「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックブック

 ナチス占領下でレジスタンスに協力するユダヤ女性を描くという社会派の題材でありながら、女スパイ物のエロティック・サスペンス風味娯楽大作で、しかも数奇な運命に翻弄される女の壮絶な大河ドラマでもある間口の広い作品。ただし人の偽善をストレートに描く作風なんで『シンドラーのリスト』のようなヒューマニズムを期待すると間違いなく大火傷します。
 監督は『ショーガール』でラジー賞を総なめにするなど怪作を連発し『スターシップ・トゥルーパーズ』ではパワードスーツを登場させずハインライン信者の度肝を抜いた“シニカルでエロい惨殺野郎”ポール・ヴァーホーヴェン。相変わらずエロスもヴァイオレンスも豊富ですが、今回は揺ぎ無いオーソドックスな演出と一気に畳み掛ける流転のドラマ展開で一味違う風格を身に纏った作品を送り出して来ました。過剰な描写だらけなのにそれが驚くほどしっくりきています。いつの間にこんな王道映画を撮るようになったんだろ?

 冒頭で主人公が生き残ったことを示すのはサスペンスとしてマイナスだし、あからさまな演出で容易く真相に辿り着ける造りはミステリーとしても苦しい筈なんですが、確信犯でやってるわけでそんな事は全くハンデになってません。物凄いテンポで次々と不幸が降りかかるにもかかわらず感傷的なシーンが殆んどないなど、徹底的にクールな視線で復讐の連鎖とその徒労感を描ききり、それでも戦いは終わらないと突き放すドラマ部分が非常に強力です。注文をつけるとすれば「ブラックブック」があまりに唐突に出現する事でしょうか。
 とにかく、復讐鬼にしてはどこか醒めててスパイにしてはドジで奔放過ぎる主人公を演じるカリス・ファン・ハウテンの魅力に釘付け。物語を暗くしすぎないコミカルな演技と素敵な歌声を披露しつつ、見事な脱ぎっぷりでハードな汚れ役をこなしています。無論、繊細な心理を演じ分ける技術もあり裸以外も見応え充分。

 さて、物語をより深く理解するための歴史のおさらい。ABCD包囲陣の一員という事でオランダは連合国側で頑張っていたイメージがありますが、実は1940年に僅か5日でナチス・ドイツに本国を占領されヴィルヘルミナ女王はイギリスへ亡命してます。本作の舞台は1944~45年ですからオランダ・ナチスによる文民政権時代ですね。ドイツは敗色濃厚でフランスに続きベルギーが解放された頃です。ちなみにオランダ領東インド(インドネシア)も1942年に10日ほどの戦闘で日本に全面降伏。本編とは無関係ですが日本軍もナチスと似た立場って事は頭の片隅に置いておいても良いでしょう。あと冒頭の1956年10月はイスラエルがエジプト領内に侵攻した「スエズ危機」勃発の時期。ついでにキブツは地名ではなくイスラエルの集団農場のことです。

ブラックブックブラックブック
(2007/08/24)
カリス・ファン・ハウテン.セバスチャン・コッホ.トム・ホフマン.ミヒル・ホイスマン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/175-742675c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。