「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリームガールズ

 モータウン・サウンドが好きな人にはたまらない作品です。ナンバーが抜群にグッド。逆に言えば昔のR&Bに興味のない人だとかなりキツイ内容じゃないかと。そこがクリアできれば、音楽映画に近いのでミュージカル嫌いの人のアレルギー反応は弱そうです。

 ポップ・ミュージック・シーンの偉大なる「モータウン・レコード」が大発展する60~70年代を下敷きにしたミュージカルの映画化。天才創業者ベリー・ゴーディ・Jrとダイアナ・ロスが在籍した3人組女性ボーカル・グループ「ザ・シュープリームス」の逸話をベースとしたフィクションであります。ストーリーは浅く予定調和的ですが、権利関係がいい加減で白人優位のこの時代のショービズ界バックステージものとして面白いです。

 ドラマ的には実在の偉人がモデルなのに社長さんの役回りがネガティヴなのがショックだったんですが、役者的にはビヨンセ・ノウルズが可哀想なポジション。あえて「ビヨンセ天晴れ!」と強調しておきたいですね。役柄的にはジェニファー・ハドソンの印象が強烈過ぎて主演女優として割を食ってる上に、彼女の役は「歌唱力で劣りながらルックスでメインに選ばれるシンガー」なので本職の歌手のスキルでジェニファーに勝つわけにも行かないのですよ。よくぞ、こんなオファーを受けたものです。
 儲け役のジェニファーは助演女優賞総なめも納得の新人らしからぬ存在感。加えて卑怯な体格。中盤の山場をはじめ要所を彼女の抜群の声量が占めてます。本業じゃないジェイミー・フォックスやエディ・マーフィも吹替え無しでかなり頑張ってて、エディのジェームズ・ブラウンの物真似は最高でした。ジェイミーは『Ray』のレイ・チャールズのイメージが強すぎるのが難点。

 ところで、和製シュープリームスといえば「キャンディーズ」。振り付け、衣装に加え楽曲も一部モータウン路線を狙った節があるように思うんですが、センターをスーからランに変えてブレイクって所までパクリとは恐れ入りました。目立たない3人目とかもよく似てますな。ただ、こっちの3人は非常に仲が良く、事務所の了承無しに3人だけで解散を決めて「普通の女の子に戻りたいっ!」ってやっちゃうんだけど。

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ 他 (2007/06/22)
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/161-db053eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メリーポピンズ スペシャル・エディション

つい最近まで知らなかったのですが、今現在のDVDはビスタサイズになっていますが、実際はシネマスコープサイズだったんだそうです。レーザーディスクが全盛の頃にそのサイズで発売されたようですが、いつの間にかビスタサイズにトリミングされて今に至っています。いつ...

  • 2007/10/06(土) 09:24:11 |
  • ミュージカルへの思い

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。