「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HERO

 2001年に大ヒットした月9ドラマの劇場版。マピールさんにとってはフルコンプで観た今世紀最後の連ドラだったりしますが、サブキャラの設定とか殆んど忘れてしまっておりいささか困惑。どうやら間にTVスペシャルも挟まってるっぽい。まあ、両方未見でも終始出ずっぱりの木村拓哉を中心に観る分には問題ないと思います。映画足りうるスケールには程遠いTVドラマもどきの作品ですが、監督も脚本もTVシリーズのメイン・ディレクター&ライターとなると文句は言えませんね。大人気ドラマを堅実にやるならその選択もありでしょう。ただ、実際の脚本は堅実とは言い難い代物でしたが。

 問題はTV版では殆んど無かった法廷劇をドラマの中軸に据えてしまった事。刑事さながらの行動派検事による弱者へのヒューマニズムが好評を博しTVシリーズは大ヒットしたわけですが、思えば確実にキムタクナイズされてた事が成功の要因でした。自由奔放なキャラにしてもラフな服装にしても捜査中心のドラマだから成り立っており、主舞台を裁判所に移してしまうと違和感が強すぎます。それに共演者のフォローが受けにくい場で弁舌を駆使するので台詞読みの下手さも目立ってます。それでも松本幸四郎扮する日本最強弁護士の敏腕ぶりが披露されればそれを逆転するキムタクの格好よさも引き立つ筈なのですが、立証・反証ともにゆるゆるで二人揃って無能にしか見えないのでした。
 また、一貫して警察が存在しないかのような描写が為されるのも苦笑せざるを得ません。自白撤回に対するキムタクの初手はどう考えたって捜査に当たった警官の喚問でしょうに。警察は目撃者証言から犯人逮捕に到ってる筈で、常識的に考えて自白に従った実況見分も裏取りはも済んでます。犯行に使われた車が特徴的なんだから彼方此方で目撃証言も得られてるでしょう。全然、自白のみに頼った立件じゃ無いわけで、この部分を弁護士が全く崩して無い時点でその後のドラマ展開は破綻してます。
 香水やスペイン語など引っ張るわりに無意味なネタのオンパレードなのも気になりました。特に前半を費やし韓国ロケにまで及ぶ車探しの顛末。誰もが予想した理由で証拠が一蹴されそれっきりという展開には驚きました。普通はフェイクで別のヒントを掴んでたりするもんなんですが。イ・ビョンホンの謎の言葉も効果はイマイチ。これらがラブコメ用小ネタで終わってしまわず事件にも絡んでくれば良かったんですが。

 ただし、ラブコメの方はキムタクと松たか子の夫婦漫才風の駈け合いが健在で面白いです。6年間も進展なしという設定には無理がありすぎるものの、全体にデタラメの脚本でありながら2時間超をそこそこ楽しめるのは演出にぶれがないからでしょう。豪華すぎるレギュラー陣も独特のノリと流石の安定感で要所を盛り立て笑わせます。そして、事件の大小にこだわらず被害者の救済と加害者の更生に努めるという主人公のスタンスが利いているため、検事としての正論を吐きまくるクライマックスの法廷ドラマの流れも悪くはありません。これが陪審員制であればキムタクの演説で美しく締まる所なんですけどね。
 プロットは悪く無いしテンポも良くTVシリーズでの面白さも維持してるんですが、ファンサービスというより作品の流れを妨げるだけのチョイ役の使い方と、出来もしない『逆転裁判』に中途半端に挑戦して自爆した事が足を引っ張り、内容以上に印象が悪いのでした。本来の土俵で勝負すれば、ジャニーズ的にかなり頑張ったラストが蛇足っぽくならずに綺麗に着地できたと思うんですが。

HERO 特別限定版(3枚組)HERO 特別限定版(3枚組)
(2008/03/08)
木村拓哉松たか子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

河童のクゥと夏休み

 噂に違わぬ大変な力作で2時間18分という長さ以上に濃厚。アニメでありながら昔ながらの正統派日本映画の匂いがする作品で、評論家や映画通から高い支持が得られているのも納得でした。どちらかといえば大人ウケの作風ですが、『のび太の恐竜』や『E.T.』と通じる定番ストーリーなので当然子供も充分に楽しめると思います。河童たちが存在するものとして見事に描ききった世界をたっぷり堪能。個人的には地方民に理解されにくい東京郊外というポジションを上手く紹介してくれたのもツボでした。しかしこの作品、商業的にはファミリー・アニメにあるまじき大惨敗を喫し、観た人だけで大反響という不遇な現状なのです。

