「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006ブルーリボン賞

註)これは2007年02月14日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・ブルーリボン主演女優賞の蒼井優“感激”涙の授賞式(サンスポ)

 昨日は「第49回ブルーリボン賞」の授賞式でした。在京スポーツ新聞社を中心とする映画担当記者が選考する賞という事で、名前は立派だけどTV局の意向や政治力の影響が著しい「日本アカデミー賞」よりも遙かに権威のある映画賞だと個人的には思ってます。ただ、脚本賞が無いのが不満。

 ご多分に漏れず『フラガール』と『ゆれる』の一騎討ちですが、ここは『フラガール』に軍配。根岸吉太郎と西川美和の争いになってる監督賞は、ここでは西川監督が勝利です。主演男優賞は渡辺謙で今年は鉄板。キネ旬と映コンで助演女優賞だった蒼井優が中谷美紀を抑えて主演女優賞をゲットしたのがちょっと意外でした。ちゅか、『フラガール』の主演は松雪泰子なのでは?

【主要部門賞】
 作 品 賞 『フラガール』
 監 督 賞 西川美和  『ゆれる』
 主演男優賞 渡辺謙   『明日の記憶』
 主演女優賞 蒼井優   『フラガール』『ハチミツとクローバー』
 助演男優賞 香川照之  『ゆれる』『出口のない海』『明日の記憶』
 助演女優賞 富司純子  『フラガール』『寝ずの番』『犬神家の一族』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/124-2b301837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。