「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホステル

 ナンパ目的でヨーロッパを旅するスケベ三人組は「凄い積極的な美女ばかりで、外国人、特にアメリカ人はモテモテ」というスロバキアの片田舎の“ただで抱き放題の女達の街”を目指します。目的のホステルに着いた一行は相部屋のロシア系ギャルと早速お風呂で裸のお付き合い。「凄いぞ、ラピュタは本当にあったんだ!」ってな旨い話にはやっぱり裏があり、スラッシャー映画の定番としてやがて迎える真っ逆さま地獄逝きの運命。
 マピールさん、基本的にスプラッターは苦手です。『SAW』は現在はともかく最初は心理サスペンスだったから観ただけで。本作も本当は予告だけでげっそり。しかし、映画秘宝等での高評価に後押しされ頑張って観賞です。なるほど、残虐なだけの映画では終わない面白さがありますな。やっぱ、ダメージでかいけど。2作目はどうしよう。

 前半部は素人童貞風アメリカ人コンビ&アイスランド産・夜の帝王の下半身ビンビン珍道中。ドラッグとオッパイが一杯の夢の東欧幻想が描かれるわけですが、その先に訪れる残酷な展開を思うとエロスを堪能するゆとりなんかありませんでした。もっとも、ホラーにシフトするまではダラダラと長く、オアズケくらった犬状態で見えない敵に怯えていただけなのですが。観光トーンでアムステルダムの娼館やスロバキアの美しい町並みが映し出され「本当にホラー映画なのか?」と思わされますが、東欧のミステリアスな雰囲気や伏線が後々きちんと利いてきます。エッチシーンの殆んどがされるがままのマグロ男ばかりなのも後半の暗喩ですね。
 後半は人体破壊ショー。人がたくさん死にます。血まみれです。でも、ストーリーはかなり怖いのに描写が行き過ぎで笑うしかないというB級ホラーの伝統に救われました。そもそも直接描写は驚くほど少なめ。想像力が高い人には堪えるだろうけど、マピールさんはそっちの能力殆んどないから結構大丈夫でした。この作品、サディスティックな描写よりも、色々とトリッキーな演出を凝らして焦らしたりすかしたりと予想外しの妙を愉しむ変化球映画だと思います。

 この作品のヤバイところは、「よせっ!やめろっ!!」っていうポジションから「行けっ!殺れっ!!」にスムーズに入れ替わっちゃう感情移入度の高さでして、終盤のご都合主義の連発をあっさりと赦せてしまうほど。完全に脚本の勝利。
 もう一丁ヤバイのはスロバキア人が揃って悪役になってること。子供たちが特に恐ろしいです。いくらフィクションを謳ったってスロバキア方面への旅行者は確実に減ると思いますよ。特にろくに外国語も喋れない日本人ギャルは絶対近寄らない。

ホステル コレクターズ・エディション 無修正版ホステル コレクターズ・エディション 無修正版
(2007/03/16)
ジェイ・ヘルナンデス、デレク・リチャードソン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/167-5da3b2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。