「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

 19世紀のロンドンに実在したと信じられ人肉パイを用いた証拠隠滅で知られる都市伝説のシリアル・キラーを題材に小説・戯曲・ミュージカルそしてドラマ版の映画までも作られてきた古典。情け容赦なく血まみれでグロく陰惨な物語でして、並みの心臓の人なら問題ないとは思いますが想像力逞しい人は食前食後を避けミートパイとか肉マンの類は暫く食せなくなる覚悟で。

 評価が難しい作品なんですよね、これ。相性抜群の映像センスを持つティム・バートン監督が完璧なタクトを揮い、盟友ジョニー・デップ×ヘレナ・ボナム=カーターの惚れ惚れとするクセのある演技が炸裂。ミュージカルとはいえ基本的によく知られた物語というハンデをものともせず、とても完成度の高いゾクゾクの映画となってるのは間違いありません。ただ絶賛するには引っ掛かるものがあるのも事実なのです。
 恐らくボトルネックはブロードウェイ・ミュージカルが下敷きと言う部分。歌唱力の面で心配された主演二人は意外にスキルの高さを見せており、音程もリズムもハーモニーもかなり複雑な展開が入ってるわりにはソツなくこなしております。けれども所詮はアリモノの楽曲、二人の本来の魅力を表現するには到らず芝居でみせるような独特の禍々しさが減衰著しいのです。なにより、いつものダニー・エルフマンの音楽じゃ無い事が“バートンの世界”を大きく損なう結果になっております。

 しかし、一般的ミュージカルのソレを期待した人はともかく、ティム・バートンの映画が好きな人は存分に楽しめる内容で、彩度を落としたモノトーン調に毒々しく赤い血が映えます。ここまで喉裂きをダイレクトに描写した映画は無いですね。特にラストシーンは美しすぎます。でも散髪に行く度に緊張がはしる身体にされてしまったのには閉口ですが。
 また、長らく悲劇として料理されてきたものを奇譚に戻す底意地の悪さが素晴らしい。歌詞とトッドの表情とのコントラスト重視のドライでシニカルな笑いの為には、共感とは程遠い非道な行為もさせるし若いカップルの話も投げっ放しにする徹底振りです。
 残念なのは、英語力不足の身にはデュエット構成の妙が伝わりにくい事と、知識として19世紀のロンドンという時代感覚を持ち合わせていないため風刺がピンと来ない事ですな。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)
(2008/06/11)
ジョニー・デップヘレナ・ボナム=カーター

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ワルボロ

 80年頃の東京・立川市を舞台にしたヤンキー中学生抗争映画。原作は「バカ」系ライターのゲッツ板谷による自伝的小説のようですが漫画的デフォルメはかなり強烈です。何を隠そうマピールさんはほぼ同世代人であり、隣町の有名不良中に一般生徒として生息していた為、当時の地域事情はそれなりに把握しております。ツッパリの造形はあんなもんですが、街はあそこまでブロンクス化しておりません。歓楽街中心にワルやクズも多いですが機動隊や自衛隊など公権力の眼も厳しい土地ですからね、立川は。

 「腐ったミカン」の『金八先生』が高視聴率を獲得し『横浜銀蝿』がヒットを飛ばすツッパリがトレンドだったあの頃、確かに我が母校でも不良のカテゴリーに含まれる男子が全校で120人強はいたと思います。ただ、普段は映画のように少数でつるんで遊んでたし、近隣との抗争とかでも戦力として動員できた武闘派は2割がいいところで、族やOBが絡まなければ大集団にはならなかったかと。ただ、劇中の「立川抗争図」は校名を変えてる割には現実の配置や背景と酷似しており、各校の力関係もほぼ変わりません。・・・もうちょっと配慮しろよ。
 一般生徒からも恐れられるほど朝鮮中が異常に好戦的だったのも事実です。無知ゆえに「バカでもチョンでも」と言ったり、珍しさで「チマチョゴリ」を指差したりするたびに被害者が発生してましたから。それが理不尽な暴力にしか映らない為に男気だしたツッパリ達が介入して事態が悪化するのが常でして。しばしば映画じゃやれない酷い惨状に。今ほど民族問題の認知が進んでなかったですからねぇ。

