「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユナイテッド93

 この作品は政府公式発表と関係者・遺族等からもたらされた情報を集めて「あの時何があったか」を徹底的にシミュレートしたものであり、そこには遺族の「彼ならばきっと」という願望も当然含まれますが、これは遺族が彼らの死に様を全世界に知ってもらうための慰霊映画なんだとご理解いただきたいです。つまり、米軍機による撃墜とか陰謀論を語りたい人は最初から「お呼びで無い」ってことですんでよろしくお願いします。

 傑作です。フィクションとノンフィクションの境目のギリギリの位置に見事に立っています。美談を満載するでもなく、乗客を英雄視するでもなく、テロリストへの怒りを煽るでもなく、軍の無能をあげつらうでもなくデリケートに描いてます。とにかく緊張感が半端じゃないです。この映画を観て、何が起こってるのか現実なのかもよくわからないで茫然と見つめている内に二機目突撃からビル崩壊と衝撃が続いたあの夜の自分の無力感を鮮明に思い出しました。何度も繰り返して観る映画じゃないですが必ず一度は観るべき映画ですね。
 秀逸なのは舞台を機内と民間管制・空軍指令のみに限定したことです。電話の受け手である遺族側の映像を入れて安易な泣かせを作るなんて事はしてません。墜落現場の映像は勿論、エピローグに使いがちな追悼式典の光景も敢えて外してあります。そして、不謹慎ではありますが、実話であるが故に「墜落バッドエンド」なんていう禁じ手が使えてしまった事もこの映画が凄くなった一因だと思います。

 役者は全て無名、管制官や軍人さんに至っては本人出演多数でありながら、皆さん臨場感溢れる抑えた演技が見事です。特にアメリカン77が突っ込んだシーンのリアクションが素晴らしいです。つーか、アレは演技じゃなく素の反応なのかも。リアルタイムで見てしまった者として未だ残る強い衝撃は理解できます。それにしても、醜態といっていい混乱状態の防空司令部の将校とかよく出演してくれたものです。自分達の失態を再現するのに協力するんだから偉いです。
 管制室で情報が交錯するシーンが多数あるので日本語吹替の方がいいかなと思ったらこれが全然緊迫感が無いです。字幕ではパニック状態の管制官達の台詞を追いきれて無いけど、かなり頑張った字幕がついてるようなので英語版推奨です。英語ができる人には鬱陶しいほどの字幕量でしょうが。

ユナイテッド93 ユナイテッド93
コリー・ジョンソン (2006/11/30)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/117-0440edce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。