「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン・ゾーン

 イラク占領下、大量破壊兵器の真実に迫っていく一人の米兵の姿を描くアクション・サスペンス。ポール・グリーングラス監督は『ユナイテッド93』に引き続き窮屈な題材に取り組んでて頭が下がります。陸軍の現場指揮官が主人公という陰謀モノとしては不自然すぎる設定が引っかかるものの、誰もが知ってる「真実」でスリラーをやるのは厳しいし、幅広い層にアピールするにはドンパチが欲しいというのも理解出来ます。ストーリーの畳み方が普通すぎるものの虚実織り交ぜて米国の欺瞞を追求する姿勢は良し。軍事アクションとしてもなかなかです。ただ、『ボーン』シリーズにしてもこれにしてもアクションが目まぐるしくカメラが揺れすぎるのが困ります。

 国防長官が「どこにあるか知っている。ティクリットかバグダッド、東西南北のどこかだ」と宣って「いや、知らねーだろ、それ」と世界がツッコミ入れてた頃に、大量破壊兵器の武装解除を目指しあやふやな情報の元に命懸けで奔走する地上部隊。現在ではわかりきってる戦争の大義の真実を敢えてネタにして訴えかけるのは、中盤の主人公の科白「こんなアメリカを誰が信用するんだ」って事で、国家の無能や隠蔽体質や虚偽情報に載せられたメディアやらが多くの犠牲を産むことは原発事故の一件で我々も目の当たりにしてしまったわけで色々考えさせられるのでした。ただ、重厚な社会派テーマを扱ってるにしては中途半端にエンタメ寄りなのも事実。よく似た方向性の『ハート・ロッカー』に比べると軽い印象は否めません。主人公が勝手に持ち場を離れてトラブルを起こすあたりは共通してるんですが。
 臨場感より観辛さが気になるカメラワークは置いといて、半壊した建屋が点在する混沌のバグダッド市街の雰囲気は秀逸。地上から見上げる空爆シーンとか制圧戦のアタックの様子や援護のフォーメーションなども本物っぽく、走る兵士と上空からナビゲートするヘリの連携演出も見応えあり。全体にアクションにはスピード感があってテンポも良く迫力は満点です。

 しかし、テーマの重さや演出の良さに比べキャラ造形が雑な辺りが本作の弱点。マット・デイモンは流石の安定感なのですが、アメリカやイラクの要人に直接コンタクトする一兵士というのは設定に無理があり過ぎます。その他、重要人物とは想像つかない脚の悪いイラク人、終盤は存在感が薄いCIAに思ったほど話に絡んでこないジャーナリスト、小物感漂いすぎの政府高官と特殊部隊隊長と、どれも薄っぺらいこと薄っぺらいこと。どうしたって宙ぶらりんに終わるしかないこの手の社会派ドラマにしてはアメリカ主導で新政権を作ろうとする事の是非まで踏み込んで纏めてはいますが、ストーリー自体はサプライズもなくオチも弱いので説得力はいまひとつなのでした。

グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]グリーン・ゾーン 【ブルーレイ&DVDセット・2枚組】 [Blu-ray]
(2010/10/06)
グレッグ・キニア、マット・デイモン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

 哀川翔の主演100作目を記念して製作された2004年公開の前作『ゼブラーマン』は公開規模が小さかった割りに興収を稼いだとはいえ作品的評価は低くぶっちゃけ失敗作というう認識。しかし、六年を経て上映規模を拡大してのまさかの続編が登場です。テレビ番組での盛んな告知に仲里依紗扮する「ゼブラクイーン」のCD発売などに宣伝費をがっつりぶちこんで華麗に興収10億円未達の大コケという、『ヤッターマン』の大ヒットに惑わされたTBSのご乱心作品。近年、仮面ライダーとスーパー戦隊の映画をがしがしヒットさせてる東映さんの映画だからといってヒーロー物のそれを期待しちゃダメだし、三池崇史監督×宮藤官九郎脚本というビッグネームが並んでも面白いとは限らないのであります。

 個人的にクドカン脚本は苦手だし今回も予告で強調していた殺人OKの「ゼブラタイム」設定が殆ど活かせてなかったりの不満は多々あるわけですが、戦犯は彼ではなく三池監督というか監督に『ヤッターマン』みたいなのをオーダーしたTBS平野隆プロデューサーと想像してます。セクシー衣装やギャグの方向性&滑りっぷりはアレと殆ど同一ですからね。つまり、「シモネタ」と「オヤジギャグ」。でもオールド・ファンからファミリー層まで見込める『ヤッターマン』と同じ土俵というわけにはいかないし、ジャニーズの代わりに芸歴25周年48歳の哀川翔じゃ女性客獲得も厳しいだろうに何処に勝算があるというのか。

