「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007/カジノ・ロワイヤル

 大ヒットしたピアース・ブロスナン主演シリーズを完全スルーしたので『リビング・デイライツ』以来20年ぶりの007シリーズ観賞であります。ロジャー・ムーア以降のジェントルで派手だけど大味で弱そうなボンド像が嫌いなショーン・コネリー派としてはタフでクールでワイルドなジェームズ・ボンドに期待大・・・と思ったら、こいつヤクザですよ、ヤクザ!

 こんなチンピラのボンドは見た事がないです。最初の殺しがステゴロから洗面台で溺死のコンボ!やりすぎてMに呆れられる・八つ当たりする・女に金をせびる・自棄になる!!従来の甘く洗練された紳士のイメージは全くないです。しかも、今回は若き日のボンドといいながら設定年齢は四十歳間近。分別がないだけでやっぱりオッサンです。
 しかし、素晴らしい。荒唐無稽の度合いが下がり過ぎて007を観ているんだか何だかという気にはなりますが、マッチョでふてぶてしくて腕っ節の強いボンドを断然支持します。ダニエル・クレイグの必要以上にシリアスな雰囲気が秀逸です。先代の『カジノ・ロワイヤル』はナンセンス・コメディだったのに。
 ボンド・ガールも従来のゴージャスでグラマラスなイメージを払拭し、コケティッシュな知的美人だけどさりげなくエロいエヴァ・グリーンを起用。『ルパン』に続き、またも反社会的職業に勤しむ駆け出しがコテンパンにされる話のヒロインです。相当男運が悪いですな。とはいえ人物描写はかなりしっかりしていて刺身のツマでは終わらない扱い・・・なんだけど、そのせいで終盤がちょいと長過ぎ。男の視点だと凶悪な拷問シーンでへとへとになっちゃうんでロマンスの行方とかわりとどーでもよくなっちゃいまして。

 アクションの見せ場は一杯有りますが冒頭の追いかけっこが好きです。やってることはジャッキー映画なんですが、追いかけるボンドの方が身体能力が劣る上に顔が強面で悪のターミネーターにしか見えないので困ります。ちゅか、観る者を釘付けにする凄いスキルの逃亡者がストーリーには殆んど絡まない只の下っ端ってのはどーかと思います。
 空港でのカーアクションでは肉弾戦をたっぷり仕込み、『ホステル』ばり拷問シーンでは歴代のボンドには絶対ない見事な裸体を披露するなどリニューアル版007の特徴が前面に出ているシーンも良かったです。ただQの秘密兵器は無いしボンドカーもアイテム置き場扱いで目立たないのは残念でした。大袈裟なギミックはいらないけど超小型発信機ぐらいしかハイテクがないのはそれはそれで寂しいものです。
 それと、話の中心に位置するカジノのシークエンスはフロップ・ポーカーの一種である「テキサスホールデム」のルールがわかりにくいので予習をお薦め。しかし、資金繰りに困ってポーカーで巻き返そうって小悪党もダメダメですが、そいつを負かして追い込み&お金はちゃんと回収してねっていう英諜報機関の命令もかなりダメです。両者揃ってすってんてんという可能性は微塵も考慮されてません。まあ、一番ダメなのは生け捕りの命令をすっかり忘れてる主人公ですが。
 本作は余裕のない荒削りな新人から冷静沈着なプロフェッショナルに成長していくボンドを描いてるわけですが、長期シリーズ化の懸念事項は、この男が成熟し完成したら行き着く先は007よりも犯罪組織スペクターの幹部のが近いってことでしょう。できれば、ずっと成長しないでほしいですねぇ。

007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版)007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版)
(2007/05/23)
ダニエル・クレイグ; エヴァ・グリーン; マッツ・ミケルセン; カテリーナ・ムリーノ; ジュディ・デンチ; ジェフリー・ライト; ジャンカルロ・ジャンニーニ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/171-e4da754b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。