「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢駆ける馬ドリーマー

 重度の骨折から復活しアメリカ競馬界を沸かした牝馬マライアズストームの実話にインスパイアされたとのこと。全く奇をてらわない直球ど真ん中感動モノに仕上がっておりますが脚色は派手。「ある日本の競馬漫画をモデルにした」といわれても納得しそうなくらいに。要するに、ほぼフィクションと考えても差し支えないってことです。

 劇中の牝馬はアメリカ最高峰ブリーダーズカップも狙える実力馬で、馬主の無理使いが祟りレース中に右前脚管骨を骨折。予後不良で安楽死と診断されながら治療を敢行、そして奇跡の復帰・・・日本で想起させられるのはサンエイサンキューですね。92年のオークス2着馬で同年の有馬記念で骨折した芦毛の牝馬です。常識外れのローテーションで次々と重賞に出走し、最後は騎乗すると骨が軋む音が聞こえるほど体調を崩しながらの強行出走だったという話、普通なら殺処分のところを馬主の強い要望で闘病生活に。ただし映画とは違い蹄葉炎を発症したサンエイサンキューは94年10月に天に召されます。
 安楽死処分が検討されるほどの重傷から復帰し活躍した馬もいますよ。代表的なのは96年の年度代表馬サクラローレル。95年に調教中の事故で両前脚深管骨折という大故障ながら翌年に天皇賞(春)と有馬記念を制覇。97年凱旋門賞を目指しフランスに渡ったほどの名馬です。残念ながら前哨戦のフォワ賞で右前脚屈腱不全断裂を発症、またもや安楽死されそうになりながらもしぶとく生き延び繁殖入り。現在はサクラセンチュリー等の活躍馬の父となり種牡馬としても成功しています。

 長々と日本馬の事例を挙げて何が言いたいかといいますと、これらの実際にあった凄い話に比べると映画の物語は演出不足が目立つのですよ。やたらと嘘っぽい。
 先ず、闘病生活の過酷さがあまりにも描かれてません。予後不良というのは衰弱死・ショック死へと至る可能性が高い故障と診断されたという事です。体重負担が他の脚に偏る事で蹄が壊死する蹄葉炎があり、胴を吊り上げて負担を軽くしても自重で床ずれを起こす危険があります。また苦痛から食が細くなって衰弱したり投薬の副作用で繁殖能力に悪影響が出たりするケースもあります。多大なコストに対し極めて生存率が低くリスクが大きいという事が劇中で巧く説明されて無いどころか、馬がアイス喰ってたりあっさり治癒したり凄く元気な様子ばかり。もう少し関係者が必死に世話する描写とかあってしかるべきですよ。
 完治後のシナリオも酷いです。前述したように復帰して大活躍というパターンは実際にありますが、流石に殆んどぶっつけ本番で国際G1勝利を目指す陣営は競馬を舐めてると思います。しかも牝馬限定戦じゃなく牡牝混合戦へ敢えて挑戦、出走直前に脚部不安再発、鞍上は現役に返り咲いたG1初挑戦の騎手、レース中には決定的不利・・・いくらなんでも盛り込み過ぎです。これじゃ実話を元にした意味が無いです。

 そんなこんなで競馬をに詳しいとイラッとさせられる与太話なのですが、基本的にジュニア向け映画なのでお家でお父さんが薀蓄たれながら親子で観るには良い作品だと思います。のどかなケンタッキーの風景も美しく、祖父から父、そして孫娘へと継承されていくスピリッツというベタだけど前向きな人間ドラマ。父が娘の作文を朗読するシーンとかグッときますし、馬と娘の交流シーンはどれもラブリーです。配役はダコタ・ファニング、カート・ラッセル、クリス・クリストファーソンの親子三代が完璧。やや見劣りするのは馬の演技(?)ですな。シーンごとに違う馬なのバレバレだし。
 ダコタ嬢はいつもの絶叫キャラじゃなくて、今回はハウス名作劇場のヒロインみたいな聡明で屈託の無い役でして感情表現は相変わらず半端じゃないです。ただ、生え変わりの時期の撮影で歯並びがガタガタなのは残念でした。

 ちょっと気になったのは邦題で、馬の名前がドリーマーみたいに見えること。本当の馬名はソーニャドールです。確かに意味はドリーマーという説明が劇中でありますが、原題の「ドリーマー」は主人公一家や厩舎スタッフにもかかってる言葉なのであまり良いタイトルではないと思いますよ。
 あと字幕があまり良くなくてカート・ラッセルが時々使う比喩が伝わりにくいです。吹替え推奨。

夢駆ける馬ドリーマー スペシャル・エディション 夢駆ける馬ドリーマー スペシャル・エディション
ダコタ・ファニング (2006/10/13)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/143-2a811579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。