 リアル寄りで可愛さ低目のキャラデザ、児童文学ベースの地味な題材、魅力を伝え損なってるTVスポットなどなど敗因はプロモーション不足に尽きます。公民館の映画会で観るような真面目テイストに萌系美少女不在と来ればアニオタ方面の後押しは期待できず、そもそも動画クオリティ自体は低いためアニメファンの点が辛いなどもあり、『時かけ』のようなネット&口コミからのブレイクも不発。長く観続けらる作品となるかはレンタルとテレビ放送による認知度アップ次第ですが前途は多難と言えましょう。なんたって母親の心を掴む要素が弱いですから喰い付きが厳しいです。

 とにかく演出力が際立ってるのが特徴で、最初のうちは可愛く見えない造形の河童も地味で平凡な主人公も話が進むに連れ魅力的になっていきます。精巧なキャラ描写と人物配置の賜物。素直で礼儀正しい河童のクゥが好感度抜群で、暖かい家族たちのリアルな心理も丁寧に描かれます。特にこまっしゃくれた妹の感情表現と声の演技が秀逸。そして、アニメに助演男優賞の資格があれば総ナメにしたであろう飼い犬が唯一の人格者として華を添えます。小学校高学年の男子らしい女子との距離感も絶妙でした。

 「共存できない者との出会いと別れ」というメインストーリーは単純ですが、そこに環境問題・メディアスクラム・フィーバーする一般大衆・イジメ・動物虐待など多種多様な深いテーマがぎっしり詰め込まれています。流石に欲張り過ぎな感はありますが、それでも共感度を高めて引っ張り続けた豪腕ぶりに恐れ入りました。しかも何の結論も出してない話なのに投げっ放し感より考えさせる余韻の方が勝ってるのが偉いです。時にノスタルジックに時に容赦なく残酷に、逃げも揺さぶりも無く真っ向勝負のエピソード群に脱帽。ただ渾身のあまり、本来『トトロ』のようなハートフルなポジションに納まるべき作品の筈がテイストが結構へビィになってるのが・・・。安易に媚びない原恵一監督の姿勢は立派なんですがね。

河童のクゥと夏休み 【通常版】河童のクゥと夏休み 【通常版】
(2008/05/28)
冨澤風斗横川貴大

商品詳細を見る

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

 荒涼とした土地、史実を無視した無国籍設定、激しいガン・ファイトに残酷シーン、そんな60'sマカロニ・ウエスタンへの愛溢れるオマージュ作品。登場人物全員が英語を喋るけどヴェネチア映画祭では英語字幕で上映されたという無駄なこだわりが熱い日本映画です。更に、二度手間を厭わずキャスト本人による日本語吹替も収録というバカさ加減が素敵。強力にタランティーノ・リスペクトな作品なので好き嫌いは極端に分かれるというか、ぶっちゃけバカ映画好き専用です。

 三池崇史監督の独り善がり作品と世間的には酷評の嵐のようで、確かに世界観は底が浅く荒唐無稽だし、シークエンス一つ一つが冗長でもっさりしてるし、主人公に魅力は無いし、なにより全く捻りの無い脚本の出来には呆れるばかり。全体にバカっぽく弾けきれず、かといって燃えも泣かせも無く、類似コンセプトの『グラインドハウス』2作品に比べてワクワク感でかなり見劣りするのが無念です。でも、“スキヤキ・ウエスタン”という新機軸の創出への果敢な挑戦に惜しみない拍手を贈ります。
 監督本来のヴァイオレンス色を前面に出せば和風スパゲティの域を出なくなりますし、真面目にストーリーを詰めるほどにクロサワに先祖帰りしますし、“鍋焼きウエスタン”と言われた日活の無国籍映画とは一線を画さなきゃだし、かくし芸大会の英語劇みたいなおちゃらけになってもいけないという難しい試みなのですよ。結局は当たって砕けて“スキヤキ風白菜煮”が出来上がったわけですが、どうしようもない駄作ってわけではなく新しい破天荒映画の片鱗を垣間見せてもいるのでした。

 センスの光るセットと衣装、意外と本気なガンアクション、見事に嵌まる北島三郎の主題歌なども高く評価しますが、やはり本作の魅力は様々な役者の怪演であります。富士山の書き割りの前でのタランティーノを筆頭に、美味しいところを全部持ってく桃井かおり、ぶっとんだ悪役を嬉々と演じる佐藤浩市と盾・堺雅人の赤組陣営+狂言回し役の保安官・香川照之辺りの頑張りに脱帽。キャストの質で差をつけられた白組も、筆頭の伊勢谷友介が意外によくてキャシャーンの百倍は格好いいです。でもそれは石橋貴明のベタな演技で相殺。
 多くの役者が出オチの一発で勝負する中で意外性も無い『みなさんのおかげです』まんまのコントを強いた演出の責任だと思いますがこれは本当に酷かった。書き割り前で『SMAP×SMAP』を演る香取慎吾と違って本編、しかもクライマックス近辺ですしね。ヒロイン・木村佳乃も汚れ役を物凄く頑張ってるけど空回りな感じで、色気が無く狂気も無く踊りがくどいのが残念。でも、演出で一番損してるのは間違いなく主人公・伊藤英明。クールなガンマンという役柄のせいで異常なまでに存在感が無く、個性派揃いの赤組と殆んど絡まないシナリオの弊害もモロに被ってしまいました。黒澤の『用心棒』から『スター・ウォーズ EP2』のジャンゴ・ フェット、果ては『カウボーイ・ビバップ』の最終回に到るまで御馴染みの二挺拳銃VS日本刀のバトルが熱いのに本作ではイマイチ盛り上がりに欠いたのも残念でした。

