「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松ヶ根乱射事件

 バイオレンス映画風のタイトルですが、中身はブラックなコメディです。寂れた田舎町の淡々と流れる日常の中に潜む、それぞれの秘密、それぞれの葛藤。揃いも揃って個性的なろくでなしでありながら、しかしどこにでも居そうな登場人物たちによる、だらしなく、みっともなく、情けなく、毒だらけのゆるーい狂騒劇。これをローテンションできっちりと滑稽に描き出した手腕が見事でした。

 マピールさんがATG映画の為に二番館通いしてた頃によく観た昭和のマイナーコメディを想起させる作品ですが、それでいて物凄く新しいセンスと完成度を感じさせる作品でもあります。何れにせよ万人にはお薦めできません。完全に特定の波長の人向けです。
 とにかく田舎の閉塞感と人間関係のぎごちなさがやたらリアルなのです。事故や女性問題といった平和な暮らしのちょっとした波紋から、救いようもないけど踏み止まらざるを得ない最悪の日々へ。薄っすらと笑ったあとでジワジワと苦い後味が積み重なって溜息に到る、そんな感じの妙な暗さのある映画です。この珍奇な人物達に自分を重ねず笑い飛ばせる人じゃないとダメージ大ですが、この映画を好んで観るような奇特な人は共感バッチリの駄目人間な気がします。

 主役の警官(新井浩文)とその双子の兄(山中崇)の狂気とか三浦友和のダメオヤジぶりとか特筆に価する演技は多々ありますが、それよりも元アイドル・川越美和。オウムの女性信者みたいな壊れたキャラが良かったです。雪原に倒れたまま男児に乳と股間を弄られ、折角披露した大胆ヌードは全く色気の無い脱ぎ損ともいえるシーンで、下着姿の濡れ場じゃ喘ぎ声で笑わせたりと、頑張りようが痛々しいです。その他、シモの話題が多目でタイトルの乱射もそっちの意味かと思わせた本作では男優・女優・幼女も含めて脱ぎまくり。殆んどエロくはないですが。

松ヶ根乱射事件松ヶ根乱射事件
(2007/08/22)
新井浩文、山中崇 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/210-0d97a502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。