「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッシュ

 アカデミー賞とか関係なくコレは素晴らしい群像劇です。エピソードが乱立するグランドホテル形式でありながら話が上手く噛み合っていて、衝突の螺旋が徐々に収斂する様が心地よいです。よく考えると一つ一つの話の内容は薄いんですが統一感でそれを見事に補い、ヘビーな話の数々とドロドロの人間関係をささやかなクリスマス・ファンタジーへ昇華させ見応えある作品になってます。悪と正義を頻繁に入れ替えたり、奇跡の連発かと思わせて救いの無い展開があったりメリハリも良い塩梅です。

 当初は「人種差別」「銃社会」「階級差」といった日本に馴染みの無いストーリーだと思ってたんですが、描かれたものはもっとシンプルに「偏見」と「不信」の連鎖が生む軋轢という普遍的なテーマでした。「アメリカはおっかないね。」で済む話じゃありません。
 ネットで声高に叫ばれるほどに嫌韓・嫌中が現実社会で進んでるとは思わないけど、荒っぽい窃盗事件には中国人を想像するし、うっかりチリ人妻を娶ると白い目で見られるぐらいには世間の偏見は助長されてます。韓国人の全てが嘘つきじゃないし、南米の人が凶悪とは限らないし、米軍はレイプ魔ばかりじゃないけれど、拭い難い不信感はやっぱりあります。北朝鮮問題はあるものの思想的・民族的な差別は昔より少なくなってきていて、現在色濃いのは外国人や宗教団体の事件を背景にしたレッテル貼りによる差別なんですよね。まあ、昨今の日本では異文化・異人種との衝突より親子間・世代間の衝突の方が深刻な気がしますが。兎も角、日本にもクラッシュの下地は確実にあります。
 そして劇中でしばしば見られる、本当に些細な事柄からむしゃくしゃして起こるトラブル、八つ当たりされる弱者、妬み根性の大衆、言葉不足からの誤解、全部普通にその辺に転がってる問題です。「クラッシュして触れ合えば良いことか悪いことかは別にして何かが起こる」というこの映画のスタンスは、上手くかわす事で丸く収める日本の文化とはちょっと違うかなと思うんですが、考えさせられることが多い映画でした。

 ただ、やっぱりアメリカ特有の問題を扱った辺りはちょっと難しいですね。レイシストの白人警官の抱える問題では手厚いとは言い難いアメリカの保険事情やら、行き過ぎた人種優遇政策とそれで割を喰う白人貧困層(アイリッシュ系とか)、検事さん絡みでは白人による黒人殺しは無関係であっても人種問題に発展しがちなこと、黒人世論のアピールに白人を生贄にする逆差別が社会問題化してることなんかを知識として持ってはいるものの細部のディティールがスッキリしません。黒人とヒスパニックではどっちが階級が上なのかってのもわかってないし。マイノリティの底辺に割り当てられてるのがどうやらアジア人なのはわかりましたが。

クラッシュ クラッシュ
サンドラ・ブロック (2006/07/28)
東宝

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/109-4179c081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。