「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007文春きいちご賞 ワースト&ベストテン

註)これは2008年02月27日にアップされた記事ですが、整理の都合で日付を変更してます。

・第4回文春きいちご賞 2007年映画ワースト10

 アメリカの「ラジー賞」にならい創設とうたうけど、受賞セレモニーはないし、スタッフ・キャストへの取材の形跡もないし、選者の映画のプロ(今年は37人)は匿名という、本家とは似ても似つかないお手軽な雑誌記事「文春きいちご賞」。今年はベストテンも発表してます。予定調和なワーストよりもベストがいい感じに偏ってて素敵です。

 きいちご賞は桁違いのスケールでこけた『蒼き狼』が受賞。無難なとこを選んだ感ありありです。2位と3位は映画の出来も難があるんでしょうが、それ以前に原作自体がまともな大人が読むに値するか怪しい作品なので、文春的には絶対認めちゃいけないと思います。もっとも映画界はカンヌやヴェネツィアで受賞した監督の作品、文学界は直木賞・芥川賞・乱歩賞作家から中国四大奇書、果ては漫画の神様まで揃って轟沈なのですが。
。ちゅか、国際レベルで恥を晒し映画ファンから憎まれてる気配の『大日本人』と『ミッドナイト イーグル』が圏外って・・・。

【ワーストテン】
  1位 『蒼き狼 地果て海尽きるまで』
  2位 『恋空』
  3位 『ラストラブ』
  4位 『愛の流刑地』
  5位 『監督・ばんざい!』
  6位 『どろろ』
  7位 『西遊記』
  8位 『俺は、君のためにこそ死ににいく』
  8位 『HERO』
 10位 『インランド・エンパイア』
 10位 『殯の森』

【ベストテン】
  1位 『パンズ・ラビリンス』
  2位 『ボーン・アルティメイタム』
  3位 『デス・プルーフ in グラインドハウス』
  4位 『ブラッド・ダイヤモンド』
  5位 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 』
  6位 『ヘアスプレー』
  7位 『once ダブリンの街角で』
  8位 『キサラギ』
  9位 『天然コケッコー』
 10位 『河童のクゥと夏休み』
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/213-bbe4296d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「文春きいちご賞」についてのクチコミブログをピックアップ

文春きいちご賞 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介…

  • 2008/03/20(木) 09:20:22 |
  • クチコミブログをピックアップ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。