「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクパンサー2

 「フランス警察の恥」クルーゾー警部にスティーヴ・マーティン(米)が扮する新シリーズのパート2。相棒のジャン・レノ(仏)、恋人のエミリー・モーティマー(英)も続投し(全員フランス人役)、更に今回は伊・英・日・印から集まったドリームチームと共に捜査に当たる設定なので一段と国際色豊かになっております。ちゅか、よく考えたら役柄に米国人が一人もいません。アメリカ映画なのに。舞台もフランスとイタリアであります。
 笑いの主軸は毎度お馴染み訛りネタと使い古されたスラップスティックですが、同じギャグを2度3度と繰り返す所謂「テンドン」のバランスが巧みなので満遍なく小粒な笑いを手堅く誘ってきて飽きさせません。もっとも、破天荒で傍迷惑でクレージーな警部の活躍を観せて欲しいというのが本音ですが。

 キューバ系米国人のアンディ・ガルシアがイタリアのプレイボーイというのを除けばドリームチームの面々はその国の俳優が担当。とはいえ日本の刑事は松崎悠希という米国在住の役者です。『硫黄島からの手紙』で二宮くんの仲間をやってた人ですね。『ラストサムライ』にも出演してるらしいけどこっちは何の役か知りません。まあ、無名の役者がガルシアと対等に扱われるわけもなく活躍の場は殆ど無いのですが、この人がキツイ日本語アクセントで話したので他のキャストも極端に訛った英語を使ってるのが伝わりました。英語力がゼロに等しい人間としては大助かり。
 やたらと目を惹くセクシー系インド美人はアイシュワリヤー・ラーイ・バッチャンという人で、『スラムドッグ$ミリオネア』でクイズの答えにもなってる超有名俳優アミターブ・バッチャンの息子の嫁にあたる人。自身もボリウッドのトップ女優だそうです。控え目でキュートなお嬢様風ヒロインのエミリー・モーティマーとのコントラストは素晴らしいですが、二人とも実年齢は30代後半。男優陣に至っては日本代表以外が50~60代に集中しており平均年齢がどうにも高すぎますな。

 本シリーズのクルーゾーはピーター・セラーズ版より毒のない真面目な切れ者に設定されている為、終盤の事件解明がかなりマトモ。折角のドタバタ劇がそこで失速しちゃうのが勿体ないです。事件はもっとクルーゾーのせいで紆余曲折を辿り混乱するべきで、あっと驚くどんでん返しも用意したいところ。
 また、今回はクルーゾー以外に笑いを引っ張るキャラがおらず彼が抜けたシーンでテンションが下がるのが気になりました。前回は全身タイツで頑張ったジャン・レノが地味なのが痛いです。そして、クルーゾーに悩まされるのがお約束のドレフュス警視があまり前面に出ないのも残念。今回扮したジョン・クリーズはモンティ・パイソンの“バカ歩き”の人なんだから、もっと高圧的で相応に酷い目に遭うハチャメチャな警視を見せて欲しかったです。

ピンクパンサー2 (特別編) [ザ・ベスト・アニメーション ( ピンク・パニック編)付] (初回生産限定) [DVD]ピンクパンサー2 (特別編) [ザ・ベスト・アニメーション ( ピンク・パニック編)付] (初回生産限定) [DVD]
(2009/10/02)
スティーブ・マーティンジャン・レノ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

