「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナル・トレジャー

 序盤、秘宝の手がかりが合衆国独立宣言書にあることを突き止めたニコラス・ケイジだが。「独立宣言書を盗むなんて許せない。」と仲間と意見が別れ、殺されかけるニコラス。何とか危機を逃れニコラスは決意する。「守るには盗むしかない。僕が盗もう。」・・・人、それを本末転倒と云う。

 フリー・メイソンが隠したテンプル騎士団の財宝を追い続ける現代アメリカのトレジャー・ハンターのお話。この胡散臭い設定とか1ドル札のピラミッドの目とか「ムー」の愛読者垂涎ですな。ディズニー映画だからファミリー向けだし、ブラッカイマー製作特有のご都合主義も多々みられますが、普通に面白かったです。インディ・ジョーンズは冒険中心ですがコチラは謎解きが主、お約束のお宝争奪戦もあり、さながら実写版ルパン三世。

 ニコラス扮する冒険家はとてもそうは見えないが非常に頭が良く、全編に渡りサクサクと謎を解いていきます。瞬速で解答が(時には何の根拠もなく)閃いたりするんで、一緒に謎解きするのは諦め、そのテンポの良さを楽しみましょう。どーせ暗号の解読は殆んどMMRのキバヤシ断言レベルでワケが解りませんし。この辺り英語力とメリケンの歴史知識があればまた違うのかもしれませんが。
 ご多分に漏れずツッコミ入れたらキリが無いんですが、貴重な歴史文書を素手で触るのは流石にどうかと思うよ。ろくに調査もせず地下で火を使うのもね。あと気になったのはウォール街の由来。「オランダ入植地へのイギリス軍の侵入を阻止するため」って言ってたけど、これ「ネイティヴ・アメリカンの侵入を防ぐため」なのでは?

ナショナル・トレジャー 特別版 ナショナル・トレジャー 特別版
ニコラス・ケイジ (2005/08/24)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/21-a2837d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。