「Wring that Neck」

DVDで観た映画の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今宵、フィッツジェラルド劇場で

 冒頭のハードボイルドな空気を漂わせる胡散臭い保安係を見て直感的に『THE 有頂天ホテル』のホテル探偵を連想したんですが、話が進んだらむしろ『ラヂオの時間』と被る要素が多く驚きました。大人数キャストのアンサンブル・スタイルなのも三谷幸喜監督の作風と似てます。しかし、三谷のようにドタバタ喜劇を最後に一気に収斂させて行くわけでなく、最後まで淡々としたまったりコメディが静かに展開されるのでした。

 題材は、30数年の歴史に幕を下ろすことになっているミネソタの公開ラジオショウ。その最後の生放送を、普段通りのステージとして出演者たちが手際よくこなしていく様が描かれます。名調子の司会者によるローカルCMで繋ぐカントリー・ミュージックの平々凡々なショウ。交錯していくのは舞台裏でのそれぞれの思いと「死」と「人生」というキーワード。スパイスにはトラブル処理に奔走する探偵もどきと謎の女。

 でもストーリーは無いに等しいので、劇中のショウ自体を楽しめないとかなり苦しいかも。古き良きアメリカを彷彿させる、しかしカビの生えた様な形式の地味なステージですし、出演者は年寄りばかりで奏でる曲はカントリー。メリル・ストリープはじめ皆さん見事な歌唱力なのですが、『笑点』がヤングからそっぽ向かれるように、このショウも万人受けとはいかない種類のものです。いや、ティーンズ・アイドルのリンジー・ローハンをわざわざ起用してるんだから若い客もターゲットなのかもしれませんが。でも彼女の見せ場はちょっとしかなくて残念。それに、オリジナルの「Frankie & Johnny」の歌詞を知らないのも難点。

 個人的にはショウの内容に抵抗は無かったんですが、語学力の壁がいかんともしがたく。下ネタとかどのぐらい際どいのかよくわからないんでどうしても反応が寒くなってしまいました。楽屋での与太話も意味深な感じは伝わるんですが細かいニュアンスがピンと来ない。効果マンのユニークなアドリブとか動きによる笑いはちゃんとわかるのですが。まあ、雰囲気だけで持っていけるパワーがあるので、心地よく少しだけシニカルな味わいを堪能できました。

 これ日本版を作りませんかねぇ。『8時だョ!全員集合』世代としてはバッド・ジョークの二人は当然カト・けんで姉妹は小柳ルミ子と由紀さおり、歌える司会者は布施明でビッグ・ゲストが沢田研二なんてどうだろうかと、妄想が尽きません。(* ´∀`)ポワワ 。

今宵、フィッツジェラルド劇場で今宵、フィッツジェラルド劇場で
(2007/07/27)
ロバート・アルトマン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mappil.blog65.fc2.com/tb.php/214-66de908f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

mini review 07246「今宵、フィッツジェラルド劇場で」★★★★★★★★☆☆

『ショート・カッツ』などの巨匠、ロバート・アルトマン監督の遺作となった極上の音楽コメディ。30年あまり続いた音楽バラエティショーが放送を終了する最後の夜の様子を、流れるようなカメラワークでみせる。実際、長年ラジオ番組の司会を務めてきたギャリソン・キーラー...

  • 2008/04/16(水) 18:20:22 |
  • サーカスな日々

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。