴールデングローブ賞の方では作品賞をゲットしており日本でも映画評論家は絶賛なので通好みというヤツなんでしょう。助演女優賞に関しては、マピールさんは独特の雰囲気でメキシコ人家政婦を演じたアドリアナ・バラッザの方を推します。菊地凛子は確かに良い表情だし仕草も聾唖者に成りきってますが、台詞が無かったり感情表現が偏ってたり演出に助けられてると思いました。

バベル スタンダードエディションバベル スタンダードエディション
(2007/11/02)
ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリアナ・バラッサ

商品詳細を見る

ヘアスプレー

 映画→舞台→再映画化というパターンの、60年代初頭を舞台におデブな超前向き女子高生が歌って踊ってプチ・アメリカン・ドリームという、あまり考えずに楽しむのが正しそうなコメディ・ミュージカル。一応、黒人差別と公民権運動を取り上げてますが啓蒙意識は薄く毒も控えめです。緩急のメリハリが良くフィーリング重視、60'sダンス&ファッション満載で華やかでポジティヴでお気楽で大変よろしい。元気を出したい時にいいんじゃないかと。

 町のアイドルへと成り上る序盤の学園コメディ路線はやや退屈したのですが、ビッグ・ファット・ママが踊り始めると状況一変。以後、登場するたびに主役を完全に喰う異常な存在感。その正体は特殊メークのジョン・トラボルタ!ディスコでフィーバーのハンサム・ガイが30年後にこんな役やってるなんて誰が想像したでしょうか。しかも、ミシェル・ファイファーまですっかり板に付いた悪女役で出演。『グリース』の一作目と二作目のダンサー夢の競演ですよ。怖ろしく意外な形で。
 しかし、本職ラップ歌手クイーン・ラティファも含め母親役の大物達が見せ場をどんどこ作るたびに若者達の影が薄くなり、最後の方はバックダンサー同然の殆んどどーでもいい扱いになってて驚きます。主人公の笑顔が素敵な型破りのチビデブちゃん、美人で単純でわがままな金髪という典型的ライバル娘、脳天気で空っぽのイケメン・アイドルと、若手達も充分にキャラが立ってるのに。まあ、メインの三角関係の恋の鞘当よりも、脇の黒人と白人の『ウエストサイド物語』の方が目立っちゃってるのもアレですが。おさげにキャンディーがチャーミングで性格も良しと、なにげにこの娘が最強ですし。
 個人的にツボにくる楽曲はあまり無かったというか、白人達は在り来りにポップで黒人達のミュージック・シーンが締まるように演出されているため、彼らが活躍し盛り上がる後半までがちょっとかったるかったです。

 オーソドックスすぎるストーリー展開にどうにも小難しい事を考える性質のマピールさんは、ジョン・F・ケネディとマーキュリー・セブンのあの時代は良くも悪くも新しい時代の始まりで、確かに黒人もデブも市民権を得たけれど、ボルティモアは今や犯罪都市だし肥満量産はアメリカ最大の病だとか思ってたり。やっぱり、もう少しシニカルな方が好みですな。
 ところで、字幕だとニグロがブラックになってて、「テーマ的にそこはマイルドにし過ぎじゃ?」とか、「もしかすると若い子にはニグロの意味がわからないって配慮なの?」とか思いました。プラカードの白黒ネタを訳してくれてないのも不親切な気が・・・。ブラックの件はさておき、短い台詞でも字幕より吹替の方がわかり易く訳されてる感じなので、ミュージカルは雰囲気が大事なんで原語で観たい所ですが吹替版を薦めておきます。

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション (初回限定生産2枚組)
(2008/04/04)
ザック・エフロンニッキー・ブロンスキー

商品詳細を見る

しゃべれども しゃべれども

 連ドラとかであまり見かけない気がするTOKIOの国分太一が主演でありながら妙に評判が良い本作。なるほど、意外な佳作であります。コミュニケーションが不器用な人達と江戸落語を絡め綺麗に纏めた成長もので、前座よりちょい上で行き詰ってる若い噺家がひょんな事から素人に落語指南と相成って・・・という筋立て。粗は色々あるものの、「しゃべる事と伝える事」というメイン・テーマがしっかり描かれ、東京・下町の風情溢れじんわり心温まる古き良き日本映画に手堅く仕上がっています。

 話し方教室を開くハメになったのは、古典一本槍でいつも着流しと落語愛の塊だけど無個性で真打昇進には程遠い男。3人の生徒は、容姿は良いが会話が苦手で無愛想な女、口達者だけどプライドが高くクラスに馴染めない少年、見る目は確かなのに口下手な野球解説者とキャラ配置が極端で面白いです。ただ、松重豊扮する解説者のエピソードが中途半端なのがちょっと惜しく、ここをしっかりやれてないので恋愛物語と成長物語のバランスが崩れラストが取って付けた様な大団円に。恋愛要素は原作小説の通りなのかも知れませんが、そこまでテンポ良く淡々と進む日常を描いて来ただけにサラッと匂わす程度で終わって欲しかった所です。
 脚本がアニメ『時をかける少女』の奥寺佐渡子という事で、小気味良い会話と台詞や独白に頼らない繊細な心理描写は健在。『まんじゅうこわい』と『火焔太鼓』という演目をダイジェストで観客に伝え、かつ、それを登場人物たちの成長に活用していく構成も上手いです。それと、特に劇的な事件も泣かせ所も無い中で必死になにかを伝えようとするもどかしさが際立っているのが印象深かったです。

 そして、絶妙なキャスティング。国分太一のよく通る声と雰囲気作りはジャニーズ系とあなどれない出来。空回りしてる感じが上手いというか、あれはスポーツ番組のキャスターやってる時の太一君ですね。右手で本来の利き手よりも綺麗に蕎麦を手繰ってたのも印象的でした。で、終盤には編集の妙と済ますには見事な落語も披露。客寄せパンダではなく、しっかり主役はってます。ヒロインの香里奈って娘は『海猿』で見かけたぐらいしか知らないんですが、殆んど全篇で睨みっ放しという美形の女優が請けにくい仕事をよく頑張ってくれました。
 本作では本職の落語家が脇を固めるのではなく役者さんに挑戦してもらってるのがミソで、噺家というよりボードビリアン的な伊東四朗や、下町のババアではなく山の手のお婆様的な八千草薫の芸達者振りが楽しいです。特に子役の森永悠希がみせる故・桂枝雀師匠の口調を真似た上方落語が素晴らしい。設定の都合で話し下手な人ばかりの中、要所要所を締める自然な演技も光ってました。

しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)
(2007/11/09)
国分太一.香里奈.森永悠希.松重豊.八千草薫.伊東四朗

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。