クヒオ大佐

 元ネタとなる笑っちゃうほどインチキ臭い経歴で結婚詐欺を繰り返した金髪中年の事件は覚えてます。彼が週刊誌やワイドショーを賑わせたのは80年代半ば頃でして、後に再逮捕となった時も性懲りもなく殆ど同じ設定のまま活動していて日本中を呆れさせた人物なのです。本作は彼が出所していた90年代初頭が舞台ではありますが実際の事件とは関係なく、自称米軍将校プリンス・ジョナ・クヒオからインスパイアされたフィクションであります。
 原作段階で創作中心だそうですから事件の掘り下げや彼の人物像、口説きのテクニック、或いは騙された女たちの心理なんてのを期待しても無駄。けれど、軽めのコメディ映画として笑い飛ばすにはかなり女達の生き様が重く切ないわけでして、悲喜こもごもを味わい深いと感じるか中途半端と受け取るかこの辺のバランスが結構きわどいのでした。世界観も少し特殊なので好き嫌いは分かれそう。個人的には湾岸戦争の戦費肩代わりと女達を繋ぐ点が腑に落ちないものの、全体としては寂しい男達女達のシリアスな人間模様が良く描けてたと思います。

 とにかくキャスティングが絶妙で演技・演出は文句なし。堺雅人は相変わらず正邪怪しげな役をやらせたら天下一品で、純日本人顔に付け鼻で片言の日本語を操る軍服男という存在自体が非日常のキャラなのに自然に違和感無く溶け込んでおります。脇が甘い三流詐欺師ぶりでどこか憎めないチャーミングな男のインパクトが、真面目にコツコツ生きる女を騙す悪印象を上回ってるのが見事。どんなにバレバレでも現実を書き換え続けてクヒオとして生きる天性の嘘つきと堺雅人特有の底の見えない笑顔がきっちり嵌ってるのでした。
 女性の強さと弱さを表現する博物館学芸員・満島ひかりはかなり巧いし、中村優子のしたたかな銀座のNo.1ホステスも板に付いてるんですが、なんといっても圧巻は弁当屋の女社長・松雪泰子が見せる思い込みの激しさと献身の凄味。ありがちな愛に狂った女になるか極端にコメディよりのバカ女になりそうな役柄を、痛々しさを前面に可笑しくも哀れで真っ直ぐな女として存在感たっぷりに演じ、そのパワーは終盤のシュール展開に傾れ込む役割を担うほど。なんだか凄く惹きつけられる危うい女なのでした。彼女には幸せになって欲しい。

クヒオ大佐 [DVD]クヒオ大佐 [DVD]
(2010/03/26)
堺雅人松雪泰子

商品詳細を見る

トランスポーター3 アンリミテッド

 ハードボイルドかつストイックで自らに課したルールに忠実なヤバイ物専門の運び屋という設定を悉く吹き飛ばす豪快バカ・アクション。感性の人リュック・ベッソンに初期設定なんて無意味だしシリーズを3作も続けられるわけ無いと思ってましたが予想以上の開き直りに呆然。
 例によって無駄に壮大な陰謀、それを実行するには頭の悪すぎる敵、ぶっ飛びキャラの下品なエロ描写、理屈などまるでない強引展開連発と、ベッソンのバカバカしい脚本を真面目くさった顔でこなす屈強ハゲをとことん堪能するに相応しい珍作であります。

 今回の大ネタは愛車から20メートル離れると爆発するブレスレット。設定は面白いのですが車を奪われ自転車で追走するシーンは20メートルの距離感がイマイチ出ず、他のシーンでも主人公を窮地に陥らせるアイデアが物足りず。特に格闘シーンの制約に上手く結びついてないのが残念でジャッキー映画を見習って欲しいところ。でもワイシャツ脱ぎ脱ぎアクションは阿呆カッコよくて素敵でした。ただ、遅い殺陣を早回しで見せる無理矢理感には馴染めず、フラッシュバックを多様した構成も見辛いだけに感じました。
 カー・アクションの方は相変わらずド派手ですが、CG時代の演出としては意外性に欠けるきらいが。トレーラーの間を片輪走行で抜けた途端に突風が吹くとか、列車から列車に飛び移ろうとしたら直線からカーブに切り替わったとか、もう一捻り欲しいです。