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディションSUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション
(2008/02/06)
桃井かおり伊勢谷友介

商品詳細を見る

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

 劇場で観たときの印象は正直期待外れだったのですが、吹替えが山寺宏一という事でまた観る。うん、字幕よりコッチのが良いです。英語とカザフ語を流暢だったり訛ったり両方日本語で表現したのが効いてマイルドになりました。もっとも、それだけじゃ超シニカルかつウルトラお下劣な笑いに対し多くの日本人が抱く嫌悪感は埋めがたく、依然としてディープな層向けなのは否めません。基本的にアメリカ人向けに特化してますし。マピールさんの笑いのツボからもやや外れててコメディとしては評価し難いのですが、かなりアグレッシヴなボラットのくだらなさには感嘆しましたし、カントリーな米国白人文化の学習的な視点でも愉しめました。

 『ボラット』はコメディアンのサシャ・バロン・コーエンがカザフスタン国営テレビのレポーターを騙り文化の違いを利用した失礼な面白レポートをゲリラ・スタイルで撮影した英国のTV番組です。このフレディ・マーキュリーに似た男が世界各国で文化交流する様子はYouTubeを漁るとたくさん拝めます。映画と同じパターンも多いんで英語ダメでも結構理解出来ますよ。マイナー国のTV局という設定がミソで堂々と撮影できるし出演の合意書もとれちゃうようです。しかもカザフは親米親ブッシュなのでアメリカでは国賓並みに歓待されたらしい。しかし、やがてアメリカでもこのTV番組がオンエアとなり、色々な人の馘が飛んだり訴訟沙汰が多発したり果ては国際問題と大反響の末に製作されたのが本作であります。

 でも、最初に書いた通り、ちょっと予想よりもキレが悪いのですよ、この映画。モンティ・パイソン的な笑いを予想していたら、噂ほどには政治的風刺や差別意識を浮き彫りにする挑発ネタに力が注がれず、人の善意に付け込んでボラットが愚行を繰り返すパターンが多いのです。しかも殆んどが差別ネタと下ネタ。お固く保守的な白人たちのリアクションは面白いのですが、滅茶苦茶なカザフスタン像とドン引きな際どいギャグが連発するだけに、ツッコミやテロップによる強調に慣れた日本人には笑いのきっかけをつかみにくいです。それにいくら下品に振舞っても天然ボケ脳みそ空っぽ系のハードコア・コメディには不要なインテリ臭が中途半端に漂うのがマイナス。やっぱりロデオ大会とかカルト宗教の集会で見せるようなシニカルな笑いの方が面白かったです。
 加えて、冒頭から偽ドキュメントのロード・ムービーとして全開で嘘っぽく作られており、フィクションが混ざりすぎてどこが真実かわかりにくいです。きちんと伏線を拾ったり脚本としては良く出来てるし編集も上手いんですが、それが緊張感を削いでもいるので痛し痒し。ユダヤ人老夫婦とか骨董品店とか素人の反応を引き出すボラットのスタイルからズレた演出には興醒め。熊の末路みたいなさりげない小ネタももっと欲しかったです。

 映画ニュースを見ると、マナー教師とか運転教習の教官とかプロフェッショナルに接し続けた人が裁判を起こしてて興味深いです。ボラットと親身に接してくれてた泥酔大学生たちも訴えてて、飲酒年齢とマイノリティ発言の問題で洒落ですまない被害が生じてるのには同情。
 そして最大の被害を受けるカザフスタン。バカにする意図は無く、言葉も国歌も文化も全部実在のカザフとは全く関係ないったってねぇ。まあ、アメリカではボラットのおかげで認知度がアップして正しいカザフスタンのアピールになったようなんですが。マピールさんもウズベキスタンとの関係とかカザフの宗教事情とかカリウムの産地とか調べました。うん、全部デタラメ。ちなみに冒頭の村はルーマニアだそうですが、出演者はボラットの話す内容も演出意図も正しく理解してないんじゃないかな?

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習<完全ノーカット版>MANKINI水着付BOX(初回生産限定)ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習<完全ノーカット版>MANKINI水着付BOX(初回生産限定)
(2007/12/21)
山寺宏一、

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。