「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007/慰めの報酬

 リアリティ重視でシリアス路線の主演ダニエル・クレイグによるジェームズ・ボンド・シリーズ第2弾。前作『カジノ・ロワイアル』は有能だが調子に乗った挙げ句にポーカーでケツの毛まで毟られるようなチンピラまがいの駆け出しが、ボンドガールと恋に落ちあっさり退職を決意したものの、愛した女を殺されてエース諜報部員に成長していく姿を描いたビギニングものでした。当然今回はタフでクールでワイルドな一流シークレット・エージェントとして活躍すると思いきや、物語は前作ラストの1時間後から始まりボンドは冷静さも自重も持ち合わせないヤクザな男のまま復讐にひた走るのでした。よって前作観賞は必須。でないと冒頭のカーチェイスから戸惑うこと必至です。

 いや、前作観てても面食らったんですけどね。続編の必要性なんて微塵も感じてなかったわけですし、死んだ女への想いを引きずり復讐心に駆られるボンドなんて想像もしなかったわけですから。細かいことは既に覚えて無くて「ヴェスパーって誰だっけ?」状態で死亡経緯も忘却の彼方、M以外に誰が前回から続投のキャラなのかも不明という有り様ではいかんともしがたく。復讐に燃える男女のヒューマン・ドラマは結構渋いだけに、一見さんお断りな造りに足を引っ張られるのは勿体ないと思いました。
 さらに007シリーズなのを忘れそうな程に定石外しが著しいと来てます。オープニング・テーマは無く、グラマラスな美女を侍らすマッチョなプレイボーイぶりは形を潜め、スパイグッズやボンドカーの面白ギミックも地味になり、英国紳士のスマートな雰囲気も喪われ殺人マシーンのようなボンド。何より知力で勝負せず常に出たとこ任せなのがスパイ映画っぽくないわけで・・・。

 私怨を抱き笑顔を見せないバイオレンス野郎の活躍でボンド映画としては違和感が強いものの、「ボリビアの水戦争」を題材にした複雑な話に迫力満点のアクションてんこ盛りで普通に面白いハードボイルドとなっております。近頃流行りのカットバック多用型アクションで何が起こっているかわからなくなるのは観る側の耄碌なのかと悲しくなりますが。
 歯止めの効かない未熟なダブルオーという役柄は前作同様に嵌り、その肉弾戦の猛々しさもスーツ姿の凛々しさもダニエル・クレイグならではですが、やっぱプロフェッショナルに成長するほど邪悪なヒットマンに突き進んでる気がします。ロマンス方面で動かしにくいのも難点で、今回のボンドガール、ウクライナ出身のオルガ・キュリレンコはなかなかにエキゾチックでキュートなのですが、物語の中核を為す役のわりに中途半端な描かれ方で存在感が薄く残念でした。

007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]
(2009/06/26)
ダニエル・クレイグオルガ・キュリレンコ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

劔岳 点の記

 山岳小説家として著名な新田次郎の手による劔岳登頂物語。同じ作者の映画化作品『八甲田山』『聖職の碑』の撮影を担当するなど大ベテランの超一流カメラマンとして知られる木村大作の初監督作品で、2009年の映画賞を席巻したのは記憶に新しいところ。CGや空撮を使わずにスクリーンの幅を徹底的に活かした撮影の真価を我が家のTVでは発揮できないものの、熊撃ちシーンのような嘘みたいに凄いショットが拝めるのが嬉しいです。メイキング映像は標準版DVDにもつけて欲しかったですが。

 まあ、撮影技術に反応する映画ヲタや山に興味がある人なら間違いなく楽しめる作品なわけですが、映画賞に釣られた一般人がこの「男達が風雪に苦労しつつ山に登って淡々と測量するだけ」の地味な映画にどんな評価を下すのかはちょっと心配です。演技力のある役者は上手く、そうでない役者ははっきり酷い事から、評価のわりに演出が巧くないのは自明で、人間ドラマとしての深みやサスペンス的な盛り上がりも一切無いですから。軍上層部以外の主要キャラが揃って人格者というのも面白味に欠けるし、奥方達が従順なだけで明治女の気丈さや逞しさを醸し出さないのも何か違うと感じました。
 また、登頂の困難さは明らかに説明不足で、地図を片手に観賞しないとどのルートを断念し現在は劔岳の何処にいるのかがさっぱりわからないというのも問題でしょう。CG無しでは登山道の映るアングルが使えない為か、最後の難所をスルーしていきなり頂上に立っていたのにも驚きました。順撮りに拘ったのも制約を増やしただけに思います。

 しかし、キャストやスタッフを危険に晒すことを厭わずに命懸けで撮りたい映像を追いかけ続けた監督の熱意が数々の失点をカバーして余りあるのも事実。素晴らしい色合いの静かな山々から、猛烈な吹雪・雷雨・強風などの大自然の迫力、立山信仰をバックボーンに持つ荘厳さや神秘性まで、きっちりとフィルムに焼き付けられております。この狂気に満ちた撮影ミッションのド迫力の前には何も言えません。

 なお、明治末期に帝国陸軍の測量隊が未踏峰とされてきた剱岳にアタックしたのは史実であり、測量官・柴崎芳太郎を始め長次郎谷に名を残す案内人・宇治長次郎や日本山岳会初代会長・小島烏水なども実在の人物です。けれど、三等三角点を設置出来なかった故に公式記録は存在せず、エピソードの多くは新田次郎の創作であり、本作では更に映画の嘘をも含んでます。例えば、第一登に柴崎が同行したかのように報道された富山日報の記事が誤りだという事は柴崎自身も認めており、四等三角点の設置に当たった第二登に参加したことを明言し原作もこれを採用してます。ちなみに、100年間わからなかった第二登の登頂日は最近になって確定しており、この辺りの経緯はこちらに纏まっております。しかし、信仰上の理由で疑問視されている長次郎の登頂については現在も謎のようです。

劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]
(2009/12/11)
浅野忠信香川照之

商品詳細を見る

7つの贈り物

 救急に電話をかけ自殺を予告した男の真意を過去に遡りつつミステリー形式で描くヒューマン・ドラマ。宇宙人や怪物やロボットから地球を救う事がとても多いアクションスターのウィル・スミスですが、近年はシリアスなリアル系作品への出演も多く性格俳優への脱皮を目指している模様。これもそんな一本ですが、安易な感動ドラマと思ってると火傷するウィル・スミスらしからぬ暗い物語なのでした。
 件の自殺男はセンチメンタルな境遇にある数名の人生を調べて善人には贈り物を渡そうとしていて、贈り物が何かというのは登場人物達の特徴から直ぐに察しが来るものの、何故に主人公がそういった行動を決断し結局どうなるのかという興味で最後まで引っ張っており、ミステリ部分はなかなかにテクニカルで伏線の利きも良い作品です。しかし、肝心の作り手が伝えたいメッセージが上手く表現出来ておらず・・・。

 これね、当初は現実逃避で利己的な計画だったものがヒロインとの恋や他の人達との出逢いによる紆余曲折で別物に変化する話の筈なんですよ、物語構造的に。ところが、主人公の改心が非常にわかりにくい為に、元の木阿弥の独りよがりで不愉快な印象のまま幕を閉じてしまうのです。これは7人に対し均等に時間を割くのではなく、ほぼヒロインだけにドラマを集中してしまった弊害でしょう。ハンデにめげず真摯に生きる人々の姿からトラウマを抱えながら生きていく意味を見出すシーンをもっとはっきり組み込むべきでしたし、少なくとも善人を選ぶ行為が愚かなことだと気づかされるエピソードは必須だった筈。そういった積み重ねの上での苦渋の決断であれば納得性も高かったと思うのです。

 まあ、ハート・ウォーミングな作品とは言い難いものの泣ける人は泣けると思います。ウィル・スミスの熱演に相手役のロザリオ・ドーソンもよく応えており、どうしても心証が悪くなる主人公を彼女の演じた聡明で寛容なヒロインが上手く補ってくれておりました。ラブシーンがあるのもウィル・スミス映画では珍しいです。ハリウッド映画のお約束とも言えるベッドシーンが数多の出演作で抜け落ちてたから、てっきりウィル・スミスはそういうのがNGな人なんだと思ってたんですが。

7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/09/02)
バリー・ペッパーロザリオ・ドーソン

商品詳細を見る

アマルフィ 女神の報酬

 邦人少女誘拐事件に巻き込まれた外交官がイタリアの観光地を走り回る羽目になるサスペンス風観光ムービー。脚本家名が無いと話題になった時点で予想してた通りの穴だらけな犯行計画が素敵なバカ映画です。関係者の証言によると、先ず主演・織田裕二と海外ロケが内定しタイトルが『アマルフィ』となった後で、ミステリ作家・真保裕一がプロットの基本線を固めたオリジナル・ストーリーが完成し共同脚本の監督・西谷弘が最終的に仕上げ、そして脚本家クレジット抹消問題が起きており、原作は読んでませんが整合性の無い改悪に真保センセがぶち切れたと考えて良さそうです。まあ、作品はいつもの織田カラーに染まってますんでキャラものドラマとしてはそこそこ楽しめると思いますが。

 海辺の街アマルフィが登場するのは2時間中20分程な上にミラノでもナポリでも何処でも置き換え可能という無関係ぶりが凄いです。ビバ、企画先行。事件自体もわざわざイタリアで撮る必要もない話なんですが、そこは「多めに予算が付いたTV特番」みたいなものと許容。しかし、犯人がイタリアを拠点に事件を起こすのは不自然という壊滅的設定には開いた口が塞がらず。生ドラマの舞台を熱海からシカゴに変更した事を発端に急場凌ぎを繰り返し次第に別の話になって原作者がキレる喜劇『ラヂオの時間』を、生放送でもないのにリアルにやらかし辻褄合わせの努力すらしないんですから豪気です。
 誘拐事件と無理矢理にリンクさせた不確定要素だらけのミネルヴァ(女神)大作戦、最終的に明らかになる事件の全容のトンデモ加減、終盤まで全く匂わされない犯行動機のせいで犯人に感情移入も出来ないなどなど、作り手の頭の悪さが随所に炸裂。まともな伏線やミスディレクションを用意しないでサスペンスに挑戦した男気に拍手。だいたい誘拐の顛末も筋が悪く、単身でトイレに来るように子供に指示したのならば登場前から犯人バレバレで、そうじゃなければ子供の尿意に全てを賭けた計画って事ですしねぇ。

 少女消失を謎とも思わないローマ市警の一貫した無能ぶり、国家全域で杜撰そのもののセキュリティ、拉致同然なイタリア人のナンパ描写など、何故にフジテレビは開局50周年記念でイタリアに喧嘩を売るのか。アマルフィの空撮が意図的にピンボケなのも謎で、映像・音声を突然ぶち切る編集が劇中のサスペンスよりよっぽどドキドキを誘発するのには苦笑。
 けど、感動の押し付けシーンも無ければカーチェイスも派手な爆発も銃撃戦も無しに勝負したのは評価したいところ。織田裕二が安易に天海祐希や戸田恵梨香やサラ・ブライトマンとくっつかないのもよろしい。いや、サラ・ブライトマンとのロマンスなら見てみたい気もしますが。
 ところで、クリスマス頃にローマで大雪が降るのは珍しいことなんでしょうか?

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]
(2010/01/01)
織田裕二天海祐希

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。