「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

 3作目を観賞した結果、壮大な伏線とか一切なしの無駄に長い映画って事で確定。まあ、予想通りではありました。キャラクター映画がダメな人は2作目以降は無かった事にしちゃうのがお薦めです。でも、世間的なブーイングを他所にマピールさんはこのパート2を擁護しますよ。パート3までは面倒みきれないですが。
 本来、ディズニー・アトラクションの企画モノ映画としてキッズ達に楽しんでいただければ御の字の作品だったはずなのに想定以上の成功をもたらしたのが1作目。敵は壊滅しカップルは結ばれ海賊達が旅立って大団円を迎えた作品ですが、その人気ゆえに構想など全くない続編のオファー。しかも2本分。脚本を練る余裕も無く見切り発車で撮影と来れば、話を引き伸ばしつつ後付の設定で破綻していくのは仕方ない。だって大味の代名詞・ブラッカイマー製作ですよ。終わるべき時に終われなかった作品として少年ジャンプ的な悲哀を感じずにはいられないのです。

 確かに、150分より遙かに長い体感時間はトホホ感が漂います。何の脈絡もない謎の部族とのやりとりとか三つ巴の水車アクションで引っ張りすぎという指摘はあるでしょう。でも、このバスター・キートン的アクションが一番面白いわけですよ。ここを省くとスッキリするけどかなりつまらない話になるわけですよ。いや、「メインストーリーを面白くしろ」というのはごもっとも。でもね、設定に致命的制約があるのですよ。
 それは主人公キャプテン・ジャック・スパロウのキャラ造形。確かにジョニー・デップが演じた悪の魅力たっぷりで危うくも可愛く実はドジな三枚目は作品の肝です。しかし、その本質は話の本筋を引っ掻き回しているだけの邪道キャラなのですよ。横道に逸らし緊迫感をぶち壊すのが彼の役割。一回限りだったから許された反則技を何度も使わざるを得ない哀しさを背負いながら、さすがはジョニー・デップ。不在のシーンが明らかに間延びする程に独りで大奮闘です。
 問題はスパロウ船長が濃すぎて他のキャラが負けること。今回、終盤に物凄く好感度を下げたキーラ・ナイトレイ扮するエリザベス嬢は、実は前作でもかなり残酷なことやってるのであの行動はありなんですが、あまりにも唐突でした。男装姿はドレスより映えてて良かったんですが苦悩とかもっと感情表現が欲しかったです。正統派サブ主人公ウィル役のオーランド・ブルームは存在感が薄く、賭けや鍵の奪取といった見せ場がダメダメ。グロいだけでお間抜けな敵海賊たちも含め、観客に訴えかける演出がまるで出来てません。それに宝箱の中身の正体は最後まで隠すべきだと思いますよ。
 そして物議を醸すラスト。敢えて3作目を封印すれば『男坂』級の伝説的打ち切りだったんですが、後編作っちゃった以上は尻切れトンボでしかないです。でも、『帝国の逆襲』の時ほどのショックは無かったですよ。盛り上がりのピークで切られた訳じゃないから。

 それから、ディズニー・アトラクションにフィード・バックできるギミックが多数用意され、視覚効果に関しては文句なしでした。メイキングを観るとハリウッド・マネー恐るべしを実感できます。とにかくひたすらグリーンバック撮影で特撮者の目を楽しませてくれるマニアックな技の数々を堪能。前回の必殺海上ドリフトに続き今回は帆船潜行シーンが素敵でした。クラーケンの容赦ない殺戮振りもよろしいのですが、奴が出てくるとテンポも雰囲気も崩れるのが難ですな。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション
ジョニー・デップ (2006/12/06)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/153-4ddae141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。