「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006ゴールデン・グローブ賞

註)これは2007年01月17日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・ゴールデングローブ賞、結果発表(allcinema)

 助演女優賞候補だった菊地凛子さんは惜しくも受賞を逃しましたが、出演作『バベル』はドラマ部門作品賞をゲット。アカデミー賞に一歩、というほどGG賞との連動性は無いんですが、先ずは好位置につけたってところでしょうか。マピールさんが公開を楽しみにしてるミュージカル『ドリームガールズ』も高評価であります。
 ・・・にしても、こっちじゃイーストウッドは外国語作品賞のみのほぼ無印、オスカーも厳しそうです。また、外国映画賞にエントリーしていた日本代表の『フラガール』は既に一次予選敗退が決定しております。
 ディカプリオの悲願は成るのか注目のアカデミー賞は2月25日発表。『ダ・ヴィンチ・コード』の扱いが気になるラジー賞はその前日です。


【主要部門賞】
(ドラマ部門)
 作 品 賞 『バベル』
 主演男優賞 フォレスト・ウィッテカー 『THE LAST KING OF SCOTLAND』(原題)
 主演女優賞 ヘレン・ミレン      『クィーン』
(コメディ/ミュージカル部門)
 作 品 賞 『ドリームガールズ』
 主演男優賞 サシャ・バロン・コーエン 『Borat』(原題)
 主演女優賞 メリル・ストリープ    『プラダを着た悪魔』
(共通部門)
 監 督 賞 マーティン・スコセッシ  『ディパーテッド』
 脚 本 賞 ピーター・モーガン    『クィーン』
 助演男優賞 エディ・マーフィ     『ドリームガールズ』
 助演女優賞 ジェニファー・ハドソン  『ドリームガールズ』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/113-491052d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

菊地凛子

菊地凛子菊地 凛子(きくち りんこ、1981年1月6日 - )は、日本の俳優|女優。神奈川県出身。anore所属。 略歴* 1999年、「菊地百合子」として映画「生きたい」でデビ

  • 2007/01/18(木) 01:32:12 |
  • みおの日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。