「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006ベストテン SCREEN&ROADSHOWの場合

註)これは2007年01月30日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

 さて、マピールさん的にはどーでもいいファッション映画誌の老舗、SCREENとROADSHOWの2006ベストをチェックしてきたので記録。とりあえず、『グエムル』を外したSCREEN誌は敵決定です。

 両誌とも順位こそ違うもののセレクトされた映画はキネ旬とほぼ一致。一誌のみのランクインはキネ旬の『太陽』とSCREENの『プロデューサーズ』だけです。明らかにベクトルが違う映画秘宝系は別として、評論家的に2006年の重要な洋画が僅か13作に固まるって事の意味に悩みます。洋画不振のせいなのか秀作揃いだからなのか。とにかく権威筋の2006ベストは『ブロークバック』と『父親』が2強形成なのでした。
 あと3誌とも『父親』が『硫黄島』より上の評価。アメリカでは逆で『父親』はオスカーの主要部門で全くノミネートされてないのが面白いです。そういえばオスカー作品『クラッシュ』よりも負けた『ブロークバック』が上なのも3誌共通ですね。

【SCREEN誌ベスト・テン】
  1位 『ブロークバック・マウンテン』
  2位 『カポーティ』
  3位 『父親たちの星条旗』
  4位 『グッドナイト&グッドラック』
  5位 『クラッシュ』
  6位 『ユナイテッド93』
  7位 『麦の穂をゆらす風』
  8位 『硫黄島からの手紙』
  9位 『プロデューサーズ』
 10位 『ナイロビの蜂』

【ROADSHOW誌ベスト・テン】
  1位 『ブロークバック・マウンテン』
  2位 『クラッシュ』
  3位 『父親たちの星条旗』
  4位 『カポーティ』
  5位 『硫黄島からの手紙』
  6位 『グエムル 漢江の怪物』
  7位 『ナイロビの蜂』
  8位 『ユナイテッド93』
  9位 『マッチポイント』
 10位 『麦の穂をゆらす風』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/118-96a7fbeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。