「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポセイドン

 さて、2006トホホ外国映画の代名詞であり「リメイクされる意味がわからない」との声が圧倒的な本作ですがその実態は・・・あー、脚本が屑。オリジナルを冒涜してるって意見は否定できませんね。自分達だけが助かればいいと思ってる連中を主役にした脱出劇って、何を考えてこんなストーリー組んだのか理解に苦しみます。「何とか助かって欲しい」という感情移入無しにどーしろというのか。
 尚、オリジナルに興味のある人はこの映画では『ポセイドン・アドベンチャー』の代用にはならないので注意。これとは別に昨秋にテレビでやってた紛らわしい奴(未見)もありますが間違えずにジーン・ハックマン主演の1972年版を観てやってください。ちなみに『ポセイドン・アドベンチャー2』の存在は無視していいです。

 あれほどの完成したパニック映画をリメイクするとなると、どんなに皆が牧師の勇姿を望んでいようと同じものを作るわけにはいかないってのは分ります。余計な話を膨らましてダラダラやるよりはストーリーを一新する方が正解とも思います。でも、オリジナル版の最大の武器「感動ドラマ」を切り捨てたのは大冒険というか無謀でした。しかもドラマに変わる大ネタが用意されたわけでもないので薄っぺらな娯楽アクションになってしまいました。
 特に酷いのがキャラクター造形です。元NY市長でもある引退消防士、潜水艦乗りだったギャンブラー、ゲイの設計士、密航娘を匿う給仕など個性もスキルもバッチリの設定ですが、それを活かす場は殆んど与えられないので意味がありません。一方で女性陣は十羽一絡げの足手纏い扱いで、大胆な胸元のドレスで泳ぐぐらいしか見せ場がありません。たかだか十人やそこらのキャラの描写が何でここまで薄くなったのか不思議です。
 更に追い討ちをかけるのが一貫性の欠片もない演出。独りで脱出するつもりだった筈の男はあっという間に決死のダイブで仲間を救うヒーローに豹変してるし、転覆直前に自殺しかけてた奴は何故か必死で生き残ろうとしてる。足に怪我した男が泳ぎに活躍とかもあります。局面毎のキャラの動きに納得いかない描写が多すぎます。
 でも一番不味いのは船長さん。この人、調査もせずに他のフロアの乗員・乗客は各個対応を決め込んで速攻で切り捨てる。船長が苦渋の表情も見せずこんな対応してたら暴動ものでしょ。一気にリアリティ失速ですよ。そして乗客の「(救助が来ても)どうやって脱出すんの?」って疑問にさらりとスルーした上、自信満々に「ガス漏れも火災も浸水も心配が無い」と言い切って乗客を黙らせます。でも馬鹿みたいにあっさり浸水しちゃって無根拠に適当なことを言う奴になっちゃいます。演出が雑にも程がありますよ。ここで船長が愚かである必要は全く無いというか、現実の酷さを強調したいのなら正しい判断だったけど誤算が生じたっていうシーンであるべきです。船長の話に全く理が無いんじゃ話しになりません。

 しかしですね、ここまで罵倒しておいてなんですが、マピールさん困った事に普通に手に汗握って楽しめちゃいました。オリジナル版と全く別のB級パニック大作としてみれば、脱出をスリリングに描く事には成功しています。オリジナルは理詰めのストーリー重視型でしたが、本作はタイムオーバーまでに速やかに条件フラグを立ててステージクリアする事に主眼を置いたアクションゲームのテイストで急き立てられ感が絶妙です。元々100分弱の映画ですが体感時間は更に短いです。行く手の困難さをテンポ良く次々と見せるのでTBSの『SASUKE』みたいな感覚で楽しむライド映画と割り切れば結構良作。寒さの描写も冬の『SASUKE』並に欲しかったですが。
 あと、転覆シーンの地獄絵図は丁寧に描かれており、ここは技術の進歩をまざまざと見せつける仕上がりです。ちょっと生存者のパニック描写があっさりめなのが残念ですが見応え充分です。天地逆転風景が目立たない辺りはオリジナルとの差別化を狙ったものと思われますね。言い換えれば豪華客船をひっくり返した意味すら殆んど無いわけですが・・・。
 終盤は、あまりにも唐突にピンチに陥るガキから始まって、このキャラ設定なら絶対にありそうになかった自己犠牲ネタを臆面なくやってのけたり、電気制御装置が水没しながらも平然と正常作動したり、最後まで大味ご都合主義目白押しで爆笑でした。

 とにかくオリジナルと似ないようにするあまり空回りしていて、むしろオリジナルの出来の良さを強調しただけになってしまった点はもの悲しいものの、『タイタニック』みたいに長々と3時間もやられるよりよっぽどマシで、無駄なくスピーディにパニック映画の醍醐味が味わえる作品です。ポセイドンさえ名乗らなければここまで酷評されなかったでしょう。でも、パニック映画ってのは嘘臭くても勇気や博愛を前面に押し出すべきで、子供時代に『ポセイドン・アドベンチャー』から色々教訓を学んだ身としては、やっぱりこの映画は間違ってると思いますけどね。

ポセイドン ポセイドン
カート・ラッセル (2006/10/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/135-390755d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。