「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士の一分

 興味は「木村拓哉に演技の幅はあるのか?」という一点だったのですが、やはりキムタクにはキムタクしか演じられないという結論。しかし、山田洋次監督はそのキャラクターを徹底的に活かした当て書きで大衆娯楽時代劇に融合させる事に成功しております。そりゃ「SMAP×SMAP」的違和感はあるけども、絶妙なトボケ芸を持つ笹野高史にフォローを託し、殺陣のぎごちなさには盲人というエクスキューズを用意し、寡黙な男に設定してキムタクの最大の弱点であるライトな喋りを弱めて表情や仕草に専念させる仕事振り。
 キムタクがどうにも料理できない素材みたいに書きましたが、「食事」の演じ分けなどの難しい演技をちゃんとやっています。主役に指名されるだけの華があり、コントやCMでもみせる一瞬で人を引きつける能力は抜群。平凡な侍が譲れない「一分」に垣間見せる感情を盲目になった者の眼で表すという監督の演出に見事に応えています。俳優・木村拓哉を見直しました。まあ、一番の収穫は楚々とした顔立ちがぴたりと役にはまった檀れいという女優を知ったことですが。

 ただ、マピールさんは『男はつらいよ』シリーズとか『幸福の黄色いハンカチ』とかの大衆人情娯楽ものが苦手なんですよね。悪はきちんと悪として描いて欲しいクチなので山田洋次の作風は時代劇としては物足りなく感じました。やはり「よいではないか、よい ではないか」は自害・返り討ちから仕事料ってな展開のほうが燃えます。
 あと、たぶんキムタクのスケジュールの都合なんだろうけど、殆んどセット撮影で狭苦しいのも気になりました。山田洋次といえば郷愁さそう日本の日常風景の第一人者だというのに。

 そんなわけで『たそがれ清兵衛』と比較されたら辛いけど山田流時代ラブストーリーとしては安心感のある作品に仕上がってます。予定調和だけどホロリとするオチも良し。「いちぶん」という言葉の意味とかツブ貝の毒とか気になって調べたのでタメにもなりました。ちゅか、ツブ貝の毒はテトラミンって奴でして、実はこれの仲間を学生時代に頻繁に扱ってたんですが、工業利用の特性しか頭になくて毒だなんてまるで知らなかったという衝撃の事実。やれやれだぜ。

武士の一分武士の一分
(2007/06/01)
木村拓哉、檀れい 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/180-eb2f6bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。