「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本沈没

 いやぁ、さすがは2006映画秘宝識者&読者トホホ2冠達成作品です。つまらない恋愛映画への改悪を覚悟してたのですが、予想を遙かに超えた大物でしたね。特撮は惚れ惚れなのですが恋愛ものにもパニックものにもヒューマンドラマにもなってないです。大衆向け娯楽作品でありながら意図がサッパリ理解できない謎演出の数々に唖然。誰が『さよならジュピター』をリメイクしろと・・・。

 恐らく映画会社の偉い人が望んだのは船を国に置き換えた『タイタニック』だったのでしょう。しかし、残念ながら現時点での樋口真嗣監督は特撮と漫画的ハッタリだけの人と言わざるをえません。キャスティングから察するに監督の意思じゃないであろうラブ・ストーリー展開は荷が重すぎでした。
 ただ、問題はそれよりも「全体に逃げ腰」、これに尽きます。恋愛描写が及び腰なのは監督の資質の問題として、草剛が冒頭を除き全く被災しないのも、柴咲コウがハイパーレスキュー隊員に設定されながらそのスキルを生かす描写が殆んどないのも大人の事情。阿鼻叫喚の破壊描写を避け、被災者の悲壮を克明に描かず、死者を数字で済ますのは各方面への配慮なのでしょう。でも血生臭く理不尽な部分をオブラートで包んじゃったらディザスター映画として成り立ちませんよ。
 加えてシミュレーション要素があまりにも非現実的。日本沈没という大法螺がメインにある以上、他の部分はリアリティ重視でいかないとダメなのに政府対応も各国の動向も滅茶苦茶です。著しく想像力が乏しいし政治風刺にもなってません。挙句の果てに架空の爆弾とかもってきて世界観をぶち壊すセンスには絶句。

 脚本的には中途半端に色々持ち込んで収拾がつかないという日本の若手監督にありがちなパターンを踏襲。主役カップルの恋愛に、豊川悦司のプロジェクトX、大地真央以下官邸の皆さんの政治劇に、福田麻由子ご一行の被災者描写。ものの見事に主題が不明です。別に原作に拘りはないのでオリジナル要素どんと来いなのですが、そこは上手く絡み合わせてくれないと。福田麻由子のパートとか丸ごとカットしても成り立ちますからね。
 しかし、作り手が混迷しきっている演出の数々に比べればストーリーや台詞や演技がヘボな事など大した事じゃありません。この手の映画は科学者が言い切った理論は正しいとみなすのがルールなのでそこは許すけど、北海道が割れた後にのほほんと函館民が過ごしてたり、草君が潜る深海の途上に何故か街が沈んでたり、ディティールが無闇にアバウト。神出鬼没の草ワープとか、不自然な流れのママゴト恋愛描写とか、見捨てる一方で打開策に協力的な各国とか、変な演出は枚挙に暇がありません。
 特に納得できないのはクライマックスの演出。CMでも使われてた「奇跡は起きますッ! 起こしてみせますッ!!」 は樋口監督が絵コンテ切ってる『トップをねらえ!』の名台詞ですよ。あの燃え展開を知りながらなんであんなに女々しくなるのか。「私が死んでも代わりは・・・」の髭に加え「たかが石ころ1つ・・・」の禿の御大までカメオ出演させてるんだから、広げた風呂敷を力技で収束させる術を教わるべきです。ロマンが足りないのですよ、ロマンがっ!

日本沈没 スタンダード・エディション 日本沈没 スタンダード・エディション
草ナギ剛、柴咲コウ 他 (2007/01/19)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/158-7548396d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

柴咲コウ

福山雅治と柴咲コウが熱愛!? 主人公のオンナノコ(柴咲コウ)がやってきます。柴咲コウのアルバムに…

  • 2007/08/14(火) 04:22:20 |
  • アイドル画像を探そう

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。