 そんな中で一人『ダークナイト』のジョーカーを目指したっぽい仲里依紗。この馬鹿馬鹿しい世界観で哀川翔やガダルカナル・タカが脱力棒読みギャグを連発する中、キュートな側面を完全に消し去って大真面目に悪の華を演じ八面六臂の大活躍。レディー・ガガのパロディ風ミュージック・ビデオをはじめ登場シーンはボンテージ衣装ばかりで、殺しや裏切りなどのダーティな行為にエイリアンとの触手プレイなどアイドル女優の地位をかなぐり捨てる熱演です。なまじ日本人離れしたムチムチボディ故に目元を黒塗りしてしまうと女子プロレスのヒールにしか見えないのが難ですが。

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- スタンダード・エディション [DVD]ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- スタンダード・エディション [DVD]
(2010/11/12)
哀川翔、仲里依紗 他

商品詳細を見る

プレシャス

 ハーレムに暮らす16歳の主人公プレシャスは妊娠中で、これが理由で学校を馘になる。実は父親にレイプされた結果であり、しかもこれが二人目。当の父親は失踪中で、母親は生活保護をアテにして働かないし、補助が出るので通わせてるけど本音は教育も無駄と考えてて、口汚く罵り悪態をつくのがデフォルト。挙げ句に一人目の子はダウン症で、母に疎まれたため祖母に預けられてる。そんなこんなで両親に虐待される貧困層の黒人少女がとある教師に出会い人生に少しずつ希望を見出してくありがちなお話・・・なんですけど其処は一捻り。
 普通なら薄幸の美少女が勉強とかスポーツとか性格の良さとか何か秀でたスキルで幸せを掴む展開ですが、凶悪顔の巨デブ、読み書きできないレベルの知力、見た目通りの運動能力、かつ社交性も低くて妄想で辛い現実を紛らわすのが関の山というヒロイン像となっているのが本作の特徴です。そこらの携帯小説を超える不幸てんこ盛り設定で底辺ライフを描くめっちゃ社会派な作品。でも泣かしてやろう感無く、社会的に無力で無知な貧困層の子供でも前向きに生きる術はあるという励ましを感じさせる映画でした。

 圧倒的な存在感はオスカーをゲットした虐待ママ役のモニーク。観ていて本当に怖ろしくなる程に不幸の連鎖の元凶として暴れまくり。その気性の荒さは常に何かとんでもない事をしでかしそうな雰囲気を纏い、煙草を持ったまま赤ちゃんを抱くシーンとか凄い緊迫感でした。本業のコメディアンの仕事に差し支えかねないレベル。
 そして、トップ・ミュージシャンのオーラを完全に消し去ったすっぴんのマライア・キャリーが社会福祉のカウンセラーを好演してるのも話題。あと、何故だかレニー・クラヴィッツも男性看護士役で出演してます。こっちは妙にセクシーという意外には特に印象なしの小さな役でしたが。
 さて、芸人やポップ・スターが活躍し主役も個性的な新人が務める本作で割を食ったのが、『デジャヴ』『ミラーズ』のヒロイン役で知られる主演級女優ポーラ・パットン。ドロップアウトした問題児達の更正に尽力する女教師という大役をきちんと演じながらモニークとの絡みが薄いせいで美味しい所を全部マライアに持ってかれちゃいました。また、フリースクールの生徒達が無駄に美形揃いなのも彼女の足を引っ張ることに。主役のガボリー・シディベがリアルにフライドチキンをバケツ食いしそうな外観であり役柄上愛嬌を振りまくわけにもいかないため華を添える役回りが一杯必要とはいえ急に不自然になるんですよね、学校のシーン。となれば人格者の先生が一番嘘っぽくなるのは必然なわけで。それにしても、あんなにルックスもスタイルも整ってるのにアルファベットが書けない娘ばっかの教室ってショッキングですな。

プレシャス [DVD]プレシャス [DVD]
(2010/11/05)
ガボレイ・シディベ、モニーク 他

商品詳細を見る

ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う

 同じく石井隆監督がメガホンをとった1993年の映画『ヌードの夜』の続編。といっても主要人物が殆ど劇中で死亡してるため再登板キャラは竹中直人演ずる主人公だけであり、前作の知識も全く必要としません。
 劇場版より19分長いというディレクターズ・カット版を観賞。恐らく追加分は終盤の無駄に長いヌードシーンでしょう。ヒロイン役の佐藤寛子という女優については全然知らないのですが、来歴を見るとほしのあき・磯山さやかとユニットを組んで歌ってたりするのでグラビアアイドルとしては結構メジャーな娘のようですね。濡れ場は勿論のこと官能ポールダンスやらローション塗ってボディー洗いやらセクシーショット満載ですが、お話はかなりえげつなくグロテスク&バイオレンスな描写も多々あるので注意が必要です。なお、大竹しのぶ・井上晴美・東風万智子(旧名:真中瞳)といった女性キャスト陣は脱いでおりません。

