「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善き人のためのソナタ

 最初から最後まで抑えた調子で語られるヒューマン・ドラマ。生粋の主義者が人間性に目覚めて云々のよくある話なんですが、社会主義国の冷徹で息詰まるような空気が見事に表現されており、それでいて結構クスクスと笑える描写が多いので程好く緊張感がほぐれるのがありがたかったです。終わり方もキレイで所謂映画通の人たちに異様なほど好評なのも納得です。

 舞台は東西冷戦末期、まだベルリンの壁が健在な1984年の東ドイツ。コカ・コーラとカール・ルイスの商業五輪の年です。アメリカ以上のメダル大国だった東独のボイコットを残念がりながら、超大国ソ連のパートナーとして知られ相応の発展を遂げていると信じていたあの頃。壁越えの話とかで殺伐としたイメージはあったものの、ゲルマン魂と律儀で勤勉な国民性の賜物で「社会主義の優等生」という枕詞で語られてた東ドイツ。ところが、その実態は諜報機関・秘密警察である国家保安省の作り上げた非人道的な相互監視国家だったのです。
 主人公は、この国家保安省の凄腕のプロフェッショナルである「大尉」。彼は下衆な大臣の命令で反体制的な劇作家のアパートを盗聴する無感情な介入者なのですが、やがて善意の介入者に変貌を遂げ劇作家の知らないところでこっそりと彼を守り続けることになります。この国家の機械から静かな支援者への変貌をわずかな人間臭さの増減で巧みに表現したウルリッヒ・ミューエの演技が凄かったです。ミューエ自身も監視下に置かれていた経験があるというから説得力も抜群。
 残念ながらウルリッヒ・ミューエは昨年7月に胃癌で急逝してしまいました。享年54歳。哀愁漂うこの人の姿をもっと観たかったです。

 完成度の高い作品ですが、主人公の変心のきっかけを捉えにくいのがちょっとだけ不満。ここをセリフでくどくど説明しちゃ台無しなのは解りますが、早い段階でスピーディーにシフトするので一時的に大尉の立ち位置を見失ってしまいました。
 それと、舞台女優の悲劇やサスペンス要素をもう少し煮詰めてくれたらという思いはあります。特にドイツ統一後の機密文書開示で国民の10人に1人以上が密告者と判った経緯を考えると、もっとドロドロした要素があっても良かったのでは。あのキレイすぎる結末には居心地の悪さと物足りなさを感じるのです。

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション善き人のためのソナタ スタンダード・エディション
(2007/08/03)
ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/201-0af4ad02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。