「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シークレット・ウインドウ

 ジョニー・デップのファンの方々。本編は9割がた彼の出番で占められてます。彼にとっても実にやりがいのある役だったろうと思います。彼の熱演を存分にお楽しみください。この映画はジョニー・デップを観る映画なのです!

 スティーブン・キングのファンの方々。いつも通り、「キングの小説を映像化するのは難しい。」という感想になるかと思います。でも、「ああ、キングだ!」とうなずくディティールも多々あります。暖かい目で見つめましょう。

 サスペンス・スリラーのファンの方々。殺人が起こる前に、下手すると冒頭のシーンだけでオチが読めるかもしれませんが冷静に。全編見終わったあとで、「なるほど!」と納得する点も非常に少なくて、伏線っぽく蒔かれてるネタの殆んどは拾われませんが落ち着いて。全神経を集中して監督が用意した巧妙な伏線を見つけてあげてください。メイキングを見て判明したんですが、どうやら監督の脳内では観客を騙したり混乱させるシーンが随所に散りばめられているようです。ただ素人は見過ごし易い。演出マニアじゃないと感じ取れない領域だと僕は思いますがそういう事です、頑張ってください。

シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
ジョニー・デップ (2005/04/22)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/12-e62b2b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。