「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007映画興行収入ベスト

註)これは2008年02月1日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・興行収入上位作品(日本映画製作者連盟)

 興収前年比が邦画87.7%に対し洋画109.3%と「邦高洋低」は1年止まり。興収50億円突破作品で前年と比べると邦画が6→2本、洋画が5→4本となり全体に下り坂なのであります。まあ、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』と『恋空』は集計期間の切れ目にのってるんで実際にはもっと稼いでるはずですが。しかし、ファミリー・アニメは良いとして、シリーズ物とTVドラマ由来の作品ばかりがヒットしている状況は問題ですな。
 でも邦画はジブリ抜きでよく頑張ったという気もします。殆んどキムタクのおかげですが。むしろ深刻なのは洋画の不作で、今年も興収10億程度の佳作が少なく話題作ばかりに客が入ってる状況です。嗚呼、格差社会。ハリーポッターが完結間近と考えると先行き不安です。後をハリウッド実写版『ドラゴンボール』に託してよいのでしょうか?いいような気もします(どーでも)。

【邦画興収ベストテン】
  1位 『HERO』
  2位 『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』
  3位 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
  4位 『西遊記』
  5位 『武士の一分』(06/12月)
  6位 『恋空』
  7位 『ドラえもん のび太の新魔界大冒険』
  8位 『どろろ』
  9位 『アンフェア the movie』
 10位 『名探偵コナン 紺碧の棺』
 次点 『クローズZERO』

【洋画興収ベストテン】
  1位 『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』
  2位 『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』
  3位 『スパイダーマン3』
  4位 『硫黄島からの手紙』(06/12月)
  5位 『トランスフォーマー』
  6位 『ダイハード4.0』
  7位 『レミーのおいしいレストラン』
  8位 『ナイトミュージアム』
  9位 『オーシャンズ13』
 10位 『バイオハザードⅢ』
 次点 『幸せのちから』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/200-d91f9145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。