「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWING GIRLS

 スペシャル・エディションを入手。未見であり、特に贔屓の役者さんもいないのに何故スペシャルなのかと言うと、中古屋がスタンダードと同じ値札を貼ってたから。お買い得なので素知らぬ顔でレジへ。コレで特典DISK入ってなかったら笑うなぁと思ったけど、ちゃんと2枚あった、ラッキー。
 ようやく劇場公開時にネットで好評だった本仮屋ユイカさんを確認しました(僕はテキストだけ読んで殆んど映像・画像をチェックしない人なのです)。すっごく美味しい役だったんで評判の良さには納得。僕はベースの娘が好みですが。どーでもいいですね、はい。

 これ評価が難しい作品です。娯楽作品としては申し分ない楽しさなんですが、2時間弱の映画としてはまとまりが悪いです。テレビシリーズの総集編を見てるような感じで、ストーリーの雑さが気になります。特に序盤の『少年が必死にメンバーを集める理由』と『ガールズたちが高価な楽器を買ってまでジャズにはまる過程』に説得力がない。ぼくは、「吹奏楽部を退部しようとしてた少年が何故この状況で?」、「何でジャズなの?別に吹奏楽でもロックでもいいんじゃね、演奏できれば?」と思ってしまった。テレビなら数話使って説明するところを大胆に編集してみましたって感じなんですけど、"Girls meet Jazz!!!"ってテーマでそこ端折っちゃダメだろ。
 それはさておき、実際に出演者たちが演奏しているというセッションが増える後半はノーテンキに楽しめます。ガールズの皆さんご苦労様でした。メインメンバーの方が明らかに下手(除くb&ds)なのは演技の負担がそれだけ多いって事なのでご愛嬌。特にtpのソロはよく頑張った。Make her mineのアレンジがカッコイイ。

 あと特典DISKのサイドストーリーはガールズファン以外にはとるに足らない内容のものばかりです。基本的に学芸会レベルの演技だし。ただ、1本だけガールズ抜きで弁当屋さんにスポットを当てた話があってこれは面白かったです。まあ、わざわざDVD買う層はメイキングやロケ地ガイドなんかも観たいでしょうからスペシャル・エディション(あるいはプレミアム)を買うんじゃないかと思うんですが、正直この価格差はふっかけ過ぎだと思いますよ。

スウィングガールズ スタンダード・エディション スウィングガールズ スタンダード・エディション
上野樹里 (2005/03/25)
東宝

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/11-f4c0703c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。