「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

 爆走カーアクション・シリーズの新主人公にしては運転が下手な老けた高校生は暴走行為を繰り返した為に米国に居られなくなって在日米軍の父が住む日本へ。日本語が全く話せないのに普通の都立高校に編入された実年齢25歳のルーカス・ブラックが学ラン着て向かったのは、やたらと外人率(&改造車所有率)が高い高校で直ぐに黒人のダチをゲット。更に、露出度の高い日本のギャル達とドレスアップ・カーの集う夜の兜町の地下駐車場で、日本人には見えない日本の走り屋たちと運命の遭遇。早速、ドリフトキングのくせに大人気無いヤクザの甥っ子に因縁つけられて狭苦しい地下でレースに。ビバ!狭い日本。ドリフトを知らない主人公はボロ負けした挙句に借りた車を派手に壊し、弁償のため中国系の男の舎弟として日本の裏社会と関わりつつドリフトを学んでいくのであった。・・・うーん、なんだかこのままヤンマガに連載出来そうなプロットであります。
 このようにストーリーは薄っぺらく、ソニー千葉以外の日本人キャストはほぼ意味がなく、前作との繋がりも無くなってますが、本作がきっとシリーズ最高傑作。基本的にはレースシーンだけ観る映画なのですが、潜入捜査モノからホットローダー青春モノにスケールダウンしたのが功を奏し、暴走天国でなんでもレースでオトシマエがついてドリフトの優劣で男の価値が決まる妄想トーキョーで無法を働きまくるガイジン達が最高にアホらしいです。シリーズの関連性をギリギリで残したオチも良かったですね。

 けど、この手の映画にしては勘違い日本を楽しめそうで楽しみきれないのは難でした。ナチュラルな間違いはあまり無く意図的なものが多いです。この監督、日本文化を誤解してるんじゃなくて無視してアメリカ文化をそのまま持ち込んでるんですよね。出てくる奴が皆アメリカ感覚でガンガン車をぶつけて妨害するだのされちゃ興醒めってもんです。実より名をとる日本人の美意識、特に何よりもメンツが大事なジャパニーズ・ヤクザがわかってない。んで、よりによってゴスロリとかパラパラとかで日本文化を強調するもんだからアメリカン・テイストに埋没してしまいギャップとして機能しないのですよ。面白いんだけどあまりにも底が浅いんですよね。それに全体にシュール・ギャグを狙いすぎ。

 しかしながらレース・シーンは圧巻。渋谷駅前交差点ドリフト3重連とかド迫力シーンが多々あります。ロケ地こそアメリカですがもちろん実車映像。ハリウッド映画ってやっぱり凄いです。市街地ばかりかと思いきやちゃんと峠も攻めてるのがグッド。なんでドリフトの映画で主人公のメイン・マシンがランエボなんだってのはあるけど、どんな所でもとりあえず滑らせるカー・アクションは満足感が高いです。スライド感覚を見事に伝えるカメラ・ワークで、別撮りで運転シーンを演じる役者さん達の動作も本物っぽいです。惜しむらくはリアルな背景を再現していながら完全に無視されている地図上の繋がり。まあ、東京の道路に詳しくなけりゃ特に気にならない部分ですがね。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
ルーカス・ブラック (2006/12/22)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/150-90b88c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カーアクションがたくさんあります

状態レンタル落ち中古ビデオメーカーミュージアム公開・放映情報2004年81分スタッフ監修:遠藤克亮(ルート20カークラブ元三代目リーダー)監督:近藤英総キャスト出演:仁科克基ほか情報実録・暴走族」シリーズ第3弾!1970年代に甲州街道を縄張りに活動した“ルート20”の

  • 2007/07/25(水) 06:35:35 |
  • アクションをたくさん集めました

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。