 誰も中学生に見えないのはお約束なので置いといて、映画は殆んど喧嘩ばかりでドラマ的内容が無いに等しく、ガリ勉からの転向だとかヤクザの世界に引き入れようとする叔父だとかの設定も活かされず退屈でした。ド定番の家族の問題やら色恋沙汰まで中途半端なままフェードアウトするに至っては、不良界隈以外は扱わない方がマシに思えました。松田翔太×新垣結衣、ゲストに仲村トオルというキャスティングから考えて、一般人にもうける『ビー・バップ・ハイスクール』的なヤンキー青春ものを狙った筈なんですからベタベタな友情物語と喧嘩アクションで押すべきでしたよ。
 ゴチャゴチャと大人数が動き回るだけのアクションは迫力不足だし、友情と義理人情の青春賛歌としては熱さに欠け、コメディとしてもパンチが無くて、成長ものとしては人物の内面描写が貧弱。地元民としては「懐かしい」という一点で楽しめますが、それ以外にこれといってストロング・ポイントが見当たりません。

 特に主人公の憧れの少女が不良世界のあれこれに一切関わってこない脚本なのが問題です。目玉の筈の新垣結衣がほぼ端役扱いで出番のわりに印象が薄いです。物騒な世界観のわりにエロ方面は物凄く健全でレイプもなければ図書室で盛るとかもありません。不良デビューものの基本である「ヘタレだけど女絡みでやせ我慢」という構図が最初しか成立せず、ヒロインの心情は最後まで謎のままです。
 松田翔太もオーソドックスに演じてはいますが、あまり悶々としているようには見えずギラギラとした危うさもありません。そもそも、あのルックスで非モテというのが無理。アクションでは父・松田優作の目つきを垣間見せたのですが全体に平凡でした。これは他の不良たちにも言える事で演出がつまらないって事ですね。大きな外しはないからこの手のVシネとか好きな人ならそこそこ楽しめるとは思いますが。

ワルボロ [DVD]ワルボロ [DVD]
(2008/03/21)
松田翔太新垣結衣

商品詳細を見る

クワイエットルームにようこそ

 精神病院の女子閉鎖病棟に強制収容された主人公が常軌を逸した患者たちとの交流の中で自分を見つめ直すお話。原作・監督・脚本が松尾スズキなのでキャラクターの妙を前面に押し出したシュール&ブラック・コメディに仕上がっております。表題の「クワイエットルーム」とは、自傷行為防止のために隔離する保護室の劇中での通称。
 メインの蒼井優・大竹しのぶ・宮藤官九郎・妻夫木聡からチョイ役の庵野秀明などに至るまで異様に豪華なキャストが目に付きますが、90年代アイドル女優・内田有紀の本格復帰作であるためか群像劇というより内田有紀映画に寄っています。

 薄々気付いていた事ですが、“松尾スズキの笑い”というものが個人的にダメなようで、物語としては楽しんで観ましたがコメディとしては愉しめなかったです。テンポ良く繰り出されるギャグが殆んどツボに来ません。全体にスラップスティックとしてのたたみかけが弱い。おかげで邪魔にもならないんですが。
 それにこの映画が「普通の筈のヒロインが、実は・・・」という物語だってわかってなくて端からメンヘラ女という認識で観てしまったのも拙かったです。どうも松尾スズキの考える普通の人と此方の感覚がズレているようで、マトモであるべきと考える役どころのキャラが悉く奇人なのであります。メリハリ無しの変人オンパレードではカオス過ぎる。それにセリフだらけで語りが過ぎるという印象も否めません。

 ただ、基本的に縁はないけど他人事で済ませられない世界が題材なので、笑いの相性が悪くても話は充分に興味深いのでした。シリアスな心理ドラマとして捉えてしまうと詰めが甘く、再生の物語になりきれてないもどかしさは残るのですが、病棟内のサブキャラたちの造形が秀逸なので飽きは来ません。
 最強は貫禄の演技で見事に神経を逆撫でする大竹しのぶですが、狂人との境目を上手く演じた看護婦役の平岩紙、天才肌の異常者を小動物のようにリアルに演じた高橋真唯も素晴らしい。拒食症患者・蒼井優のゾッとする諦観ぶりも凄く、実際に痩せた姿が痛々しいです。芸能人って画面で見るよりも生で見ると更に細いですからたぶん強烈にガリガリですよ。ただ、意外と見せ場が少なく中村優子ばかりが儲けているのが不満でした。そして、不安定な演技力が功を奏したのか主役の内田有紀も意外に奮闘しておりいい感じに壊れてます。それに比べると男優陣が軒並み中途半端ですな。役柄的に妻夫木聡がもう少し殻を破ってくれればバランスがとれたと思うのですが。

