「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼き狼 地果て海尽きるまで

 オール・モンゴルロケが話題のアジアで最も偉大な王チンギス・ハーンの伝記映画。原作は森村誠一の『地果て海尽きるまで』なのですが、モンゴル統一後の拡大路線やフビライ等の継承者の活躍をカットしたため大人の事情で原作ではない井上靖『蒼き狼』の方にが近いかも。
 興収13億だから曲がりなりにもヒット作な筈ですが製作費を半分も回収できず。まあ、シニア向け歴史大作にしては妙に小粒なキャストですし、集客の要である若年女性層へのアピールを放棄している事から妥当な結果ではあります。でも、最初から角川春樹の趣味で採算を度外視して作った映画にしては驚異的なスクリーン数を確保してた辺りが笑えない。無論、興行の成否と作品の出来は無関係なのですが、キャストに比べかなりまともなスタッフが揃っていながらそっち方面も芳しくないのが泣けます。

 歴史大河がダイジェスト編集に成りがちな事を酌量しても脚本にメリハリがないのが辛いです。モンゴルの女達の目線でチンギスを描こうというアプローチなので正妻ボルテが中心になるべきなんですが映画では実に出が薄いのでバランスが悪いです。原作では創業期のチンギス躍進はボルテの部族がもたらした財力・先進技術と彼女の求心力・包容力を抜きには語れないし、チンギスに「二度と部族の女を敵の戦利品にさせない」と決意させる重要なキャラなんですが。そこが効果的に描かれないのは演じた菊川怜のせいというより脚本家の責任でしょう。彼女の起用自体も謎ではありますが。
 その弊害はチンギスにも及びます。女達に学んで覇業に邁進していく展開なのに母も妻も立派に見えないので彼も器の小さなダメ人間みたいでまるで魅力がありません。どうしてこんな男の元に人が集まるのか不思議でした。加えて戦場での活躍が殆んど無く、家臣は空気同然、理由も無く形勢逆転するなど武勇を示すドラマが弱いのも問題ですね。盟友ジャムカとの友情と確執にもっと焦点を当てるべきで、中途半端に息子や愛妾の話を混ぜたのは失敗だと思いました。戦闘シーンに変化が無くインターミッションの役割しか果たしてないのも苦笑。

 主人公・反町隆史は良い時は意外なほどハマってますが目を覆うほど酷い演技も混在し、津川雅彦・松方弘樹といった重鎮は顔見せ程度で助けにならず、若村麻由美が一人だけ頑張ってるという悲惨な状況。ほぼ全員がオーバーアクションな大根芝居になってる演出の意図が理解しかねるのですが、菊川怜の演技レベルに合わせる必要でもあったのでしょうか?いや、菊川さんは出番が少ないので決して足は引っ張ってないのですが・・・。
 それと、モンゴル人の映画なのに日本語をしゃべる事の違和感を批判するのは筋違いで、『敦煌』や『西遊記』、世界でも『トロイ』や『頭文字D』などで普通に行われてる事ですよね。それよりも若村さんだけ年をとって反町・菊川が若いまま(なのに創業期だけ子役起用)ってことの方がよっぽど気になりましたよ。

 苦言ばかり並べましたがモンゴルロケをやっただけの画はしっかり撮られてるんで、薄いドラマよりも壮大な草原と遊牧民の生活を愉しむのが吉です。男優たちがかなり頑張っていて様になっている騎馬のシーンも見所。なんやかや言っても往年の角川映画大作と同じで肩肘張らずに観てられる安定感があるのも売りです。あと、どうやって広大な版図を得たとかそれをどう統治したとかが曖昧になっているので、歴史好きの好奇心をくすぐって原作を手にとらせる可能性もあり、メディアミックス角川商法的には美味い造りなのかも。

蒼き狼 地果て海尽きるまで 通常版蒼き狼 地果て海尽きるまで 通常版
(2007/08/08)
反町隆史.菊川怜.若林麻由美.袴田吉彦.松山ケンイチ.Ara

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/199-594b965d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【伝記映画】についての検索結果をリンク集にして…

伝記映画 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…

  • 2008/01/28(月) 08:49:06 |
  • あらかじめサーチ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。