「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞

註)これは2007年12月7日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

コーエン兄弟の新作が3冠!ナショナル・ボード・オブ・レビュー発表(eiga.com)

 日本に一足遅れてアメリカも映画賞シーズンに突入。その先陣の批評家賞「ナショナル・ボード・オブ・レビュー」が発表になりました。さて、2007年度アカデミー賞レースの行方を占う・・・には過去5年連動性無しなんで無理がありますが、長い歴史と権威に恥じない名作を選考する事で定評ある賞です。結果は日本未公開の作品ばっかりでわけわかりませんが。

【主要部門賞】
 作 品 賞 『ノーカントリー』(2008年3月)
 監 督 賞 ティム・バートン  『スウィーニー・トッド』(2008年1月)
 脚 本 賞 ディアブロ・コディ   『Juno』(原題)
         ナンシー・オリヴァー  『Lars and the Real Girl』(原題)
 主演男優賞 ジョージ・クルーニー  『Michael Clayton』(原題)
 主演女優賞 ジュリー・クリスティ  『Away from Her』(原題)
 助演男優賞 ケイシー・アフレック  『ジェシー・ジェームズの暗殺』(2008年1月)
 助演女優賞 エイミー・ライアン  『Gone Baby Gone』(原題)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/179-05845c59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。