「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007日刊スポーツ映画大賞

註)これは2007年12月5日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・木村拓哉が主演男優賞、「武士の一分」が3冠(日刊スポーツ)

 報知映画賞に続く年内発表のもう一つのビッグタイトル・日刊スポーツ映画大賞が発表になりました。作品賞は此方も『それでもボクはやってない』ですが、他の部門賞が全然違う結果になってます。報知と違って概要を知ってる作品ばかり並んでました。目立つのは『武士の一分』ですが後半戦では選考対象外になる作品なので賞レースの行方は依然混沌としております。

【主要部門賞】
 作 品 賞 『それでもボクはやってない』
 監 督 賞 周防正行  『それでもボクはやってない』
 主演男優賞 木村拓哉  『武士の一分』
 主演女優賞 竹内結子  『サイドカーに犬』
 助演男優賞 笹野高史  『武士の一分』
 助演女優賞 樹木希林  『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
 海外作品賞 『硫黄島からの手紙』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/178-eeb9ed61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。