 先ずはヌードの方から。佐藤寛子、悲壮な程に頑張ってます。特に後半は登場シーンの半分以上で服着て無い印象。殆ど必然性がないままに薄モザイクでヘアヌードを披露しまくります。たぶん前バリをしてるんでしょうが、でなければスタッフ・キャストにモロ見え必至の過激なポーズばかりでした。その割りにはエロさを感じませんでしたが。けど、しなやかなボディーライン、特にあばらとくびれが美しかったです。しかし、石井隆ワールドは灰汁が強く只の裸目当てには優しくありません。冒頭からドロドロでグチョグチョな惨劇をぶちかまし冷や水を浴びせてくるのでした。

 さてドラマの評価ですが、前半は現代闇社会の迫力を堪能できるものの後半は散漫でオッパイと粗ばかりが目立ちます。決して失敗作じゃないけど佳作というにも微妙という出来。嫌な奴・怖い奴・暴力・殺人など数々の修羅場にブラックなユーモアを織り交ぜノワールとしてもサスペンスとしても盛り上げておきながら、完全犯罪にはほど遠い方向へ転がり落ちスリラーとしても中途半端。歪んだ純愛やハードボイルドの要素も弱いです。
 特に、大きくバランスを崩してるのは女刑事の存在です。行動は不自然だし主人公との関係性が今一つピンとこない上に事件との絡みも弱いのに最終的に重要なポジションにいるのが腑に落ちません。演じた東風万智子に責はないのですが。
 そして、頑張りすぎてる痛々しさがグッっと来るものの佐藤寛子の力量不足は否めません。前半は大竹しのぶ&井上晴美の息ピッタリな鬼畜母娘ぶりの影に隠れて印象が薄く、後半は存在感が急激に増すもののおどろおどろしい過去を持つ背徳感やシリアルキラーとしての怪物ぶりが伝わってきませんでした。彼女は単に脱げるだけの主演女優では決してなく標準レベルの演技力は有してるようなんですが、残念ながらその程度ではこなせない複雑な役なのです。終盤の洞窟が安っぽい&明るすぎる点も彼女にとってマイナスで、竹中直人や大竹しのぶの力を借りられない単身シーンをこの舞台で撮ったことで悲劇のヒロインの筈がどうしようもなく陳腐になってしまいました。肢体もガッツも素晴らしいだけに実に惜しいです。

ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う ディレクターズ・カット 完全版 [DVD]ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う ディレクターズ・カット 完全版 [DVD]
(2011/02/25)
竹中直人、佐藤寛子 他

商品詳細を見る

ザ・ウォーカー

 一冊の本を携えて文明が崩壊した北米大陸を西に向かって歩き続ける男と、ならず者達を従えてその本を執拗に探し力ずくで奪い取ろうとする町の支配者が、弱肉強食の無法の荒野で激突するデンゼル・ワシントン主演の近未来サスペンス・アクション。
 「この世に一冊だけ残った世界を支配できる本」とか作品紹介されれば、その正体が世界一のベストセラーというのは鉄板だろうということで、バトルはぬるく説教臭い話なんじゃないかと思いつつも好物の終末モノということで観賞。意外や意外、殆ど期待してなかったこともあり地味に面白かったです。まさか、随所で殺しまくりのマカロニ・ウェスタンとは・・・。

 とにかく、話が進むに連れて明らかになるバカっぽい世界観が素敵でした。最終戦争から僅か30年余りで生産能力や識字率がほぼゼロに落ち込むという『マッドマックス』や『北斗の拳』でもやらなかった無茶な想定に、主人公の常人離れした殺傷能力とトンデモ設定による不死身ぶり、ツッコミどころ満載の衝撃のオチなど数々のダメ要素をこれでもかと積み重ねております。特に全編に渡って貫かれる欧米特有の観念が普通の日本人にはピンとこないわけですが、それが逆に作用して毛唐のアホさ加減が皮肉の利いた社会派エンタメとして成立しているという不思議。まあ、被災時に暴動も起こさず整然と暮らす信仰の浅い民族というのは、この映画の世界観を全否定しかねない存在ですからね。

 意外とアクションが少な目なのが残念ですが、山刀の殺陣にしろガンファイトにしろ凝っていて面白かったです。老夫婦の家での銃撃戦なんてカメラワークがただ事じゃありません。ただ、中ボス級の弾けた悪役が質と量の両面で物足りないのがかなり痛いです。
 また、スタイリッシュな雰囲気作りとか裏設定の細かい演出とかは巧いんですが、主要キャラの作り込みの弱さがそれを帳消しに。殆どデンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの力量頼みで緊張感を持たせてるのでその他大勢のギャップが凄いのであります。けれど、久しぶりに見たジェニファー・ビールスは老けても変わらずジェニファー・ビールスでした。これが一番の収穫。

ザ・ウォーカー [DVD]ザ・ウォーカー [DVD]
(2010/11/02)
デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン 他

商品詳細を見る

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。