「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006アカデミー賞

註)これは2007年02月26日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・第79回アカデミー賞(シネマトゥデイ)

 レオナルド・ディカプリオの悲願の主演男優賞受賞はやっぱり無かったですが出演作『ディパーテッド』は順当に作品賞を獲得。アカデミー賞は組合賞なので投票権を持つハリウッド俳優があまり出演していない『バベル』『硫黄島からの手紙』は最初からハンデを背負って居るのです。
 エディ・マーフィが助演男優賞を逃したぐらいで、主な賞は波乱無く前評判通りの結果に。個人的には『トゥモロー・ワールド』で鉄板と思われた撮影賞を『パンズ・ラビリンス』に持ってかれたのが一番のサプライズでした。

【主要部門賞】
 作 品 賞 『ディパーテッド』
 監 督 賞 マーティン・スコセッシ  『ディパーテッド』
 脚 本 賞 マイケル・アーント    『リトル・ミス・サンシャイン」』
 主演男優賞 フォレスト・ウィッテカー 『ラストキング・オブ・スコットランド』
 主演女優賞 ヘレン・ミレン      『クィーン』
 助演男優賞 アラン・アーキン     『リトル・ミス・サンシャイン』
 助演女優賞 ジェニファー・ハドソン  『ドリームガールズ』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/131-0d76cd81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。