 さて、この映画の評価を大きく左右するのがルックス・性格ともにベッソンの趣味丸出しのヒロイン。赤毛で顔中そばかすだらけってだけなら許容範囲ですが、汚い肌は隠さずに目の周りは過剰に真っ黒とメイクが酷すぎます。一瞬でもキュートなりセクシーなりに魅せる演技力があれば救われるのですが表情のバリエーションが皆無で基本悪役顔なのがまた辛い。加えてクスリをきめ、酒はラッパ飲み、うなじには「安」のタトゥーで、突発的に欲情。何考えてるのかさっぱりわからず好感を持てる要素は一つもありません。
 でも彼女が「陰気なロシア女」から「ラリってる我が儘女」にクラスチェンジすることで『トランスポーター』らしくなったのも事実。だから、まともで美しいヒロインが必要だったわけではないんです。この女に主人公がメロメロになっていくという流れが問題で、微妙に顔をしかめクールに愚痴をこぼしそれでも身体を張って大立ち回りを演じるのなら納得出来たと思うのです。硬派で知られたプロフェッショナルがただの悪球打ちだったなんて・・・。

トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]
(2010/01/15)
フランソワ・ベルレアンナターリア・ルダコワ

商品詳細を見る

レスラー

 80年代に大活躍するも現在はバイトで食い繋ぎながらインディー団体のマットに上がる全身ボロボロ中年プロレスラーのどん詰まり人生と、長らく日本では表向き真剣勝負とされてきた業界の裏側を容赦なく見せつけるヴェネチア映画祭金獅子賞受賞作。すっかり風貌が変わり低迷を続けていた猫パンチの御仁も息を吹き返しゴールデングローブ賞をゲットしております。
 物語自体は非常にオーソドックスな落ちこぼれの悲哀物ですが、そういう風にしか生きられない愛おしい愚か者に否応なくグッと来てしまう中年男キラーな傑作です。パワーファイトとLAメタルの80年代が最高で、ハイスピード・バトル&総合格闘技とオルタナティヴ・ロックの90年代が最悪という、プロレス観・音楽観なら更に楽しめること請け合い。

 とかく転落人生を地でいくミッキー・ロークと重ね合わせて語られる本作ですが、私的にはそういう気分には一切ならず。無茶を繰り返して早逝したり再起不能になったり、あるいは奇跡的にリングに戻り再び命を削りながら闘うトップレスラーを数えたら国内だけでも両手で足りず、生き方が不器用でだらしなく借金だらけで家庭がぶっ壊れて荒んだ人生を歩むプロレスバカとなれば枚挙に暇が無いレベルで存在するわけですよ。パート毎にそいつらの姿が被ってきて涙ナミダなのであり、最後にはまるでランディ・ザ・ラムという実在のメインイベンターを追ったドキュメンタリーであるかのように彼の痛々しい人生に心を打たれ、エンドロールのブルース・スプリングスティーンの歌で完全にフォールされてしまったのです。
 さしてプロレスが好きでもなくミッキー・ロークの境遇を一切知らなくてもそれはそれで大丈夫。描かれるプロレス界の実態だけでも知らない人にはかなり興味深い内容で八百長認識を改める切っ掛けになるんじゃないかと思います。無論、笑いあり涙ありの人間ドラマとしても十分に見応えあります。

 娘にプレゼントする服を選んだり張り切ってスーパーの惣菜売り場でバイトするミッキー・ロークの姿は悲しくもユーモラスであり、ネタが被らないように試合内容を打ち合わせたり派手で痛すぎない凶器を検討したり罵倒の裏ではお互いを労りリスペクトする選手たちの姿も愛らしい。とにかく主人公含めレスラー達が悉くいい奴なんだがダメ人間というのが素敵。そもそも、治療に加え苦痛緩和や肉体改造の薬も欠かせず髪を染め日焼けサロン通いで外観を維持と、どう考えても興行のギャラではコストを賄えないわけでして、そのプロレス中毒ぶりには苦笑せざるを得ないのです。
 ストリッパー役をこなす40半ばマリサ・トメイの脱ぎっぷりも注目。盛りを過ぎた設定のわりに若々しく色っぽい姿態が嬉しいし、自立した女の強さと溢れる母性が破滅の物語に温もりを与えてくれるのです。あんなポールダンスやラップダンスが拝めて人生相談までのってくれるならストリップクラブ通いも悪くはないですな。

