「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男たちの大和 YAMATO

 伝説の『北京原人』を撮ってしまったが為に地に堕ちた巨匠・佐藤純彌監督でしたが今回は熟練の手腕で汚名返上。極めてオーソドックスな戦争映画で、いかにも東映らしい王道的古めかしさが漂ってますが、殊更に特攻を英雄視するでもなく極端に無駄死にを強調するでもない、つまり思想的に偏っていない普通の老若男女にドンピシャのエンターテイメントを作り上げました。垣間見せる程度の軍隊批判のスタンスで青春群像や母子・恋人達などの人間ドラマを魅せる作品で、アクションや特撮を期待する人には不向きです。久しぶりにマトモな戦争モノの邦画を観れました。

 参謀や艦長ではなく機銃座や烹炊所の下士官にスポットを当てたドラマ展開になっているのが日本映画にしては珍しいです。あくまでも下士官の視線なので雲上人の幹部や大和の全景、僚艦の姿、敵軍などの描写を控え、舞台は予算一点投入の見事な大和左舷甲板周辺のセットだけにほぼ限定(米軍は左舷に攻撃を集中したから)。スケール感は落ちますが下手にCGでゲームっぽいロングショットを拵えるより良かったんじゃないかと。絶望的な物量の敵が見たいなら『父親たちの星条旗』(観賞済、良作)でも観ればいいんだし。いいじゃないですか『男たちの大和・・・の対空機銃』で。弾幕といえば左舷ですし、うん。

 戦闘シーンは、撃たれて息も絶え絶えになりながら大物役者がたっぷり見得を切って死ぬような場面は殆んど無くて(東映なのに!)、手足が千切れて肉片が飛び交うほどにはリアル過ぎないレベルで凄惨にあっさり死んでいく兵士たちが出色でした。少年兵の死があまりにあっさり過ぎて誰が誰だかわからなくなるのが難ですが。
 丸刈り痩せ型の少年兵たちや下士官向けルックスの中村獅童だけじゃなく期待してなかった反町隆史もちゃんと当時の海兵に見えてて良かったです。でも、「男たちの・・・」といいながら儲け役は女性陣にごっそり。特に蒼井優が光ってましたが、泣き要員・寺島しのぶが少ない出番ながら存在感たっぷりで実に東映的だったのが印象深いです。

 だけど間に挟まる現代劇部分がいかんともしがたいのです。原作未読なんでよく解らないんですが、戦艦大和の生き残りの《あまりにも若すぎる》養女に乞われ大和が沈んだ場所まで船を出すことになった漁師が偶然にも義父の戦友なんて無理な設定が必要だったんでしょうか?更にその道すがら、養女が船酔いに苦しんだり漁師が心臓病で倒れたりしつつ切々と60年前の回想が進む不自然さ。しかも回想部分とのつなぎが上手くシンクロしないので全体がぶつ切りのエピソードの羅列になりリズムを損なってます。シニア層のトイレ対策で中座しても話が繋がるシーンを意図的に入れてるのであれば拍手ものですがね。

男たちの大和 / YAMATO 男たちの大和 / YAMATO
反町隆史 (2006/08/04)
東映

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/102-bb745c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『男たちの大和』と戦艦大和の造られた呉市

 ―「大和ミュージアム」の隣りに 「てつのくじら館」、4月にオープン!― 最近、亀さんが「戦艦大和の造られた都市」の出身です」と言ったら、「尾道ですか?」と問われた。(多少ショック!) 相手の人は、映画『男たちの大和』を見て以来松山ケンイチのファンになった

  • 2007/03/08(木) 20:55:13 |
  • 団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。