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
(2008/03/19)
りょう内田有紀

商品詳細を見る

転校生 -さよなら あなた-

 大林宣彦監督作品『転校生』(1982)、まさかの再映画化。しかも近頃流行りのセルフリメイクであります。「新尾道三部作」の途中で脱落したため、大林監督の作品を観るのは実に久しぶりで、たぶん『青春デンデケデケデケ』以来だから15年以上たってます。最近はすっかり名前を聞かなくなってた80年代ジュブナイルの名手の「昔の名前で出ています」映画という偏見を持ってたのですが、存外に悪評をきかないので今回の観賞と相成りました。
 中学生男女の心と身体の入れ替わりのプロットはそのままに、転校してくるのは男の方だったり二人のキャラクターが微妙に違ってたり、舞台も尾道を離れて長野・善光寺に。オールドファンをくすぐる細かい設定変更を織り交ぜつつも紛れも無い『転校生』として話は進むのですが、中盤から大人の事情と思われる今風のファクターが持ち込まれ愕然とさせられました。しかし、最終的には「大林宣彦、衰えず!」という見事な着地を決め、ヒロインが美少女になった以外にも意味のあるリニューアルとなっております。
 
 とにかく忘却の彼方から呼び起こされる大林ファンタジー・ワールドに拍手喝采でした。明らかに不自然なキャラクター達による不思議な空気感、毒の無い物語に相変わらずのコメディセンス、狂った時代感覚とトリッキーな斜めアングルのカメラと広角レンズの多用。全然変わってません。オリジナルの小林聡美ほど露骨ではなく手ブラが限界とはいえ脱がし屋ぶりも健在で、よりオヤジ趣味にエロティックが強まっているといっても過言じゃないです。
 大林ワールドのノスタルジィに加え、本編も作風通りに郷愁を誘い速やかに異世界へと運ばれていくわけですが、そこから唐突に思いもよらぬ新展開へ。「もっと甘酸っぱいヤツ」を期待してた身には辟易する「お涙頂戴」の流れに戸惑うものの、最後は想像とは違う別のテーマに美しく帰結し、それでいてちゃんと『転校生』になってます。“ファンタジック青春映画の匠”の見事な作劇に感服。ジジイと言っていい齢なのにねぇ。

 旧作はどちらかというと尾美としのりの女の子演技が印象的でしたが、今作は中身が男の子になる蓮佛美沙子の頑張りが圧倒的に目立ちます。巧みにスイッチのオン・オフを切り替えて男女を演じ分け、時に大胆に、時に倒錯的に難しい役柄をこなしております。ややクラシックで地味目な顔立ちですが、清楚な透明感が魅力的で歌声にも味がありました。本当に弾けるのかフェイクなのかは知りませんが本格的なピアノの指使いにも感心。
 相手役の森田直幸も只のオカマ演技にならないように上手にナイーブな雰囲気を出していて、小柄な童貞中坊面が役柄に良くマッチしてますがいかんせん見せ場が少ない。脇では清水美砂と古手川祐子が夫々の母親役を好演し若手をがっちりフォロー。あと、最近テレビで見かけない「ヒロシです」の人が斉藤健一の芸名で出演してたり。これがまた、大林映画の典型的な珍妙キャラで役者の能力は判断しかねるときてます。その他、蛇足っぽい異様なキャラが入り混じる辺りは監督の作風に慣れてないとかなりキツイので注意。

転校生 さよなら あなた 特別版 [DVD]転校生 さよなら あなた 特別版 [DVD]
(2008/01/25)
蓮佛美沙子.森田直幸.清水美砂.厚木拓郎.寺島咲.石田ひかり.田口トモロヲ

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。