「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どろろ

 手塚治虫のカルト的人気コミックを邦画としては破格の20億円を費やし実写化という謳い文句、近頃死屍累々のインチキ時代劇妖怪アクション、原作では十歳前後の「どろろ」を成人女性・柴咲コウに演じさせる大胆なキャスティングと、観賞前から「駄作」の二文字が脳裏によぎる作品です。しかし、もっとろくでもない映画を想像してましたが予想よりはかなりマトモで驚きました。
 主演・妻夫木聡&柴咲コウから予測されるターゲット層は低学年児童の母親なもんですから陳腐なラブ・ストーリーとか無理矢理な泣かせとか覚悟してたんですが、原作から大きく逸脱しない程度のアレンジで納まっていて意外。どろろの設定変更もすんなり納得できました。打ち切り同然の尻切れだった原作を補完した「父と子」の物語というアプローチも悪くありません。けど、やっぱり駄作です。それも、頭を抱えるレベルの。

 兎にも角にも製作費20億の映画のアクション・シーンが『ウルトラファイト』ってのは洒落になりません。高校の文化祭映画を想起させる貧相な造形に唖然。これを大画面のスクリーンで見せちゃう神経が凄い。CGが安っぽいとか言う次元じゃなくて布団加工品にしか見えない着ぐるみとか視聴者をなめてます。明らかに予算配分を間違っており、異形のダーク・ヒーローと妖怪たちとの見せ場は嘆息をつくばかりのクオリティに。必然性も無くクロサワ戦国合戦絵巻を撮るために敢行したニュージーランド・ロケが予算を食い潰した弊害です。
 演出も脚本も映画の流れを無視してゴチャゴチャやり過ぎという問題もあります。監督・脚本家・アクション監督のやりたいことがバラバラな上に、その折り目がクッキリとついたままなのが酷い。特に深刻なのが終盤で、父・中井貴一を強大な敵として表現してないのでクライマックスがこれっぽっちも一大事に思えません。基本となるべき葛藤が全く描かれず心情変化も全然見えないんで登場人物たちがなんでそんな行動をするのかさっぱりわからない事に。いくら「父と子」というアプローチの方向が正しくてもクラブやショットが滅茶苦茶じゃねぇ・・・。まだ続編にゴーサインが出てなかったのか、強引で中途半端な着地点でグダグダな感じに終劇なのも気になりました。

 さて、これらの駄目な点がありながらマピールさんがそこそこいけてしまった理由は、当初の最大の不安要素・柴咲コウの存在だったりします。「どろろ」役を女優にしたのはプロデューサーサイドの要請らしいですが、そこで彼女を起用した監督の功績は讃えたいですね。確かに違和感は大ですし喚き声は五月蝿いです。特に原作を知らない人はその微妙なポジショニングに戸惑う事でしょう。だがしかし、この怪しい世界に違和感無くはまるビジュアルとなんとなく楽しめてしまう突き抜けたキャラに救われる事しばしばなのですよ。本当に柴咲抜きのシーンがかなりキツイ。原作ファンの拒絶反応は理解できますが子役にはちょっと無理ですよ、この役は。
 まあ、主人公・百鬼丸の妻夫木聡もかなり頑張ってはいます。いい人が透けて見え過ぎて怒りが弱い面がありますが、ペシミストな部分を強調した事で只の男前ではない深みが出てますね。アクションには問題あるものの自ら挑戦した意気を買いましょう。ねだってみても若手のアクション俳優が育ってないのが現状なんだから。
 それよりも脇で支えるべきキャストに精彩がないのが痛いです。中井貴一、瑛太といった演技巧者がこの不思議世界では全く機能してません。土屋アンナは容姿のマッチングは最高だけど喋らせると途端に駄目になるのが惜しいです。やっぱり京本政樹とか松村雄基とかそっち方面の濃い役者が欲しかった気がします。

 しかし、これの続編を2本も作ろうってのは豪気ですな。

どろろ(通常版)どろろ(通常版)
(2007/07/13)
柴咲コウ、瑛太 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/185-2fe819f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。