「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006キネ旬ベスト

註)これは2007年01月16日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。


・米アカデミー賞よりも歴史が長い!「第80回キネマ旬報ベスト・テン」発表!(シネマトゥデイ)

 クリント・イーストウッド監督、外国映画部門3年連続1位獲得!しかも今年は奇跡の1&2フィニッシュ。タッグを組む脚本(『硫黄島・・・』は原案)のポール・ハギスは監督作『クラッシュ』もランク・イン、圧勝です。そして意外にも『グエムル』が3位!!映画秘宝ならともかくキネ旬での快挙に驚きです。
 邦画の1位は映画賞総ナメを噂される『フラガール』がキネ旬的に強そうだった『紙屋・・・』らを押さえて獲得。『時をかける少女』はやっぱダメか、アニメだし。

 僅か20本程度のマピールさん観賞作品が6本もランクイン。外国映画に限ればもっと高率ですよ。日本映画も今後DVD観賞しそうな作品がちらほら。ありえない。だって05年のランクインで観た映画は未だ4本なのに。
 今年は聞いた事の無いタイトルが全然無いんですよね。こんなのキネ旬じゃないです。文化映画(1位は『あの鷹巣町の その後』)なんて枠が出来たせいですかねぇ。

【日本映画ベスト・テン】
  1位 『フラガール』
  2位 『ゆれる』
  3位 『雪に願うこと』
  4位 『紙屋悦子の青春』
  5位 『武士の一分』
  6位 『嫌われ松子の一生』
  7位 『博士の愛した数式』
  8位 『明日の記憶』
  9位 『かもめ食堂』
 10位 『カミュなんて知らない』
 次点 『ストロベリーショートケイクス』

【外国映画ベスト・テン】
  1位 『父親たちの星条旗』
  2位 『硫黄島からの手紙』
  3位 『グエムル 漢江の怪物』
  4位 『ブロークバック・マウンテン』
  5位 『麦の穂をゆらす風』
  6位 『太陽』
  7位 『カポーティ』
  8位 『グッドナイト&グッドラック』
  8位 『クラッシュ』
 10位 『マッチポイント』
 次点 『ユナイテッド93』

【主要部門賞】
 監 督 賞 根岸吉太郎 『雪に願うこと』
 脚 本 賞 西川美和  『ゆれる』
 主演男優賞 渡辺謙   『明日の記憶』
 主演女優賞 中谷美紀  『嫌われ松子の一生』
 助演男優賞 香川照之  『ゆれる』、笹野高史 『武士の一分』
 助演女優賞 蒼井優   『フラガール』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/126-2b657e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。