「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年私的映画ベスト

註)これは2007年12月31日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

 今年の感想は洋画31作(含アジア3作)、邦画17作の計51作とほぼ週刊で更新できました。対象は06年6月~07年9月発売のDVD。粒揃い過ぎの06年公開作品をなんとか消化し終えたから去年よりちょっと距離が縮まってますが、依然として新作・準新作に追いつけてません。結局、8割がた06年公開作品を鑑賞してたわけですが、昨年暮れに選んだ2006私的ベストを覆すほどの作品は無し。ワーストは『日本沈没』がダントツでした。

 閑話休題、07年ベストの方ですが下記27作を観賞。レイトショーに行き易い環境になったため本数が増えたものの、「これ、地雷だよなぁ。」と思いつつチャレンジして予想通り玉砕というパターンがかなりを占めています。特に下半期。だからベストを選ぶのはとっても楽でした。

 第一位:ブラックブック
 第二位:ドリームガールズ
 第三位:パフューム

 今年は洋画が独占で( ゚∀゚)彡 おっぱい! おっぱい!な結果に。しかし劇場で観たのが『ドリームガールズ』だけってのが泣けます。
 実は次点の『それでもボクはやってない』までの4作品の評価に殆んど差はないのですが、三位と四位は二度見る必要が薄いローラーコースター・ムービーな点をマイナスにしました。で、完成度よりも意外性を重視して『パフューム』を上位に。脚本・映像・音楽・演技が高水準でバランスし繰り返し観たい両作品の一位争いは、原作ミュージカルの出来の良さを割り引いて『ブラックブック』に軍配。
 ちなみにワーストは素人が作ったB級好きにすらツッコミの余地を与えない実験作。特撮者として敢えて観に行っただけですが全国ロードショーでジャイアン・リサイタルを疑似体験できるとはさすがに思いませんでした。
 観てない映画を含めての2007年の印象は、ハリウッド大作の不作と邦画の安易な漫画原作・リメイクもの乱立。男の映画館文化は確実に駆逐されつつあります。来年は流れが変わることを祈って。それでは皆さん良いお年を。

(劇場観賞作品)
 それでもボクはやってない
 ルワンダの涙
 ドリームガールズ
 パラダイス・ナウ
 ロッキー・ザ・ファイナル
 バベル
 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
 ボラット
 大日本人
 ゾディアック
 アヒルと鴨のコインロッカー
 レミーのおいしいレストラン
 トランスフォーマー
 オープン・ウォーター2
 パーフェクト・ストレンジャー
 パンズ・ラビリンス
 バタフライ・エフェクト2
 ブレードランナー ファイナル・カット
 ソウ4
 アイ・アム・レジェンド

(DVD観賞作品)
 幸せのちから
 どろろ
 守護神
 墨攻
 ブラックブック
 パフューム
 300
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/186-d66b3f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

墨攻 レビュー 人は何のために戦うのか?

  人は、果たして、何のために戦うのだろうか? 「墨攻」の舞台は、紀元前370年ごろの古代中国。 墨攻 DVD ★★★★ 製作年: 2006年 製作国: 中国/日本/香港/韓国 収録時間: 173分 出演者: アンディ・ラウ アン・ソンギ ワン・チーウェン ファン?...

  • 2008/01/17(木) 15:12:18 |
  • 私のお気に入り。大好きなDVD・本・グッズ,2007年私的映画ベスト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。