「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALWAYS 三丁目の夕日

 高度成長期“昭和33年”の古き良き日本を描いた人気コミックの劇場版ですが原作は未読。とにかく観た人の評判が圧倒的に良くてターゲットの団塊世代もそのジュニア世代も「良かった!」「泣ける!」と口を揃える作品ですが、マピールさんは「えっ!これで泣ける?うそ?」という感じで取り残されたのでした。一番気に入った焼き鳥の団らんシーンでもジーンとは来なかったです。退屈することの無い映画なのは認めますが、世間並みに大絶賛する程には感銘できず。なんか悔しい。

 まあ、おかげでマピールさんはガチガチに保守派でオーソドックスな手順を踏んでくれないとダメだって事を自覚。この映画の極めてシンプルで贅肉を削ぎ落とした構成では涙腺が緩む前にエピソードが消化されてしまうのですよ。全体に薄口で不幸と幸福のメリハリが弱く人情話としてベタな要素を外しすぎです。話に軸が無い上に重層的でもないのは群像劇としてどうなのか。吉岡秀隆は連載を確保してる上に道楽気味に駄菓子屋を経営する余裕があるし、堤真一の家は3種の神器と商用車&電話を揃え「貧しくても心は豊か」というのもピンときませんしね。
 それに伏線のタイミングが変。肘のツギ当てにしても小料理屋の先行きを暗示するワンカットにしても別のエピソードにさりげなく混ぜて置くべき伏線が直接のエピソードの頭に入ってるのはスマートじゃないです。「医者が飲んでる横にサンタの衣装があるだけでよかろうに」とか、「いちいち感動を台詞で伝えさせるなよ」とか演出にも感心しない点が多かったです。あと短編の羅列を同時進行で誤魔化してる割りに暗転の多用でぶつ切り感が増してたのも気になりました。でも大多数がこれで満足してるんだから、やっぱりマピールさんの頭が固くて感受性に難があるんでしょう。仕方ないです。

 小道具やミニチュアセットの出来は素晴らしくCGも違和感無くはまっているのはさすが“特撮畑”山崎貴監督。この時代の映像がカラーで楽しめるってだけでも価値が高いです。建設中の東京タワーと路面電車の行き交う大通りのロングショットを眺めると「嗚呼、1作目のゴジラやモスラをリメイクするなら特技監督はこの人!」と確信します。映像は文句無し。・・・いや、あの時代だと最新鋭機のミゼットがオンボロ過ぎるのは異議ありですが。
 しかし、トリップを誘発する雰囲気作りは特筆モノの巧さですね。現実の昭和30年代を離れて美化された一種のテーマパークが醸し出す独特の空気は確かに心地よく、有無を言わさず共感させるスイッチもあちこちに仕込まれてます。誰に感情移入してもいいし登場人物として混ざってもいい箱庭的な世界を構築してるのは感じます。たぶん、これが多くの人を惹きつける魅力なのでしょう。

 でも、これだけ技術的に完成していながらマピールさんは巧くシンクロ出来ない。恐らく登場人物の行動に納得出来ないからですね。家族同然に暮らしながら心を開いて無い奴ばっかりだし周りにお節介な奴が少なすぎ。この街は実は昭和40年代の京塚昌子や森光子のホームドラマよりもドライな関係で居心地が悪い。この人物描写の時代感のズレが気になって現実に引き戻されてしまうんですよね。まあ、堀北真希が可愛かったから良しとします。

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
吉岡秀隆 (2006/06/09)
バップ

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/129-9fa7f11b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。