「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シムソンズ

 最近流行りの寄せ集めの素人がなんか凄いことやっちゃう系青春映画。ちょっとしたキッカケで始めて、最初メタメタで、ワケありの凄いコーチがついて、内輪揉めして、強引に仲直りして、再始動後はいきなり実力アップという、掃いて捨てるほどあるヤツです。この映画はものの見事にこのパターンで、対象スポーツはトリノ五輪の「カー娘。」旋風が記憶に新しいマイナー冬季種目・カーリングであります。先日のパシフィック選手権は男子4位・女子3位でしたね。

 この物語は実在したチーム「シムソンズ」がモデルのフィクションです。「チーム青森」の小野寺選手と林選手がかつて在籍していたソルトレイク五輪日本代表チームが「シムソンズ」なのです。つまりこの映画は和製『クール・ランニング』なんですね。
 ホタテとタマネギとカーリングの町・北海道常呂町を舞台に、氷上のチェスに青春をかけた卒業目前の同級女子高生4人組の友情をライトタッチで描きます。トリノの頃に得た知識では小野寺さんと林さんは中学からチームメイトだった筈なのでストーリーのかなりの部分が脚色だと思いますが、たぶん選手の性格とか彼女らを鼓舞するメンタルな部分は現実に近いんじゃないかと推測。小野寺・林の両選手をモチーフとした2人(残念ながら脇役)が妙にベタベタと仲が良かったり、ひとり突っ走るリーダーの娘が現実でもさっさと結婚引退してたりしますし。

 実にオーソドックスな演出で、予想外の展開も無いし、台詞も青臭いし、演技もアイドル映画の域を出ないのですが、つくりが丁寧でテンポも良く、キラキラの北海道とキラキラの4人娘がきっちり撮れてて、くだらないギャグでドン引きさせることもなく、素朴で暖かく萌えも燃えも充分で泣かせも上々。要するにバランスが絶妙です。意外な良作。
 ただ、カーリングは常呂中学校が日本代表を負かしたりするスポーツではありますが、それでも初心者が確変に入って快進撃って展開にするにはプラスアルファが必要に思えました。劇中でわざわざ「練習すれば出来るってもんじゃないっ!」って云わせておいて友情パワーだけで押し切るのはどうかと。それに、体育の授業や町内会行事で親しまれているスポーツと説明しといて主人公達がルールもろくに知らないって設定は不自然。さらに勝利至上主義の娘があんな素人集団とおとなしくチームを組む理由も弱いです。コーチが叩かれてるのも理解できません。一般人ならともかく競技者ならセルフジャッジの紳士的スポーツって知ってるだろうに。この辺り脚本で何とかなったんじゃ無いですかね。
 まあ、常呂町とカーリングのPRには充分に貢献してるし、女の子達が元気で可愛いってことで細かいことは許しましょう。ただ、カーリング特有の試合途中のほのぼのおやつタイムが無いのは残念。アレは目茶目茶キュートな光景なのに。

シムソンズ 通常版 シムソンズ 通常版
加藤ローサ (2006/07/28)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/104-e3bd738a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。