レスラー スペシャル・エディション [DVD]レスラー スペシャル・エディション [DVD]
(2010/01/15)
ミッキー・ロークマリサ・トメイ

商品詳細を見る

サマーウォーズ

 監督・細田守、脚本・奥寺佐渡子、キャラデザは貞本義行でアニメ制作はマッドハウスという、アニメ『時をかける少女』スタッフ再結集が話題の長編オリジナル作品。興収10億突破は公開規模を考えればメガヒット級でありメディア販売も好調、各種映画賞のアニメ部門を席巻しブレイクはアニオタだけに留まらないことも証明されている作品です。
 けど、個人的にはこの脚本でそこまで褒められる理由が謎。話は解り易いし退屈もしないですが、風呂敷はでかすぎだしキャラ描写が薄っぺらだし伏線の配置は稚拙だしサイバー物のプロットにも新鮮味が無いと思うのですが。

 とにかく主人公とヒロインの影が決定的に薄いのが難。軍師役な筈の主人公が立案するのは他人の技量に依存した大雑把な作戦ばかりで本人の活躍の場は意外に少なく、ヒロインにいたっては延々と蚊帳の外をキープして唐突に美味しいとこだけ掻っ攫う。二人が関係を深めるエピソードなんて殆ど無いのに済し崩しにくっつかれても困惑するばかりなのです。家族・友人の繋がりに乏しい主人公と巨大な親戚・縁者を抱えるヒロインとの対比を狙ったように思うんですが、なんで途中から男衆と主婦連という構図にしちゃったんでしょうか。
 何故に婆ちゃんが一目見た瞬間に主人公を認めヒロインを託したのかさっぱりわからないのも困ります。婆ちゃんは傑物として描かれ作品のテーマらしき台詞を吐くわけですが、物語の落とし所がそれとズレてるというか、最終的に家族を守るという役目をサブポジションのゲームチャンプに担わせるのであればそこに主人公が関与して欲しいところ。ちゅか、このストーリーだとヒロイン役は“煽てのセイラさん”な婆ちゃん一人でいいし、クライマックスも間接的でいいから彼女が落とし前をつけるべきだと思いました。

 そんなこんなで、もっと削ったり足したりブラッシュアップ出来るお話だったという不満はありますが、父方が9人兄弟で従兄弟だけで13人という身としては、親戚が一同に会した時の雰囲気はリアルに描けてたと思います。確かに子供達は年少組で固まり難しい年頃はやや距離を置き、男達は銘々に場所を塞ぎ女達は賄い組と井戸端組に分散し、長老が全体を掌握してました。台所とかも本当にあんな感じ。
 あと、世界の危機に一族の男達が立ち上がる展開のワクワク感はいいですね。漁船の活用法とか爆笑しました。男達の行動を女・子供が全然理解してないのも面白かったです。更に、ネットの戦いを甲子園予選とシンクロさせたり、この辺りの脚本は良く出来てますね。それだけに終盤の展開が釈然としないわけですが。
 んで、あのバーチャル世界の色々と杜撰で危うすぎるセキュリティシステムと“村上隆”チックなセンスには生理的に抵抗があるのですが、現実社会とデフォルメなネット描写との画のギャップやポップな格ゲー・アクション自体はさして気にならず。「レイアウトの鬼」と言われるだけあって演出は見所満載でしたし、あんな2D画なのに溌剌とよく動いてました。言うまでもなく『時かけ』で証明済みの現実世界の描写も美麗で躍動感あり。良く出来たアニメなのは間違いないです。

サマーウォーズ [DVD]サマーウォーズ [DVD]
(2010/03/03)
神木隆之介桜庭 ななみ

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。